トヨタ ハリアーハイブリッドの値引き・下取り相場や交渉point!

ハリアーハイブリッド(HARRIER HYBRID )は、トヨタ自動車がかつて販売していた高級クロスオーバーSUVハリアーの2代目モデルに設定されていたハイブリッド仕様です。

そんなトヨタハリアーハイブリッドですが、ハリアーハイブリッドを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またハリアーハイブリッドのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

carlineup_noah_gallery_2_11_lb

出典:http://toyota.jp

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタハリアーハイブリッドの値引き相場

ハリアーハイブリッドの限界値引き額は35万円です。

値引き相場は5万円から35万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

トヨタハリアーハイブリッドのスペック

carlineup_harrier_gallery_03_lb

出典:http://toyota.jp

ハリアーハイブリッドの価格帯

3,710,000円~4,690,000円(税込)

トヨタハリアーハイブリッドのグレード

carlineup_harrier_gallery_02_lb

出典:http://toyota.jp

ハリアーハイブリッドは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 プレミアムスタイルアッシュ  DAA-AVU65W 2493cc CVT フルタイム4WD 21.4km/l
 プレミアムアドバンスドパッケージスタイルアッシュ  DAA-AVU65W 2493cc CVT フルタイム4WD 21.4km/l
 グランド  DAA-AVU65W 2493cc CVT フルタイム4WD 21.8km/l
 エレガンス DAA-AVU65W 2493cc CVT フルタイム4WD 21.8km/l
プレミアム  DAA-AVU65W 2493cc CVT フルタイム4WD 21.8km/l

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

各種スペックには多くの違いはありませんが、多少燃費が違いますので注意が必要です。

トヨタハリアーハイブリッドの特徴(スペック)

carlineup_harrier_gallery_2_05_lb

出典:http://toyota.jp

走行性能

パワートレーンの進化で成した、自在な加速感とフラットな乗り味です。

CVT車でありながら、シフトをMポジションに入れることで、マニュアル感覚の素早いシフトチェンジが可能です。

ドライバーの積極的な変速操作に応え、アクティブな走りが楽しめます。※ガソリン車専用装備

低燃費とスムーズな走りをサポートします。

ドライバーの運転状況から最適な制御を選択するCVT。通常走行では、スムーズさと低燃費を実現。加速時には、力強くリニアな加速フィーリングを。減速時は、ダイレクトなエンジンブレーキ力による減速感と燃費を向上させます。

スポーティな走りを演出するステップ変速制御します。

パワーモード選択時にアクセルを踏み込むと、車速の伸びに合わせてエンジン回転数が上昇、シフトアップ感を強調した力強い加速を演出します。

アクセルOFF時には、エンジンの回転数を高い状態に維持し再加速に備えます。

コーナリングをより滑らかにするG AI-SHIFT制御します。

ブレーキング時、制動力に応じてシフトダウンし適度なエンジンブレーキ力を発生させます。

旋回時は、横Gを検知し変速比を維持することでアクセルコントロール性を向上させます。

空力性能で、走りや燃費に貢献します。

エクステリアからフロア下まで、空気を整流するパーツとボディ形状を採用し、優れた空力性能を実現。走行性能や燃費の向上に貢献しています。

天候に左右されない、晴れの日も雪の日も、走りを安定させます。

ダイナミックトルクコントロール4WDで前輪駆動状態と4輪駆動状態を自動的に電子制御します。

通常の走行時には前輪駆動状態で燃費効率のよい走りを実現し、発進時や滑りやすい路面を走行時には、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分します。

旋回時には、ステアリング操舵量からドライバーが思い描くターゲットラインを算出し、車両挙動に応じてきめ細かく後輪にトルクを配分します。

また、ターゲットラインに対し車両がコーナー外側へ膨らむ場合には、旋回内輪へのブレーキ制御とダイナミックトルクコントロール4WDを協調制御することにより、より安定した旋回を可能にします。

これらの制御により雪道だけでなくドライ路面での安定した走行を可能にしました。

さらにマルチインフォメーションディスプレイで、走行中における4WD作動状態の変化を確認できます。※ガソリン4WD車に標準装備

ハイブリッドシステム

走りの歓びと、新時代の環境性能が、縦横に巡るハイブリッドSUVです。

2.5L 2AR-FXEエンジンで優れた燃費・環境性能です。

アトキンソンサイクル、クールドEGR(排出ガス再循環)システムなどの採用により高い熱効率を実現しています。

VVT-iなどの採用により豊かなトルクを全域で獲得しています。

街中での機敏な走り、高速道路での滑らかな加速を体感できます。

とてもスムーズな走りです。

静粛性もあり、振動を抑制するバランスシャフトの採用、シリンダーブロックの高剛性化などにより振動や騒音を低減しています。

予防安全

「人」に近いテクノロジーだからこそ、革新はとまりません。

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。

万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速します。

また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。

先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

車線逸脱による事故を未然に防ぐために、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付です)

道路上の白線(黄線)をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示により注意を喚起します。

同時に電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱回避をしやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

衝突安全

「万が一」は起こりうります。

だからこそ「万全」に備えます。

万一の衝突時に前方からの強い衝撃に対して作動します。

シートベルトの働きと合わせて、頭や胸への傷害を軽減します。

むち打ち傷害軽減フロントシートで、むち打ち傷害を低減に寄与します。

シート骨格の剛性向上、シート形状・特性などの最適化により、後面衝突事故時に背中をシートに深く沈み込ませることによって頭と背中を同時に支え、頸部への衝撃を緩和します。

むち打ち傷害軽減を図っています。

歩行者傷害軽減ボディで、歩行者の安全にも配慮しています。

万一の対人事故の場合、衝突部位の大半がボディ前面を占めることから、エンジンフード、フェンダー、カウル部などに、歩行者の頭部などへの衝撃緩和に配慮した衝撃吸収構造を採用しています。

トヨタハリアーハイブリッドの特徴(内装)

トヨタのクロスオーバーSUVであるハリアーは元々は、レクサスの1つのグレードでした。

それが2代目でハイブリッド車とガソリン車に別れ、2013年11月13日に日本国内専売車種として3代目にモデルチェンジしたのがハリアーハイブリッドです。

高級感のあるどの方向から見てもかっこいいデザインで、申し分のない快適な仕様だと言われています。

そんなハリアーハイブリッドは、室内証明イルミネーションが洗練されています。

そんな内装がすごいハリアーハイブリッドは、空間の隅々で、「自由であること」を大いに満たしていきます。

ライバル車(ヴィゼルハイブリッド)とインテリアを比較

<ハリアーハイブリッド>

carlineup_harrier_gallery_2_05_lb

出典:http://toyota.jp

こちらは、エクステリアと同じインテリアでシートがカラーで選べます

シンプルでありながら、豊かさが細部にまで行き渡るインテリアです

明るく開放的なドライビングをするために、快適な空間を提供してくれます。

クッションのパッド表面にソフト材を採用しフィット感を追求していて、さらにホールド性も向上するため、運転席はシートバックを高くするとともにサイドサポート部の張り出しを強め、後席はクッション座面の角度を立ててあります。

dop_top_03_pc

出典:http://toyota.jp

インパネやドアトリムなどに専用内装色の「スティールモーヴ」が採用されていて、随所にダークバイオレットのステッチが施され、ダークバイオレットのシートベルト、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ファシネイトブラック(ピアノブラックをベースにした青紫色基調の淡いオーロラ模様)加飾のシフトパネル、アルカンターラのシート表皮(メイン材)を採用することで、定評あるインテリアの質感をより高めています。

<ヴィゼルハイブリッド>

こちらは、インパネに肌触りもとっても良いウルトラ スエードを採用しています。

シートにスエードっぽい素材をすることは時々ありますが、インパネ全体にこのように使用するのは、ちょっと珍しいです。

このウルトラスエードをふんだんに使っているだけあって、スタイリッシュだけども暖かみのあるやわらかい印象です。

pic_interior_design_slide01

出典:http://www.honda.co.jp

こちらもハイアーハイブリッドと同じく、シートがカラーで選べます

ワイドなコンソールで仕切ることで、運転席と助手席それぞれを独立した空間になります。

またリアシートには、フォルムからは想像できないほどのゆとりを確保し、ドライバーだけではなく、同乗する家族やゲストもくつろげる空間があります。

ロングドライブを快適に楽しめるように、静粛性も徹底追求しています。

pic_cabin

出典:http://www.honda.co.jp

日常でも、レジャーでも、思いつくままに使えるようにと、スマートなフォルムの中に、大きくて使いやすい荷室があります。

荷室のサイドまで、仕立ての良さにこだわっています。

サイズ感と仕様

carlineup_harrier_interior_indoor_space_09_pc

出典:http://toyota.jp

ハリアーハイブリッドは、広くフラットなラゲージスペースには、ゴルフバッグ4個を収納可能なスペースがあります。
また、パンク修理キットの採用によりデッキボード下にもスペースを確保し、使い勝手がいい深さのある収納を実現しています。

また、ヴィゼルハイブリッドはフォルムからは想像もつかないほどの大きな荷室があり9.5インチのゴルフバッグも積み込みやすい、ワイドな開口幅です。

開口部の地上高もクラストップレベルの低さを実現しています。

重いものを、高く持ち上げなくてすむので積み込みも容易です。

通常は後席下にある燃料タンクを前席下に移動させることで、空間効率を飛躍的に向上させるHondaの特許技術「センタータンクレイアウト」を採用しており、見た目からは想像もつかないほどの広さと、多彩な シートアレンジを可能にしています。

機能充実トヨタハリアーハイブリッド

荷物を置く大きさがヴィゼルより少なく多少劣るハリアーハイブリッドですが、注目したいのが先進安心車の安全機能です。

carlineup_harrier_interior_indoor_space_09_pc

出典:http://toyota.jp

進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。

万が一、先行車と衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では最大60km/h程度減速します。

また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動。先行車20km/h、自車50km/hの場合では最大30km/h程度減速し、衝突の回避あるいは衝突被害の軽減を支援します。

デザイン性も、安全性もとっても好評のトヨタハリアーハイブリッドでした。

安全性も考慮しながら、慎重に購入を検討してください。

ライバル車種との比較

トヨタハリアーハイブリッドのライバル車種はやはりホンダヴェゼルハイブリッドとなります。

ホンダヴェゼルハイブリッドの主要な仕様をまとめました。

 トヨタハリアーハイブリッド  ホンダヴェゼルハイブリッド
車両価格  3,710,000円~4,690,000円(税込)  2,270,000円~2,880,000円(税込)
燃費  21.4~21.8  19.8~27.0
値引き予想額  5~35万  5~25万
発売年月日  2012年11月13日  2016年7月5日

 

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタ ハリアーハイブリッドの値引きの交渉術

トヨタ ハリアーハイブリッドを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ