トヨタ アクアX-URBANの値引き!燃費やグレード、価格情報まとめ

アクア(AQUA)は、トヨタ自動車が2011年より製造・販売を開始している量産の小型ハイブリッド乗用車です。

トヨタ アクア X-URBANですが、トヨタアクアを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またアクアのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

carlineup_aqua_gallery_3_05_lb

出典:http://toyota.jp

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタアクアの値引き相場

アクアの限界値引き額は30万円です。

値引き相場は5万円から30万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

トヨタアクアのスペック

carlineup_aqua_gallery_03_lb

出典:http://toyota.jp

トヨタアクアの価格帯

1,760,000円~2,430,000円(税込)

トヨタアクアのグレード

carlineup_aqua_gallery_3_04_lb

出典:http://toyota.jp

トヨタアクア X-URBANは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 Sスタイルブラック  DAA-NHP10 1496cc CVT FF 37.0km/l
 L  DAA-NHP10 1496cc CVT FF 37.0km/l
 S  DAA-NHP10 1496cc CVT FF 37.0km/l
 G  DAA-NHP10 1496cc CVT FF 37.0km/l
 X-アーバン  DAA-NHP10 1496cc CVT FF 33.8km/l

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

各種スペックには多くの違いはありませんが、一部燃費が違いますので注意が必要です。

トヨタアクアの特徴(スペック)

carlineup_aqua_gallery_3_04_lb

出典:http://toyota.jp

ハイブリッドシステム

低燃費と走りやすさに大きく貢献しています。

1.5L小型ハイブリッドシステムでモーターとエンジンの長所を最大限活かしながら、低燃費と優れた走りを両立する※THSⅡで小型化することで、低燃費や走行性能に加え、室内の広さにまで貢献しています。

※THSⅡ:Toyota Hybrid System Ⅱ.

エンジンとモーターにより、システムとして発揮できる出力で社内算定値です。

1.5Lエンジン(1NZ-FXE)で燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンとクールドEGR(排出ガス再循環)システムの採用で、高いエンジン効率を実現。低燃費とハイパワーを両立しています。

昇圧コンバーター付パワーコントロールユニットでバッテリーの直流電流とモーター発電用の交流電流を最適に制御するユニットです。

インバーター、コンバーターともに小型・軽量化を実現しています。

ラジエーターは、エンジン&インバーター一体型ラジエーターを採用しています。

小型・軽量化に貢献します。

ハイブリッドトランスアクスルは、駆動用・発電用モーターと動力分割機構などで構成されたトランスアクスルです。

ギヤトレーンを最適設計することで、小型・軽量化を達成。動力の伝達ロス低減も実現しています。

ハイブリッドバッテリーは、駆動用モーターに最適な電力を供給するコンパクトタイプのバッテリーです。

リヤシート下に配置することで、ラゲージスペースにゆとりが生まれました。

ECB(電子制御ブレーキシステム)は、油圧ブレーキと回生ブレーキの制動力分担を最適制御するECBにより、運動エネルギーの回収量(充電量)を最大化できます。

走りを選べる2つのモードスイッチがあります。

エコドライブモード…燃費優先の制御を実施します。

アクセル操作に対する駆動力とエアコンの消費電力などを省エネ化し、エコ運転をサポートします。

EVドライブモードとは、モーターのみで静かに走行します。

深夜などエンジン音が気になるときやガレージからの出し入れで排出ガスを抑えたいときなどに便利です。

※ハイブリッドシステムの状態によっては使用できない場合があります。

また、走行距離は、ハイブリッドバッテリーの状況によって異なります。詳しくは販売店におたずねください。

走行性能

クルマを操るよろこびとともに、すがすがしいドライブができます。

車体の重心を低く下げ、エンジンなどの重量物をできるだけ車体の中央に寄せることで、高度な操縦安定性を実現しました。

路面に吸い着くような安定感のある走りを楽しめます。

前・後輪間のロングホイールベース化も、高速走行時などでの安定した走りに貢献しています。

低い重心高とドライビングポジションで、車両の低重心化に加え、ドライビングポジションも低く設定しています

ハイブリッドユニット・エンジンの低配置化で、小型化したハイブリッドユニット・エンジンを低い位置へ搭載しています。

ハイブリッドバッテリー搭載位置の最適化は、ホイールベースの内側(低く・センター)に小型化したバッテリー類を搭載しています。

前・後輪間のロングホイールベース化は、とくに高速走行時に、安定感のある走りと快適な乗り心地を両立します。

ボディ剛性アップは、ボディのねじり剛性を高め、コーナーなどでの安定性や乗り心地を向上します。

安全装備

さまざまなシーンを想定し、乗る人も、周囲の安全にもしっかりと配慮します。

後方からの衝突に備えて、むち打ち傷害軽減フロントシートで後方から衝突された際に、ヘッドレストとシート全体で同時に乗員を受けとめ、追突事故によるむち打ち傷害を軽減します。

さまざまな衝突ケースを想定し、全方位コンパティビリティです。

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディを進化させ、重量・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティの概念を採り入れています。

そのほかにも、歩行者の安全にも配慮し、歩行者傷害軽減ボディで万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を採用しています。

運転のしやすさ

見やすくきれいなメーターで、楽しみながらエコ運転ができます。

分かりやすく使いやすい、運転に役立つさまざまな情報を集約し、分かりやすく表示します。

表示の切り替えも簡単にできて、インジケーターを目安に、楽しみながら運転できます。

楽しみながらエコ運転をマスターできます。

そのほかにも、指が触れた場所を瞬時に表示してくれるタッチトレーサーディスプレイ機能や、小回りラクラクな優れた取り回しで小回りが利くので、狭い路地でのすれ違いやパーキングでも安心して運転できます。

トヨタアクアの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

carlineup_aqua_gallery_3_04_lb

出典:http://toyota.jp

ライバル車種との比較

トヨタアクアのライバル車種はやはりマツダデミオとなります。

マツダデミオの主要な仕様を比較しました。

 トヨタアクア  マツダデミオ
車両価格  1,760,000円~2,430,000円(税込)  1,350,000円~2,240,000円(税込)
燃費  33.8~37.0  20.6~22.8
値引き予想額  5~30万  5~15万
発売年月日  2011年12月26日 2015年12月24日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタ アクアの値引きの交渉術

トヨタ アクアを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ