ポルシェ マカンGTS は故障しにくい?外車の維持費はやはり気になる

ポルシェ マカンGTS は故障しにくい?外車の維持費はやはり気になる

出典:http://www.porsche.com/

最近はSUVというカテゴリーの車が大人気です。

その人気にあやかってポルシェのSUVの販売台数も好調です。

昨年の販売台数はポルシェ マカンよりも大型のSUVポルシェ ケイマンが7万台弱、

ポルシェ マカンは8万台強と、ポルシェ全体の販売台数約22万台の半分以上がSUVを占めています。

そのSUVの中でもポルシェ マカンが1番売れています。

そんな人気のポルシェ マカンの中でも人気なのがポルシェ マカンGTSです。

ポルシェ マカンSとポルシェ マカンターボのいいとこ取りをしているからでしょう。

価格も決して安くはないですが、ポルシェ ケイマンやポルシェ マカンターボよりは安いのも、人気の理由です。

しかし、程よい車体価格で購入しても、クルマというものはその後の維持費が気になります。

故障ばかりされては維持費が大変になります。

そこで、ポルシェ マカンGTSは故障しやすいのか?維持費はどれくらいかかるのか?を調べてみました。

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ポルシェ マカンGTSは故障しやすい?

ポルシェ マカンGTSはドイツ車なので外国車となります。

良くあるイメージですが、外国車は国産車に比べて壊れやすいとよく言われたり、思われています。

外国車であるポルシェ マカンGTSはどうなのでしょうか?

色々レビューなどを調べてみましたが、壊れやすいというレビューは見当たりませんでした。

クルマなので、壊れないことはありません。しかし俗に言う「外国車は壊れやすい」には、

ポルシェ マカンGTSは当てはまらないと思われます。

ポルシェ マカンGTSの維持費は?

これもよく言われる「外国車は国産車に比べて維持費が高くつく」という話。

ポルシェ マカンGTSも外国車なのですが、どうなのでしょうか?

まず車検代。これは排気量や車体重量で決まってきます。

これは、外国車、国産車に関係ないので、ポルシェ マカンGTSだからと言って特別高くなるものではありません。

次に保険代。保険は掛け方で金額は変わってきますが、一般的に新車で購入すれば、

車両保険には入るでしょう。これはその車体価格で変わってきます。

ポルシェ マカンGTSの車体価格は9,390,000 円なので、結構な金額になるでしょう。

あとは、車自体の車両料率クラスでも変わってきます。これは国産車に比べてポルシェ マカンGTSは、

高くなります。

そして修理代。故障すれば修理しなければなりません。

また、車にはタイヤのような消耗品もありますから、それらの交換でも費用が掛かります。

ポルシェ マカンGTSの場合、車体ガ2t近くありますから、タイヤの消耗は早いでしょう。

また壊れにくくても、壊れたら部品交換などが必要です。

その部品が国産車に比べてすぐに手に入らないし、割高にはなります。

これらはポルシェ マカンGTSの購入をお考えなら覚悟はしておかなければなりません。

ポルシェ マカンGTSにはそれ以上の魅力あり

車体価格は約1000万円、維持費もやはり普通の国産車よりは多く掛かります。

しかし、それと引き換えにポルシェ マカンGTSは必ず、所有しているステータスと、

走らせれば感動を与えてくれる車です。

懐に余裕があれば、購入するクルマの選択枝に入れてみてはどうでしょうか。

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ