ボルボv90は故障しにくい?外車の維持費はやはり気になる

ボルボv90は故障しにくい?外車の維持費はやはり気になる

出典:http://www.volvocars.com/

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ボルボV90のおススメ記事

ボルボv90の価格は664万円から!ベストグレードはT5 Momentum

ボルボv90のノーマル版とクロスカントリーの違いは何?

ボルボv90の日本発売日や価格は?サイズはゆったり?

ボルボV90の燃費はどのくらい?ジャガーXFスポーツブレークやBMW 5シリーズ・ツーリングと比較してみた

ボルボ V90がついに復活しました!

ボルボファンのみならず、外国者のステーションワゴンが好きな方には朗報です。

2017年2月23日に、あの「ボルボ V90」が18年ぶりに復活し、販売が開始されました。

すでにTVCMがすごく流れています。

今所有しているボルボからの乗換や、これからボルボ V90を購入しようとお考えの方も多いと思います。

特に初めてボルボ V90を購入しようかどうしようかとお考えの方は「故障しやすくないか」と、

心配されるのではないでしょうか。

ボルボに限らず、外国車は「故障しやすい」というイメージをお持ちの方が多いと思います。

だから不安になるのも分かります。

では、実際ボルボ V90が故障しやすいのかどうか、調べてみましたのでご報告いたします。

ボルボ V90は故障しやすいのか?

結論から言いますと、不明です。

当然の結果ですね。まだ発売されたばかりで、ほとんどまだ世に出回っていませんから。

事例もありません。

なので過去のボルボ V90や、それ以外のボルボの口コミを色々拾い上げてみました。

その一例をご紹介します。

●93年式のボルボ(グレード不明)

今までの故障箇所はテールランプの玉切れ、インパネ警告等のエラー、エアコンモーターの不具合、

ウインカーカバーの脱落等がありました。

しかし車が動かなくなる、ブレーキが利かない等の致命的なものはありません。

●ボルボ V70(年式不明)

購入時にディーラーで「国産車に比べて外車は故障が多いとよく聞くが実際はどうか」、

と聞いたところ、「電気系統の不具合が生じる可能性は、国産車に比べて確かに多いかもしれない」

と正直に言われました。しかし、現在購入後1年半になりますが、まだ1度も不具合はないです。

●850エステート ワゴン(年式不明)

全然壊れませんでした。基本的なメンテを行えば壊れる車では有りません。

という具合で、壊れやすいという声はほとんど聞きませんでした。

確かに国産車に比べれば、壊れやすいという表現になるのかもしれませんが、

そこまで心配になるレベルではないでしょう。

また、故障を恐れているのなら国産車を選ばれた方が良いですというような意見もありました。

ボルボに限らず外国車を買おうと思うなら、多少の故障も許容範囲にしないといけないのかも知れません。

ボルボ V90に限らずクルマは故障する

クルマは機械ですから、どんなクルマでも大なり小なり故障はつきものです。

命に関わるような故障(ブレーキが利かないなど)があるようなクルマでは、

怖くて乗れないですが、今リリースされているクルマでそのようなものは出回っていません。

ボルボというクルマはスウェーデン製で、どちらかというと頑丈というイメージですし、

実際そのような事例の方が多く聞きます。あと有名なのは安全ということですね。

故障よりも修理でリスクがあるかも

どんなクルマでも故障すれば修理をします。

走行に支障がないような故障ならそのまま乗ってしまう場合がありますが、基本は修理をします。

ボルボ V90をはじめ外国車は国産車に比べて修理代は高くなります。

理由は製造元が日本ではなく、海外だからです。

部品の取り寄せだけでも輸送代がかかります。

その点は国産車の方が安くつきますので、ボルボ V90の購入をお考えであれば、

車両価格や諸費用だけではなく、ある程度の故障のときの費用も用意されていたほうが良いでしょう。

修理費用を安くする裏技

このようなことを書くと、やはりボルボ V90は壊れやすいのか!と思われるかも知れませんが、そうではありません。

先ほども申し上げたように、最新のボルボ V90はまだ出たばかりのため、壊れやすいかどうかは不明です。

ただ、故障したときの修理をできるだけ経済的に安くする方法は知っていて損はないと思います。

これはボルボ V90に限らずの方法ですが、知っておいて欲しいと思います。

それは、

「ディーラーで修理をしない」

ということです。

「えっ!?」

と思われる方もいると思います。

ただ、全ての修理においてそうするということではありません。

故障内容によっては、そうすることで修理代は安くできますということです。

ディーラーでの修理は正規品の新品で修理を行います。

これが一番安心ではありますが、料金は定価です。

この選択肢ではなく、「リビルト品を使って修理する」や「中古部品を使って修理する」という方法で行うのです。

例えば、フロントワイパーのモーターとリンクが故障し、修理するとしましょう。

部品的には部品を直すことは出来ないので、交換修理となります。

そのときの交換部品をディーラーの新品を選択するのではなく、リビルト品や中古部品で交換修理をするのです。

大体ですが、正規の新品が10万円するならば、リビルド品や中古品は3万円程度で修理できる感覚です。

(※あくまでもイメージして貰いやすくするための表現ですので、ご注意下さい)

 

あまり先のことを考えすぎると心労が耐えませんので、ある程度は大きな気持ちで、ボルボ V90を選択されてもいいと思います。

ボルボ V90にはそれだけの価値はあると思います。

ボルボV90のおススメ記事

ボルボv90の価格は664万円から!ベストグレードはT5 Momentum

ボルボv90のノーマル版とクロスカントリーの違いは何?

ボルボv90の日本発売日や価格は?サイズはゆったり?

ボルボV90の燃費はどのくらい?ジャガーXFスポーツブレークやBMW 5シリーズ・ツーリングと比較してみた

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ