ランドローバー新型車ヴェラールのスペック・価格・画像集!

ランドローバー新型車ヴェラールのスペック・価格・画像集!

ルーフがシースルーになっています

出典:http://www.landrover.co.jp/

ランドローバーは、来月3月1日に新しいSUVモデル「レンジローバー ヴェラール」を公開する予定です。

これはジュネーブ・モーターショーの直前となる日程です。

それを前にランドローバーの公式ホームページで上の写真が公開されました。

車名のヴェラールは、1969年にレンジローバー・プロトタイプ・プロジェクトに使われた名前です。

ホームページには、ヴェラールのキャッチを「アヴァンギャルドなレンジローバー、近日公開」と表記しています。

前衛的なレンジローバーと表現されている「レンジローバー ヴェラール」は、

いったいどんなクルマなのでしょうか。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

レンジローバー ヴェラールの位置づけ

レンジローバーの4車種の並び順からもヴェラールは、スポーツとイヴォークの間というのが分かります

レンジローバーには3つの車種が存在します。

既存の車種は「レンジローバー」「レンジローバー スポーツ」「レンジローバー イヴォーク」です。

今回登場したレンジローバー ヴェラールは「第4のレンジローバー」とも呼ばれています。

レンジローバー ヴェラールは、スポーツとイヴォークの中間に位置します。

レンジローバー ヴェラールのスペック

エンジン

スポーツのエンジンは

●V6ターボチャージド 3.0リッター ディーゼルエンジン – 258PS

●V6スーパーチャージド 3.0リッター ガソリンエンジン – 340PS

の2タイプ

イヴォークのエンジンは

●Si4 2.0リッター ターボチャージド・ガソリンエンジン – 240PS

であることから、その中間位置になるヴェラールのスペックを予想すると、

排気量は2.5リッタークラス、ガソリンエンジンで馬力は300PS前後になるのではないかと思われます。

エンジン形式は排気量からV6で、ターボチャージドではないかと思われます。

燃費性能はJC08モード走行で、9Km/Lあたりになるのではないかと思われます。

しかし一説では、後に新しいインジニウム直列6気筒ガソリンおよびディーゼルに、

変更される予定とも言われています。

さらに300psの2ℓ4気筒インジニウム・プラグイン・ハイブリッドも計画されているとも言われています。

プラットフォーム

ジャガーi-PACEと同じIQプラットフォームを使用されます。

ベースはJLRのIQプラットフォームで、ジャガーi-PACEと兄弟車となります。

レンジローバー ヴェラールの価格

スポーツが¥ 8,600,000 〜、イヴォークが¥5,020,000 〜という価格帯から、

その中間位置なので、大体¥6,000,000 〜¥7,000,000 の間になるのではないかと思われます。

ライバルとなるのは、ポルシェ マカンやBMW X6というところです。

レンジローバー ヴェラールのデザイン

ルックスはレンジローバーらしいスタイリングでありながら、レンジローバーシリーズの中では、

シンプルでさらにスタイリッシュなデザインになっています。

他のレンジローバーシリーズに比べ、リア部分がクーペのようなスタイルで、

スタイリッシュなストレートを基調としたデザインになっています。

ヴェラールの目玉は、パノラマ・ルーフと呼ばれるシースルーのルーフとなっており、

イヴォークのオープンカーとまでは行かないですが、かなりの開放感を感じられます。

公開された写真は後方からの写真のみなので、過去にネットで公開されていた開発段階での、

スクープ写真をご紹介します。

フロント部分のスクープ写真

サイド部分のスクープ写真

 

リア部分のスクープ写真

写真から、車体のサイズはスポーツに近い大きさではないかと思われます。

サイド部分のスクープ写真ではクーペのようにはあまり見えませんが、

これはカムフラージュのためだと思われます。

さらに、予想CGも公開されていました。

ヴェラールの予想CG

予想CGの段階では、ルーフはノーマルですが、今回公開された写真から、

ルーフはパノラマ・ルーフとなっています。もしかすると、パノラマ・ルーフではない、

ノーマルなルーフも設定されるのかも知れません。

アヴァンギャルドなレンジローバー ヴェラール

ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサーであるジェリー・マクガバン氏は

「当社では、ヴェラールをアバンギャルドなレンジローバーと位置付けている。

なぜならば、Glamour(魅惑)、Modernity(近代的)、Elegance(優雅さ)という新しい要素を、

レンジローバー・ブランドにもたらすからだ。レンジローバー・ヴェラールがすべてを一変することだろう。」

とコメントしています。

レンジローバー・プロトタイプ・プロジェクト由来の車名を採用したり、

パノラマ・ルーフという新しいルーフを採用したりのレンジローバー・ヴェラールは、

ジェリー・マクガバン氏のコメントのように、変革をもたらす一台になるかも知れません。

ヴェラールはレンジローバーを一変させるのでしょうか

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ