自動車税「燃費課税」とは?普通・軽・中古など区分や基準は?2017年4月開始

自動車税「燃費課税」とは?普通・軽・中古など区分や基準は?2017年4月開始

燃費課税(燃費性能課税)」と言う言葉を聞いたことはありますでしょうか。

数年前から話題になっていましたが、とうとう適用される時が来たのです。

実は自動車には、たくさんの税金が掛かっているのは、ご存知でしょうか。

●消費税(自動車に限らず物を買う時に掛かっている税金です)

●自動車取得税(新車を購入する時に掛けられる税金です)

●重量税(車検ごとに掛けられる税金です)

●自動車税(毎年5月1日に請求が来る税金です)

新車の自動車を購入するだけで、すでにこんなに税金が掛かっています。

さらに維持し続ければ毎年や車検ごとにも税金は取られます。

間接的にはガソリン税などもありますね。自動車は税金の塊と言ってもいいくらいに税金が掛かっています。

そんな自動車に掛かっている税金を、消費税が10%になる今年2017年に変化します。

自動車は昔はお金を持っている人しか買えない贅沢品でした。

そんなに贅沢できるくらいなら税金も払えますよねと言わんばかりの「自動車取得税」が廃止になります。

今の時代、自動車はもう贅沢品ではなく、必需品に近いですから当然だと思います。

しかし、お国が単純に税収を減らすわけがありません。逆に税収は増やしたいと考えています。

その代わりに出来た新税が「燃費課税」なのです。

燃費課税ってどんな税金なの?

燃費課税とは、国交省が定めた「平成32年度燃費基準」をベースに、

下記のように6段階で、0.6%刻みで課税する仕組みの税金です。

平成32年度燃費基準+25%:税率0%

平成32年度燃費基準+20%:税率0.6%

平成32年度燃費基準+15%:税率1.2%

平成32年度燃費基準+10%:税率1.8%

平成32年度燃費基準+5%:税率2.4%

平成32年度燃費基準+5%未満:税率3.0%

この6段階の内容をよく見ていただきたいのです。

平成32年度燃費基準を満たしているだけでは、最高税率の3.0%の税金が掛かるのです。

これだと、今までの「自動車取得税」と同額で、何も変化はありません。

平成32年度燃費基準は、今よりも、ずっと厳しい基準になるのは間違いないです。

たぶん普通のガソリンエンジン車では、クリアするのが精一杯でしょう。

そうなると、何も変わらず、消費税が2%上がるので、実質は増税ですね。

ハイブリッド車をはじめ、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車のような、

エコカーでないと、恩恵は受けられない税金ということです。

環境を考えた自動車には優遇措置がなされることで、そのような車が広まっていくという意味では、

良いことだと思います。

燃費課税の具体例

車体価格:300万円で、平成32年度燃費基準+5%の車種では、2.4%の課税になるので、

燃費課税は72,000円になるという計算です。

さらに消費税が10%ですから、合計すると372,000円の課税となります。

自動車取得税時代と比較すると、今までは8%+3%=11%、今後は10%+2.4%=12.4%

となるため、このケースのでは、増税となります。

燃費課税は普通車と軽自動車では違ったりする?

先ほどご紹介したように、今回導入される燃費課税は、燃費性能に対しての課税になりますので、

自動車税のように普通車はこう、軽自動車はこう、というものではありません。

燃費性能に左右されます。しいて言えば普通車よりも軽自動車の方が小排気量エンジンなので、

その分で燃費性能が良くなり、普通車より税金が安くなるということはあるでしょう。

中古車でも燃費課税は掛かるの?

今回の燃費課税は、自動車取得税の代わりのような税金です。

自動車取得税は、新車購入時にのみかかっていた税金です。

その代わりになる税金ですので、燃費課税も同じく、新車購入時のみに掛かる税金です。

なので、中古車では掛かりません。

とばっちりを受けるのは輸入車?

日本は輸入車に対する非関税障壁が多いと言われています。

車に詳しい方ならご存知だとおもいますが、

国産車は日本国内のカタログ燃費計測方法に合わせた制御を行っているのに対し、

輸入車は標準設定のままなのです。

そのため輸入車は、カタログ燃費数値は実燃費の数値と考えてほぼ間違いないのです。

しかし、そうなると新設される税制だとかなり不利になります。

テスラの電気自動車くらいが恩恵を受けるような状況です。

しかし、ほとんどの輸入車はほぼ、最高額の3%課税となるでしょう。

そうなると消費税+燃費課税の合計13%にもなってしまいます。

たとえば、500万円の輸入車なら税金だけで65万円になる計算です。

なので輸入車にとっては、この燃費課税が施行されれば、かなりの打撃を受けることとなるでしょう。

燃費課税は矛盾した税金?

燃費性能が低い車の税金を高くする理由は、

今の時代、省エネ、エコな車を普及させることが狙いなのでしょうか?

燃費性能が低い車は、その分たくさんガソリンを消費します。

ガソリンにはすでに「ガソリン税」が掛けられていて、十分にたくさん税金を払っている状態になります。

なのに、さらに燃費課税で高い税金を取られる。

なんか矛盾しているなと考えるのは私だけでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ