セダンで事故率の低い安全な車種(国産車)は?

セダンで事故率の低い安全な車種(国産車)は?

いつの時代も車の代名詞として多くの人の親しまれてきたセダン。

昭和の時代を彩ったトヨペットクラウンやグロリア、セドリックなど誰もが知っている大衆車から1度は乗ってみたいと思えるような存在だった高級セダンまで、様々な名車と呼ぶべきセダンが誕生してきました。

しかし、最近では軽自動車やコンパクトカーなどが勢いがある状態でセダンの販売シェアは減少していってる一方です。

車両価格も高く、燃費も良いとは言えない部分もあり実用性がコンパクトカーや軽自動車に劣る点が多いのが短所でもあるのが原因ですね。

ですが、それでもセダンに憧れる人は多いことでしょう。

今回は、国産車で安全性の高い車種を紹介していきます。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

安全性ってどうやって分かるの?

出典:http://japanese.china.org.cn

安全な車とは言うものの、「安全な車ってどうやって分かるの?」って疑問に思う方も多いですよね。

だからといって安全性を確かめるために車を衝突させるわけにはいきませんからね…

車の安全性は保険料率で決まるんです。

保険料率は保険会社が車種ごとの事故率をデータとして保管しており、それを元に損害保険料率年金算出機構がまとめてその年の車種ごとの保険料クラス(料率クラスとも呼ばれる)を決定します。

出典:http://www.ahoraxxx.com

こちらは2013年度の自動車保険料率クラスデータベースです。

項目は「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」の4項目があります。

その項目を元に1〜9までの9段階の数字で区別します。

標準的な数字は4となっており、4以下の数字をつけられている車は標準よりも安全です。

保険金支払いの実績が少ない車ほど、数字は小さくなっていきます。

逆に保険金支払い実績が多い車は実績が多いです。

保険料率クラスの数字が大きいほど安全性が低く、事故率が高い車とも言えます。

それと同時に保険料も高くなっていきます。

そして、2015年〜2016年までに販売された車を元にランク付けされた自動車保険料率クラス一覧を元に安全性が高かったセダンを紹介していきます。

  • トヨタ クラウン

出典:http://toyota.jp

高級車の代名詞とも言えるトヨタのクラウンです。

日常でも公用車やタクシーとして見かける人は多いのではないでしょうか。

1955年1月に「トヨペット クラウン」として発売され、大衆車として人気を博しました。

現在でも日本を代表する高級車のとしての地位を保っており、存在感のあるトヨタの看板車でもあります。

クラウンの保険料率はこのような数字でした。

車両:5、対人:4、対物:3、傷害:4

車両は標準よりも上ですが、それ以外は3〜4と標準的な数字を誇っています。

さすが日本を代表するトヨタの高級セダンといったところですね。

 

  • カローラ アクシオ

続いてもトヨタから発売されているセダンの紹介です。

誰もが知っているトヨタのセダン、カローラです。

1966年に発売されたカローラもクラウンと同様、トヨタを代表する歴史のある車です。

発売から51年経った現在でも大衆車として人気があり、その人気は国内にとどまらず海外でも人気がある世界的な大衆車です。

カローラの保険料率はどのような数字になっているのでしょうか。

見ていきましょう。

車両:3、対人:3、対物:4 傷害:3

なんとカローラ アクシオは標準よりも低く優秀な数字を出しており、安全性に関しては優秀なセダンと言えます。

先ほど紹介した同じセダンのクラウンと比べると、その数字は低く安全性は自信持ってオススメ出来るセダンです。

セダンで購入を考えている方は是非、カローラ アクシオをおすすめします。

 

  • インプレッサ G4

出典:http://www.subaru.jp

スバルのセダンと言ったら、こちらを思い浮かべる人も多いでしょう。

そう、インプレッサです。

インプレッサ G4はセダンでありながらもスポーツカーに負けないパワーと走行性能を兼ね備えており、その2つを武器にWRC(世界ラリー選手権)など様々な国際レースで活躍を見せてきました。

その活躍が功を奏して、現在でも車好きから絶大な人気を誇っているスバルのセダンです。

そして、現行車のインプレッサ G4もスバルグローバルプラットフォームという新世代プラットフォームを採用しつつも2.0ℓ直噴エンジンというハイパワーエンジンを搭載し、これまでのインプレッサの伝統をしっかりと継承しています。

インプレッサ G4の保険料率は以下の数字になっています。

車両:5、対人:2、対物:4、傷害:4

インプレッサは対人の項目では2という大変素晴らしい数字を出しているんです。

それ以外の数字も標準的な数字で優秀かつ安全なセダンと言えるでしょう。

走行性能も安全性もしっかりしているインプレッサは上記のトヨタのセダンと張り合える存在と言えるでしょう。

気持ちいい走りも、セダンの上質さも楽しみたい人はインプレッサ G4をオススメします。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ