マツダフレアの値引き額の相場・おススメ交渉ポイント!

フレア(FLAIR)は、マツダが販売する軽トールワゴンです。

マツダは1994年10月にスズキからワゴンRのOEM供給を受け、軽トールワゴンのAZ-ワゴンを発売しています。以降、3度のフルモデルチェンジを行いながら18年にわたって販売されてきました。

そして、OEM元のワゴンRが2012年9月に4度目のフルモデルチェンジが行われたことを受け、本車種も約1か月半遅れでフルモデルチェンジを行った際、車種名を「フレア」に改名しました。

これにより、同年6月に発売したフレアワゴン(パレット→スペーシアのOEM)とはシリーズ車種の関係となりました。

以降、マツダの軽トールワゴンは「フレアシリーズ」として展開されていきます。

マツダフレアですが、フレアを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またフレアのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

design_hero_img-ts-1509030200162500

出典:http://www.mazda.co.jp

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

マツダフレアの値引き相場

フレアの限界値引き額は5万円です。

値引き相場は1万円から5万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

マツダフレアのスペック

design_hero_img-ts-1509030200162500

出典:http://www.mazda.co.jp

マツダフレアの価格帯

1,150,000円~1,490,000円(税込)

マツダフレアのグレード

design_hero_img-ts-1509030200162500

出典:http://www.mazda.co.jp

マツダフレアは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 XG  DBA-MJ34S 658cc CVT FF 30.6km/l
 HS  DAA-MJ44S 658cc CVT FF 30.0km/l
 XS  DBA-MJ34S 658cc CVT FF 26.8km/l
 XG  DBA-MJ34S 658cc 5MT フルタイム4WD 30.6km/l

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

多少燃費が違いますが、各種スペックには多くの違いはありません。

マツダフレアの特徴(スペック)

design_hero_img-ts-1509030200162500

出典:http://www.mazda.co.jp

SKYACTIV-D

圧倒的なトルクによる胸のすくような加速と、遠くへ足を運びたくなる優れた燃費性能です。
マツダの新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」は、これまでの常識を覆す独自の低圧縮比化を実現し、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善しました。
目指したのは、ドライバーが「走る歓び」を感じることができる、マツダの志が詰まった世界一のエンジンで、2012年に登場後もその理想を実現するため、「SKYACTIV-D」は進化を続けています。

4つのキーワードから分かるマツダのクリーンディーゼルがあります。

①ロングドライブに適した走りと優れた環境性能を持つディーゼルエンジンで、その中で低圧縮を実現し走行性能と環境性能を兼ね備えたのが、マツダのクリーンディーゼルです。

②マツダのSKYACTIV-Dは、燃料をきれいに燃焼しつくすことで有害物質が発生しにくく、高価なNOx後処理装置を必要としない、量産ディーゼルエンジンとしては画期的なクリーンディーゼルエンジンです。

③ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて、エンジンの回転数が低いときから強い「トルク」を発生することができるため、スムーズに一定の速度で走行することができます。

④従来のディーゼルエンジンが抱えている騒音と振動の問題を解決し、低い圧縮比とそれにともなう大幅な軽量化でこれまでにない快適な走りを実現させた「SKYACTIV-D」です。

クルマに命を与えるデザイン

クルマは単なる鉄の塊だとは思わない「命あるもの」とマツダは考えています。

“魂動”が艶めく、かつてない質感。 「匠塗 TAKUMINURI」とは、カラーも、造形の一部です。
この考えのもと、魂動デザインの流麗なカタチを際立たせる特別な色を追求し、その実現のために生み出された塗装技術が「匠塗 TAKUMINURI」なのです。

生きたクルマをつくるとは、それは表面的な形をなぞることではありません。
クルマの形にとらわれない、純粋に生命感をカタチにするチャレンジと、マツダがそのデザインの歴史の中で培ってきた高い造形力「匠の技」によって成し遂げられたものです。

マツダの情熱とこだわりを感じてください。

コクピット

マツダはつねに、人とクルマがつながりあうためのドライビングポジションを追究しています。
安心して安全に走りを楽しむためにクルマの構造はどうあるべきか、理想的なインターフェイスとはどんなものかと、その人間中心の思想は、クラスを問わずにデミオからアテンザまで、世に送り出す、すべての新世代商品に込められています。
どんなに進んだ技術を載せたとしても、それがドライバーと寄り添うことができなければ、決してマツダが目指す「走る歓び」は生まれません。
人とクルマがつながる場所に、すべての英知を結集と、マツダならではの人間中心のドライビングポジションは、そうして生まれます。

ダイナミクス

走る、曲がる、止まると人とひとつになれるクルマと称し、自分の意図したとおりにクルマが反応し、まるでクルマが自分の体の一部になったかのような一体感を生み出します。
その一体感が、安全・安心につながり、積極的にドライブを楽しめるようになります。
マツダは人間を徹底的に研究し、人馬一体を進化させ続けます。

マツダフレアの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

interior_3rd_img-ts-1503040943321900

出典:http://www.mazda.co.jp

ライバル車(スズキハスラー)とインテリアを比較

<マツダフレア>

interior_hero_img2-ts-1502120649349070

出典:http://www.mazda.co.jp

こちらは、広々として落ち着きのある、使い勝手の良いインテリアのマツダのフレアです。

ゆったりと過ごせる広々とした室内空間に、エコドライブをサポートするメーターやディスプレイ、運転のしやすいシートポジション調整や使い勝手のよいシートアレンジのフレアは使いやすい工夫がいっぱい詰まったインテリアで、乗る人みんなが快適に過ごせます。

interior_3rd_img-ts-1503040943321900

出典:http://www.mazda.co.jp

荷物に合わせて調節できる、多彩なシートアレンジが可能です。

旅行の着替えを詰め込んだキャリーバッグも、趣味を楽しむお気に入りの道具も、フレアなら人数や荷物のカタチや大きさに合わせて、フレキシブルに多彩なシートアレンジができます。

必要に応じてリアシートがかんたんに折りたためる、「リアシートワンタッチチルトダウン(分割可倒式)」があります。

バックドア側からも操作可能で、大きな荷物を載せるときもスムーズです。

かんたん操作で、広くてフラットな荷室になります。

小物もすっきりと収まる、こだわりの収納スペースも車内のさまざまな場所に、位置やサイズにこだわった収納ポケットを配置しています。

小物も散らからず、すっきりと居心地良い空間が広がります。

<スズキハスラー>

img02

出典:http://www.suzuki.co.jp

こちらは、遊び心のあるカラーパネルのあるインテリアデザインとなっています。

ボディカラーとのマッチングも楽しめるように、鮮やかで個性的なシートパイピングとなっています。

そして、最適なドライビングポジションを設定しており、上下に30mm稼動するチルトステアリングや前後に10mmずつ24段階移動するフロントシートスライド、上下40mm移動する運転席シートリフターなどドライバーの体格や好みに合わせた設定が可能です。

フロントシートベルトの高さ調整ができるショルダーアジャスターも装備しています。

interior_hero_img2-ts-1502120649349070

出典:http://www.suzuki.co.jp

使い方に合わせて積み込める多彩なシートアレンジ可能で、アウトドアシーンでも活躍するアイデア満載の収納スペースがあります。

1人+長い荷物は、助手席とリヤシートの背もたれを倒せば荷室までほぼフラットになります。

長い荷物も収納できます。

2人+大きな荷物は、リヤシートの背もたれを両方倒せば大きなラゲッジスペースになります。

大きな荷物もしっかり積めます。

3人+荷物は、リヤシートを片側だけ倒せば3名乗車できて荷物も収納できます。

みんなで旅行に行く時などに便利です。

更に、フルフラットは前席シートの背もたれを後方いっぱいに倒せばフルフラットモードになります。

車内でゆったりくつろげます

サイズ感と仕様

img02

出典:http://www.mazda.co.jp

フレアには、すっきりした開放感のある室内空間があり、乗ってる方がみんな落ち着けるような配慮がたくさんあります。

足元のすっきりしたフロントシートには、シフトをインパネに配置することで、前席の足もとに広々とした空間を生み出しています。

左右の行き来もスムーズで、反対側からでも乗り降りができます。

後席は高い天井と、ほぼフラットなフロアで足もとも広く開放的で、大人2名が座っても快適にくつろげる空間になっています。

機能充実マツダフレア

img02

出典:http://www.mazda.co.jp

両車とも、多彩なシートアレンジに快適にゆっくりとくつろげる空間になっています。

ですが、注目したいのがフレアの「万一の衝突被害を軽減する安全技術」です。

前方不注意による「追突事故」の被害を軽減する「レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)」は、渋滞などでの低速走行中、前方の車両をレーザーレーダーが検知し、衝突の危険性が高いと判断した場合に、ブレーキを自動制御します。

衝突などの危険回避をサポート、または衝突の被害を軽減します。

こちらは作動条件があります。

時速約5km/h~30km/hで走行中、前方車両をレーザーレーダーが検知している場合です。

(原則として歩行者や二輪車は検知しませんが、状況によっては作動する場合があります。)

レーザーレーダーがワイパー作動域にあるため、雨天時にも作動します。

車内に設置したレーザーレーダーで、前方車両との距離を測定します。

衝突の危険性が高まると、ブレーキを自動制御します。

同時に、メーター内の表示灯の点滅とブザーでドライバーに危険を知らせます。

前方車両との速度差が約15km/h以下のときは、衝突を回避できる場合があり、約30km/h以下のときは、衝突の被害を軽減します。

ペダルやシフトの操作ミスによる衝突回避をサポートする「誤発進抑制機能」には、停車または約10km/h以下での徐行中に、レーザーレーダーが前方の障害物を検知します。

シフト位置が「前進」の状態でアクセルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制し、駐車場などでの衝突回避に貢献します。

エンジン出力を最大約5秒間抑制し、発進・加速をゆるやかにします。

同時に、メーター内の表示灯の点滅とブザーでドライバーに危険を知らせます。

こちらも作動条件があります。

車両が停車または約10km/h以下での徐行中、前方約4m以内の障害物をレーザーレーダーが検知している場合です。
・シフト位置が「前進(D、L、M)」の場合(Sモード含む)です。
・ハンドルを切る角度が小さく、アクセルを強く踏み込んだと判断した場合です。

作動停止方法は「レーダーブレーキサポート OFFスイッチ」を長押しすれば、「レーダーブレーキサポート」および「誤発進抑制機能」の作動を停止することができます。

様々な、衝突被害に対応した安全機能十分なクルマということがわかります。

ライバル車種との比較

マツダフレアのライバル車種はスズキ ハスラーやスバル ステラとなります。

主要な仕様を比較しました。

 マツダ フレア スズキ ハスラー スバル ステラ
車両価格  1,150,000円~1,490,000円(税込) 1,078,920円~  1,130,000~1,740,000(税込)
燃費  26.8~30.6 27.8~32.0  25.6~31.0
値引き予想額  1~5万 5万~15万  5~15万
発売年月日  2015年9月3日 2014年1月8日  2014年5月22日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

マツダ フレアの値引きの交渉術

マツダ フレアを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ