ながらスマホ運転は法律違反?減点や罰則は?件数増加中

ながらスマホ運転は法律違反?減点や罰則は?件数増加中

最近「ながらスマホ運転」という言葉を耳にする事が多くなりましたよね。
大人気スマホアプリ「ポケモンGO」の登場により、「ながらスマホ運転」の被害はさらに増加し、「ながらスマホ運転」に対する罰則も厳しくなっていってます。
そこで今回は「ながらスマホ運転」に対する減点や罰則、そして「ながらスマホ運転がどれくらい増加しているのかを紹介していきます。

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

「ながらスマホ運転」はもちろん法律違反!

出典:http://mangatop.info

もちろんのことですが、「ながらスマホ運転」は法律違反です。

これは道路交通法第71条 5の5でも定められており、「ながらスマホ運転」を行うと道路交通法違反となり処罰され「通話での使用」と「運転中にスマホの画面を見る行為」が違反の対象となります。

以下が道路交通法第七十一条 五の五の内容です。

道路交通法第七十一条 五の五

自転車又は原動機付自転車(以下この号において「自転車等」という。)』を運転する場合においては、当該自動車等が停止している時を除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線電話(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行う事が出来ないものに限る。

第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百ニ条第十一項において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。

第百ニ十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

ちなみに注視とは2秒以上画面を見続けることで、着信や通知のチラ見は違反にはなりません。

そして、赤信号や渋滞時などに車が完全に停止している場合も違反の対象外になります。

もし、車内で通話する際は車を完全に停止させてから通話しましょう。

減点や罰則は?

気になる減点や罰則はですが、まずは罰則から紹介します。

「ながらスマホ運転」による交通違反の罰則は2種類あります。

  1. 携帯電話使用等(交通の危険)違反…携帯電話を使用して交通の危険を生じさせた場合は、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  2. 携帯電話使用等(保持)違反…運転中に携帯を利用したのみの場合(交通の危険が発生しなかった場合)は5万円以下の罰金

この2つの違反は交通反則通告制度の対象になり、青切符が切られます。

次に反則金と減点の罰則について紹介します。

  • 携帯電話使用等(交通の危険)違反

反則金:9,000円 点数:2点減点

  • 携帯電話使用等(保持)違反

反則金:6,000円 点数:1点減点

反則金はケースによって異なりますが、被害者の命に関わるような重大な事故を引き起こせば裁判や逮捕といった事にもなり兼ねません。

安全第1を肝に銘じて車を運転してください。

 

スマホ運転事故の例

出典:http://55vip555.ldblog.jp

2014年12月28日午前7時45分頃、広島県尾道市の西瀬戸自動車道で乗用車と軽ワゴン車が正面衝突するという痛ましい事故が起きました。

軽ワゴン車を運転していた男性と男性の知人の女性が死亡。同情していた知人の女性の家族(夫と娘)が軽傷と重傷を負いました。

そして乗用車を運転していた会社員の女性は「携帯電話でLINEを操作していて、前をよく見ていなかったと供述しています。

会社員の女性は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕されました。

この事故の場合は相手を死亡させており、減点も罰則もなく現行犯逮捕という結果になりました。

「ながらスマホ運転」は最悪、死亡事故を引き起こします。

絶対にやってはいけません。

 

件数も増えてきています。

画像1

 

出典:https://www.itarda.or.jp

これだけ「ながらスマホ運転」による事故が多発し、死亡事故も起これば増加傾向が見られることはお分かりですよね。

そして「ながらスマホ運転」による事故は今後も増えて行くと予想されます。

それは「スマートフォンの普及」が1番の原因とされています。

 

画像2

画像2のグラフをご覧ください。

平成22年からスマートフォン契約数が急激に増えていき、平成27年3月末にはフィーチャーフォン(ガラケー)よりも多い54.1%にまで到達しました。

画像1でも平成24年は急激に「画像目的」による事故の増加が増えており、スマートフォンの普及は「ながらスマホ運転」による事故を加速させている事が言えます。

スマートフォンは画像やネットの読み込みが早く、それによって画像の注視をするドライバーが増加していると見てもいいでしょう。

そして今後もスマートフォンは性能が進化していきます。

それに伴い、「ながらスマホ運転」による事故は増加していく可能性は高いでしょう。

「ながらスマホ運転」は大変危険な行為です。

1人1人が意識を持って安全運転をしましょう。

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ