新型デリカD:2 最新情報!性能や燃費、価格、発売日wiki的まとめ

新型デリカD:2 最新情報!性能や燃費、価格、発売日wiki的まとめ

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

2017年1月26日にデリカD:2から新しく「ハイブリッド」がラインナップされました。

デリカD:2と言えばスズキから発売されている「ソリオ」の姉妹車でスズキからOEM供給されています。

その姉妹車のソリオからは、すでにハイブリッドがラインナップされていますので、

その流れでデリカD:2でも発売されたのです。

今回のハイブリッドモデルが出る前から、デリカD:2にはマイルドハイブリッドがラインナップされていました。

同じ「ハイブリッド」という言葉がつくのですが、何がちがうのでしょうか?

新型デリカD:2ハイブリッドを、既存のマイルドハイブリッドと比較しながらご紹介します。

 

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型デリカD:2ハイブリッド

今回新登場した新型デリカD:2ハイブリッド(2代目MB46S型)の大きな特徴は、

名前のとおり「ハイブリッド」ということです。

その目玉のハイブリッドシステムは「MGUモーター」を搭載しています。

 

新型デリカD:2のハイブリッドシステム(①がMUG(駆動用モーター)

MUG(駆動用モーター)

では、今回のハイブリッド(2代目MB46S型)と前から発売されているマイルドハイブリッド(2代目MB36S型)は、

どうちがうのでしょうか?その比較を下の表にしてみました。

(2代目 MB36S/MB46S型の比較表)

ハイブリッド マイルドハイブリッド
発進・加速時、MUG(駆動用モーター)でエンジン出力にモーター出力を上乗せして力強くアシスト モーターアシスト 発進・加速時、ISG(モーター機能付発電機)でエンジンをアシスト。走りはそのままにエンジン出力を抑制
モーターアシストに加え、モーターのみでのEV走行で更に低燃費を実現(32.0km/L) 低燃費 モーターアシストで低燃費。(27.8km/L)
5AMT(5速自動マニュアルトランスミッション)で、キビキビとした走り実現 走り CVTを採用し、スムーズな走りを実現
デリカD:2本来のゆとりある室内空間を確保 室内空間 デリカD:2本来のゆとりある室内空間に加え、ラゲッジスペース床下にサブトランクを装備

【ハイブリッド(2代目MB46S型)の勝っているところ】

●燃費性能

●発進時の静粛性

【マイルドハイブリッド(2代目MB36S型)の勝っているところ】

●室内空間

この比較ではハイブリッドの方が勝っている点が多くていいのかなと思いますね。

このような新技術のハイブリッドシステムを搭載していると、燃費と同じくらい気になる経済的なものは、

車体価格です。では、お互いの車体価格はどうでしょうか?

【ハイブリッド(2代目MB46S型)】3グレード

●ハイブリッドSX:2,008,800円

●ハイブリッドSZ ナビパッケージ: 2,282,040円

●カスタム ハイブリッドSV ナビパッケージ:2,312,280円

【マイルドハイブリッド(2代目MB36S型)】4グレード

●ハイブリッドMX:1,787,400

●ハイブリッドMZ:1,933,200円(4WD2,059,560円)

●カスタム ハイブリッドMV:1,963,440円(4WD2,089,800円)

●ハイブリッドMZ ナビパッケージ:2,060,640円(4WD2,187,000円)

 

デリカD:2

デリカD:2カスタム

本体価格を比較すると、グレードによりますが、ほぼ似たようなグレード同士での比較で、

大体20万円~30万円の差があり、ハイブリッドの方が高くなります。

これはMUGモーターを使ったハイブリッドシステムとマイルドハイブリッドシステムの、

価格差がそのまま現れています。またハイブリッドの方には専用メーターが搭載されますので、

そこにも少なからず価格が影響しています。

ハイブリッド専用メーター

安く買うという点ではマイルドハイブリッドの方が勝っていると言えます。

新型デリカD:2ハイブリッドの安全性能

安全性能については、新型デリカD:2ハイブリッドも、マイルドハイブリッドも共通した装備となっています。

●衝突被害軽減ブレーキシステム

●誤発進抑制機能(前進時)

●車線逸脱警報機能

●ふらつき警報機能

●先行車発進お知らせ機能

●エマージェンシーストップシグナルシステム

●アクティブスタビリティコントロール(ASC)

●4輪ABS(EBD・ブレーキアシスト付)

●ヒルホールドコントロール

など充実な安全装備が備わっています。

新型デリカD:2ハイブリッドには4WDがない

もし、デリカD:2(2代目MB46S型)で4WDが欲しいと思った場合、ハイブリッドが選択できません。

新型デリカD:2ハイブリッドには4WDの設定がないのです。

これもハイブリッドシステムを搭載する関係上、4WDシステムに出来ないからです。

この点は少し残念です。

ハイブリッドの構造上、後輪スペースにバッテリーが積まれるために4WD化ができない

新型デリカD:2ハイブリッドは買いか?

新型デリカD:2ハイブリッドの最大のメリットは低燃費。

4WDの設定が無かったり、車両本体価格がマイルドハイブリッドに比べて高かったりしますが、

4WDを必要とする場所にほとんど出かけない方、要は街乗りメインの方ならば、

新型デリカD:2ハイブリッドは十分にメリットがあると思います。

本体価格の差は燃料代で埋まりますし、後に下取りや買取で出す場合、

リセールバリューも他に比べて高くなるからです。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ