最新 水冷ポルシェ991後期の性能や燃費、価格、納期wiki的まとめ

最新 水冷ポルシェ991後期の性能や燃費、価格、納期wiki的まとめ

世界的に有名なスポーツカーの1つと言っても過言ではないポルシェ。

力強く、颯爽と走る姿には誰もが憧れを抱いたことでしょう。

中でも山口百恵さんの「プレイバック Part2」の歌詞でポルシェの存在を知った人も多いはずです。

また、ル・マン24時間耐久レースやスーパーGTなど国際的なレースにも出場しており、日常からモータースポーツまで様々な活躍をしています。

そんな車に興味がない人でさえも虜にさせてしまうポルシェですが、最新のポルシェ991後期は、歴代初のターボエンジン搭載で完成度の高い性能と走り高評価との情報をキャッチしました。

果たして、ポルシェ991後期とはどんな車なのでしょうか。

その全貌に迫って行きます。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ポルシェ991ってどんな車?

出典:http://minkara.carview.co.jp

ポルシェ991後期型は2016年3月に発売された991です。

通称はポルシェ 911と呼ばれていますが、コードネームでは991となっています。

前述でもお伝えした通り、ポルシェ991 後期型は歴代ポルシェにはなかったターボエンジンを搭載しており、ポルシェファンから高級志向の方まで幅広く話題になりました。

エンジンのダウンサイジング化に伴いエンジンが空冷(空気でエンジンを冷やす仕組み)から水冷(冷却水でエンジンを冷やす仕組みになり、自然吸気型のNAからターボチャージャーへと変更されました。
ターボ独特のラグなどターボのデメリットを懸念する不安の声も上がりましたが、その不安をかき消すかごとく、ターボの力強い加速とNAのシャープでしなやかなフィーリングを兼ね備えた完成度の高い走行性能が特徴のポルシェ991です。
その完成度の高さは「ポルシェ991の右に出るものはいない」と太鼓判を押されるくらい高性能なスーパーカーなんです。

ポルシェ991 後期型の性能は?

出典:https://www.diners.co.jp

先ほどポルシェ991 後期型についての概要を紹介しました。
「その高性能で完成度の高い走りは一体どこから来ているの?」と気になってしまうスペックはこちらです。

駆動方式:RR(エンジン:リア縦置きエンジン後輪駆動)

全長×全幅×全高:4199mm×1808×1302mm

ホイールベース:2450mm

車両重量:1440kg

エンジン形式:直噴水平対向6気筒DOHCツインターボ

排気量:2981cc

ボア×ストローク:91.0×76.4mm

最高出力:420ps/6500rpm

最大トルク:51.0kgm/1700-5000rpm

トランスミッション:7速MT

サスペンション:マクファーゾン式ストラット/コイル(前)

マルチリンク/コイル(後)

ブレーキ(前後):通気冷却ディスク

タイヤ:245/35ZR20(前)、305/30ZR20

車両本体価格:15,191万円

1963年に発売されてきた歴代のポルシェはこれまで、NAエンジンでした。

ですが、991後期から3.0リッター ツインターボエンジンへと変更になりました。

それでもNAのしなやかなドライビング感覚を保ちつつ、ターボの力強く地面を掴むかのような走りを実現したツインターボエンジンです。

中でもすごいポイントがたった1700rpm〜5000rpmで最大トルクに達するという凄まじいトルクの分厚さです。

 

こちらの動画が991後期の加速を撮影した動画です。

991後期のたくましいエンジン音とシャープで尚且つ力強い加速がこれだけでわかりますね。

ここまでエモーショナルで心地いい走りだと、「乗りたい」という気持ちが溢れ出てきますね。

そして乗り心地もさらに向上しました。

ホイールベースが295mmから100mmアップし、タイヤのインチも20インチに設定。

高速走行時の安定性も抜群で、速さを追求しながらも安定性もしっかりしています。

「最新は最良」と謳われてきた歴代のポルシェの伝統をしっかりと受け継いでいるポルシェ991 です。

 

燃費はどれくらい?

ポルシェ991 後期の燃費は歴代のポルシェに比べると、約12%優れているとの情報です。

ポルシェ991 後期には「911カレラS クーペ」「911カレラS」があります。

この2つのタイプで燃費は異なっており、「911 カレラS クーペ」の燃費は1リッターあたり約13.0km/Lで、「911カレラ」は13.5km/Lとハイパワーでありながらも、燃費の良い車に仕上がっています。

これもダウンサイジングターボを搭載した直噴水平対向6気筒エンジンの恩恵ですね。

納期はどれくらいかかる?

納期に関してですが、半年から8ヵ月かかるという情報がありました。

既に日本で販売しているポルシェと本国のドイツから取り寄せるのとでは納期にも違いが出てくるみたいです。

ポルシェを販売しているディーラーに聞いてみると良いでしょう。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ