三菱新型デリカD:2 ハイブリッドモデル搭載のMGUモーターとは?

三菱新型デリカD:2 ハイブリッドモデル搭載のMGUモーターとは?

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

2017年1月26日、三菱自動車は同社のコンパクトミニバン「デリカD:2」シリーズに新たな車種を投入しました。

それはMGUモーターを搭載した「ハイブリッド」モデル(2代目MB46S型)です。

すでにラインナップされているマイルドハイブリッドモデル(2代目MB36S型)に加えて、

今回発売したハイブリッドモデルを追加し、さらなる燃費性能アップを前面に押し出してきた感じです。

このハイブリッドモデルには3グレードが用意されています。そのグレードと価格は以下になります。

●ハイブリッドSX:2,008,800円

●ハイブリッドSZ ナビパッケージ: 2,282,040円

●カスタム ハイブリッドSV ナビパッケージ:2,312,280円

ちなみにデリカ D:2は、スズキが生産・販売する「ソリオ」のOEM供給モデルなのです。

スズキ ソリオではすでにこのハイブリッド車が発売されていたので、

その流れでデリカ D:2でも登場したと言うわけです。

ここでひとつ気になる言葉があります。

「MGUモーター」というのはどんなものなのでしょうか?

最近ではどの自動車メーカーもハイブリッド車を生産・販売しています。

またそのハイブリッドシステムは各自動車メーカーで大なり小なり違いがあります。

今回は、新登場したデリカ D:2ハイブリッドに搭載されているこの「MGUモーター」を紹介します。

 

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

MGUモーターとは

「MGU」は、Motor Generator Unit(モータージェネレーターユニット)の略で、

2014年のF1から、エンジンのダウンサイジングと合わせて導入された、

エネルギー回生システムERS(Energy-Recovery System)を構成する電気モーター兼発電機構のことです。

これだけ読むとF1からの技術が、今回登場したデリカD:2ハイブリッドにも搭載されたのかと思うのですが、

実は逆で、市販車のハイブリッド技術をF1がエンジンをダウンサイジングするために採用したのです。

それでは、この「MGUモーター」はどういう働きをするのかというと、以下の3つの働きをします。

①ブレーキの減速時の発熱を利用して発電する。(発電機能)

②スターターモーターの機能を備えていて、エンジンをスムーズに再始動します。(スターターモーター機能)

③加速時にモーターでアシストします。(モーターアシスト機能)

今まで熱として捨てていたブレーキのエネルギーを電気として蓄電池に蓄えるので無駄がなく、

発進時はエンジンを使わずこのモーターだけで発進が出来るので凄く静かで、

加速するときにはエンジンの力だけでなくこのモーターも一緒になって動くので燃費が良くなる、

ということです。

確かにブレーキって凄く熱くなるんですよね。今まではそれを有効利用していなかったし、

そんな概念も無かったですからね。

しかし誰かが、その熱を捨てるのではなくエネルギー変換をして使えないかと考えた結果、

具現化されたのがこのMGUモーターなのです。

捨てていたエネルギーを電気として蓄えて、そのエネルギーでモーターを駆動し、

発進や加速をアシストすることで、ガソリン消費を抑える。凄く賢い機能だと思います。

デリカ D:2ハイブリッドのメカニズム

実際、どんな風になっているのか見てみましょう。

1.駆動用モーター

2.減速機

3.5MAT

4.パワーパック

1.駆動用モーター:低回転からエンジンをアシストし、力強い発進・加速を実現し、燃費も向上させます。

2.減速機:駆動用モーターのトルクを増幅させ、駆動軸に伝え、タイヤを力強く駆動させます。

3.5MAT:マニュアルトランスミッションのシフトとクラッチ操作を自動で行い、

オートマと同様の運転操作なのに、マニュアルのようなキビキビした走りを実現しています。

4.パワーパック:駆動用モーターに電力を供給しながら減速エネルギーを利用して、

駆動用モーターで発電した電気を充電します。

デリカ D:2ハイブリッドとマイルドハイブリッドの違い

デリカD:2にはすでにマイルドハイブリッド車(2代目MB36S型)がラインナップされていました。

では、今回発売されたハイブリッド(2代目MB36S型)とマイルドハイブリッドは何が違うのでしょうか?

簡単に端的に言いますと、

ハイブリッド:エンジンのアシストだけでなく、モーター単体で走行が可能

マイルドハイブリッド:モーター単体では走行不可能で、エンジンのアシスト機能にとどまる

ですので、今回のデリカ D:2ハイブリッドは走り出しがすごく静かです。

MGUモーター搭載のデリカ D:2ハイブリッドの燃費は?

ハイブリッド車で一番重要で気になる性能がやはり燃費です。

どれだけの燃費性能があるのでしょうか?

先ほどのマイルドハイブリッドと比較してみましょう。

ハイブリッド:32.0km/L

マイルドハイブリッド:27.8km/L

※数値は三菱自動車HPより

MGUモーター搭載のデリカ D:2ハイブリッドの方が燃費も優れています。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ