トヨタC-HRの値引き相場・おススメ交渉ポイント!

トヨタC-HRの値引き相場・おススメ交渉ポイント!

その先鋭的でスタイリッシュなデザインで2014年パリモーターショーで注目を集めたクロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)のコンセプトモデル、それがトヨタ「C-HR Concept」です。

翌2015年のフランクフルト・モーターショーでは、さらに市販車に近い形で「C-HR Concept」が公開されました。もちろんSUVなのにクーペのようなスタイリッシュさとアグレッシブさを兼ね備えたデザインはそのままです。

このデザインのままの市販化はないだろうと思われていましたが、ついに2016年12月ほぼそのままの姿でデビューすることが決定しました。

C-HRは2016年12月14日(水)から国内販売を開始しました。

2016年1月にはニュルブリンク24時間レースにも参戦し、初参戦ながらクラス3位で完走し、その走りの実力にも注目です。

そんな期待の高まるトヨタC-HRですが、C-HRを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またC-HRのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

出典:http://toyota.jp

トヨタC-HR他のおススメ記事

>>>トヨタC-HRの人気色ランキング公開!リセールバリューを高めるカラーリング

>>>トヨタC-HR 口コミ・評価から分かる欠点、後方視界に課題有?

>>>トヨタC-HRには純正ナビ?それとも社外ナビ?アルパインはいいの?

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

C-HRの値引き相場

販売直後の新車種の値引き相場は5万円~10万円が一般的です。

少なくとも予約購入や2016年度内の購入について大幅な値引きは期待出来ません。

C-HRをすぐに購入したいけれども値引きを諦められない方は、今乗っている車の査定(車買取業者の査定やオークション)の買取価格アップを狙った方が確実な値引き効果を得られます。

販売後、数カ月を経過すると2017年2月~3月の決算期を迎えるため、値下げ幅アップが期待出来ます。

C-HRの限界値引き額(予測)は20万円です。

値引き相場(予測)は5万円から20万円です。

販売後、数カ月後には3月~4月の決算時期を迎えます。

この時期ディーラーは予算達成に向けて売上確保のモチベーションが相当高まっていますので、数カ月後には値引きを得られる可能性が相当高まります。

またトヨタCH-Rと同じ価格帯でライバルとなる車種はかなり値引きを行っていますので、それらと対抗してCH-Rも同様に値引額が大幅になる可能性が高いです。

具体的にライバルとなる車種と現状の値引き相場は以下の通りです。

車種 値引き相場
スバル フォレスター 10万円から30万円
ニッサン エクストレイル 10万円から30万円
ホンダヴィゼル 10万円から30万円
マツダ CX-5 10万円から40万円

また購入時に値引きと同様に気になるのは将来の下取り価格です。

CH-Rの含まれるSUVクラスは元々、悪路の走破を目的としたオフロード対応の4WDでした。

この数年間の傾向で、大径のタイヤ等個性的な外観が注目され、国内外でシティ派SUVの人気が高まっています。

CH-Rの中古車も将来的に輸出される可能性が高く、下取り価格は高く設定される見込みです。

出典:http://toyota.jp

C-HRのグレード(販売価格及び仕様)

出典:http://toyota.jp

C-HRは4種類のグレードに分かれています。

  • グレード「S」は基本プランです。
  • グレード「G」は上位グレードです。具体的には自動防眩インナーミラー、オートワイパー(雨滴感応式)、室内イルミネーション、ナノイー等が付属しており、更にシートを本革仕様に変更、寒冷地仕様へ変更等追加オプションを設定可能です。
  • 各グレードでガソリン仕様とハイブリッド仕様を選択できます。グレードの「-t」はガソリン仕様を意味します。
  • グレード「S」で、ガソリン車は250万、ハイブリッド車は247万とほぼ同額です。
グレード 駆動方式 トランスミッション 燃費

(km/l)

最高出力

(PS)

最大トルク

(kgf・m)

価格(円)
S-t (ガソリン) AWD Super CVT-i電気式無段変速 22.0(予測) 116PS/5,200~5,600回転 18.9kgf.m/1,500~4,000回転 250万円
G-t (ガソリン) AWD Super CVT-i電気式無段変速 22.0(予測) 116PS/5,200~5,600回転 18.9kgf.m/1,500~4,000回転 277万円
S (ハイブリッド) FF 電気式無段変速 35.0(予測) 98PS/5,200回転

(72PS)

14.5kgf.m/3,600回転

(16.6kgf.m)

246万円
G (ハイブリッド) FF 電気式無段変速 35.0(予測) 98PS/5,200回転

(72PS)

14.5kgf.m/3,600

(16.6kgf.m)

290万円

C-HRの基本スペックの特徴(走行性能等)

出典:http://toyota.jp

走行性能

SUVタイプが想定した2名~4名で乗車した長距離移動するニーズを満たした快適な走行性能を発揮します。

日常的な買い物や通勤に利用する分には問題ありませんが、留意すべき点もあります。

  • エンジンの動力性能(ガソリン)は最高出力は116馬力(5,200回転~5,600回転)の最大トルクは18.9kg-m(1,500回転~4,000回転)で、SUVの標準的なエンジンを搭載しています。具体的にはスバルフォレスターは109馬力の最大トルクは20.0kg-m、ニッサン エクストレイルは108馬力の最大トルクは21.1kg-mのエンジンを搭載しています。
  • 車体は全長4,360mm/全幅1,795mm/全高1,550mmとSUVでは標準的なサイズですが、小さい訳でもないので立体駐車場での取り回しは少し大変です。
  • 車体重量1,715kg~1,745kgと比較的重いですが、重心は高く峠道等勾配のある道の移動には向きません。
  • 新型のプリウスと同じトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)と呼ばれる次世代プラットフォーム(車体骨格)を採用し、高い操縦安定性や快適な乗り心地を発揮するよう設計されています。CH-Rは2016年のニュルブリンク24時間レースに初参加でクラス3位という結果を残しています。

燃費

CH-Rの燃費は、2016年11月13日時点では未発表です。

トヨタの他車種やライバル車の燃費性能を踏まえ、CH-R(ガソリン仕様)で22.0km/l、CH-R(ハイブリッド仕様)35.0km/l程度になるのではないかと推測されます。

  • ライバル車となりうる車はスバルフォレスター、ニッサンエクストレイル、ホンダヴィゼル等ですがこれらの車種と比較すると非常に燃費が良いです。具体的にはスバルフォレスター13.4~16.0km/l、ニッサンエクストレイル 15.6~16.4km/l、ホンダヴィゼル 19.0~26.0kmです。

安全性能

まだ詳細は発表されていませんが、新型のプリウスと同様のトヨタ先進安全装備「Toyota Safety Sense P」が搭載されるものと予想されます。「Toyota Safety Sense P」は歩行者検知機能付きの自動ブレーキシステムや、車線逸脱防止、前方車と一定の距離を保って追随する機能などの衝突回避支援パッケージです。

エクステリアデザイン

ほぼコンセプトモデルそのままのデザインは「センシュアル・スピード-クロス」がコンセプト。センシュアルとは直訳すると「肉感的」「官能的」。その言葉の意味通りに色気のあるダイナミックなデザインとなっています。またダイヤモンドをモチーフにした、5ドアにも関わらず、一見2ドアのクーペに見えるプロポーションもスタイリッシュで都会的なスペシャリティ感を感じさせます。

最新トヨタ車のデザイントレンドである知的で明晰な印象を与えるキーンルックや、開口部が車両下まで開いた台形グリルが特徴のアンダープライオリティなども取り入れて、鋭く力強いフロントマスクを表現しています。

C-HRの基本スペックの特徴(外装)

 

高級感あふれる内装デザイン

C-HRの外装は、「センシュアル スピード・クロス」をコンセプトとしておりSUVのスピード感溢れるボディが魅力的です。

toyota-c-hr-02

一方で内装のコンセプトは、「センシュアル・テック」
直訳すれば、「官能的でハイテク」
その名の通り、大人感溢れる高級デザインに仕上がっています。

%e9%81%8b%e8%bb%a2%e5%b8%ad

単なるSUV車というよりは、全体的に統一感のある高級車のようなインテリア
前方は低くまとめられ、運転席からの見通しも抜群!
高級なデザインだけでなく、快適なドライブ空間が確保されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-3-06-03

運転席や助手席は広々とした空間で、
座席シートはフルレザーで、座り心地の快適さも写真だけで十分伝わってきますね。
ブラウンとグレーで統一された色合いもオシャレです。
まだ標準装備かどうかは分かりませんが、シートヒーター機能がついている可能性も大!

interior_bg1

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-3-02-26

ハンドル、メーター、エアコン、オーディオ機器など、ダッシュボード付近もブラウンとグレーで統一され、かなりスタイリッシュ。
エアコン周りのピアノブラックパネルもクールな仕上がりですね。
吹き出し口はシルバー加飾もされ、オシャレな高級感もさりげなく演出されています。

%ef%bc%94%e7%aa%93

メーターフードやダッシュボード上部など、
手の触れる場所は全てソフトパッドで、質感も最高。
左右、ドリンクホルダーに青い光が点灯し、幻想的な空間が広がります。

洗練されたスペック

 

オシャレだけでなく、スペックも最高級なC-HR。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-3-01-10

左右非対称のダッシュボードは、個性的でシンプルにまとまっています。
8インチのタッチスクリーンはわずかに運転席に傾けられ、
ドライバーの快適さが追求されているのがよくわかります。
エアコンのスイッチは少なめで、非常にわかりやすく整理されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-16-59-35

ホイールも滑らかな触り心地が期待できます。
ステアリングホイールには、ステアリングスイッチ類も装備。

メーター周囲も、座席左右に広がるブルーライトと同じようにライトアップ。
メーター針のライトアップもまた幻想的で魅力なポイントの一つ。
中央にはマルチインフォメーションディスプレイが備わっています。

無駄のないサイズ

performance_bg

ボディ全体のサイズは、
全長4,350mm × 全幅1,795mm × 全高1,555mm
と大きめですが、室内長は

室内長1,800mm × 室内幅1,455mm × 室内高1,210mm
とやや小さめになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-3-06-22

ボディ全体のデザインが優先されているために室内サイズがコンパクトになったと思われますが、後部座席も狭苦しさを感じさせない広々とした空間が確保されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-3-06-41

また、リアシートは分割可倒式で、後部座席が綺麗に折りたたまれる仕組みです。
トランクの許容量はまだ公開されていませんが、約370リットルほどではないかと言われています。

これだけのデザインで荷物の積載量も十分確保されていれば、遠出のドライブにも問題なさそうですね。

気になるあのブレーキ機能も?

さらに、トヨタ高級車のクラウンや、新型プリウスですらまだ採用していない電動式パーキングブレーキが採用されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-3-05-14

信号などで停止した際にブレーキペダルから足を離してもブレーキが保持される「オートホールド」機能まで搭載されています。

ライバル車種との比較

出典:http://toyota.jp

SUVクラスの特徴

C-HRはSUVクラスに分類されます。

SUVとはスポーツ・ユーティリティ・ビークル(英語: Sport Utility Vehicle)の略称で、スポーツ用多目的車という意味です。

SUVはもともと悪路の走破を目的としたオフロード4DWでしたが、近年、大径のタイヤ等個性的な外観が注目を浴びています。

SUVの外観の特徴は、下側は大径のタイヤで力強く、上側は5ドアハッチバックやワゴンと同じ形状で、カッコよさと実用性を実現しています。

SUVのメリット

  • ボディの上側は5ドアハッチバックやワゴンと同じ形状なので車内は広く、荷物も積み込みやすいです。
  • 最低地上高に余裕があり、4WDであれば雪道や山道等悪路でも走破出来、アウトドアスポーツと相性が良いです。
  • フロントマスクに厚みがあり、大径のタイヤと合わせて迫力のある外観です。

SUVのデメリット

  • Lサイズの車種が多く、他のクラスと比較して競争は激しくないので、高めの値段設定です。他車種と比較したい場合は、車種の多いミニバンと比較すると値引きを得やすいです。
  • 背の高い車種が多く、立体駐車場には駐車しにくいです。

C-HRのライバル車種

C-HRのライバル車種はスバルフォレスター、ホンダ・ヴェゼル、ニッサンエクストレイル等となります。

スバルフォレスター、ホンダ・ヴェゼル、ニッサンエクストレイルの主要な仕様を比較しました。

 トヨタ C-HR スバル フォレスター ニッサン エクストレイル ホンダ  ヴェゼル
車両価格 2,460,000円~2,900,000円 2,149,200円~3,128,760円 2,238,840円~2,985,120円  1,920,000円~2,886,000円
燃費  22.0~35.0km/l(予測) 13.4~16.0km/l 15.6~16.4km/l  19.0~26.0km/l
値引き予想額 5万円から50万円 10万円から30万円 10万円から30万円  10万~30万
発売年月日  2016年12月 2012年11月 2013年12月  2013年12月

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

主要諸元・エンジン諸元(トヨタ C-HR / ホンダ ヴェゼル/ マツダ CX-3)

C-HR販売前の段階で、SUVクラスで最も販売されているのはホンダ ヴェゼルです。

ホンダヴェゼル、マツダCX-3の主要諸元をまとめました。

FF比較(トヨタ C-HR / ホンダ ヴェゼル/ マツダ CX-3)

C-HRの日本仕様は1.8ℓハイブリッドと1.2ℓ直噴ターボの2タイプを販売予定です。

残念ながらターボは6MTの設定はなく、CVTだけです。

車名   トヨタ C-HR ホンダ ヴェゼル マツダ CX-3
グレード S/G Hybrid Z Honda Sensing XD
全長×全幅×全高(mm) 4,360×1,795×1,550 4,295×1,770×1,605 4,275×1,765×1,550
ホイールベース(mm) 2,640 2,610 2,570
エンジン種類 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(cc) 1,797 1,496 1,498
エンジン最高出力(PS)/ 最大トルク(rpm) 98/14.5 132/15.9 105/27.5
モーター最高出力(kW)/最大トルク(Nm) 未公表 22/160
駆動方式 FF FF FF
トランスミッション 電気式CVT 7DCT(7AT) 6ATまたは6MT
室内長×室内幅×室内高(mm) 1,800×1,455×1,210 1,930×1,485×1,265 1,810×1,435×1,210
サスペンション(前) ストラット式 マクファーソン式 マクファーソン式
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン式 車軸式 トーションビーム式
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク ディスク ディスク

4WD比較(トヨタ C-HR / ホンダ ヴェゼル/ マツダ CX-3)

車名   トヨタ C-HR ホンダ ヴェゼル マツダ CX-3
グレード S-T/G-T RS Honda Sensing・4WD XD L Packkage・4WD
全長×全幅×全高(mm) 4,360×1,795×1,565 4,305×1,790×1,605 4,275×1,765×1,550
ホイールベース(mm) 2,640 2,610 2,570
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(cc) 1,196 1,496 1,498
エンジン最高出力(PS)/ 最大トルク(rpm) 116/18.9 131/15.8 105/27.5
モーター最高出力(kW)/最大トルク(Nm)
駆動方式 4WD 4WD 4WD
トランスミッション CVT CVT 6ATまたは6MT
室内長×室内幅×室内高(mm) 1,800×1,455×1,210 1,930×1,485×1,265 1,810×1,435×1,210
サスペンション(前) ストラット式 マクファーソン式 マクファーソン式
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン式 車軸式 トーションビーム式
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク ディスク ディスク

トヨタ C-HRの主な装備

トヨタC-HRの主な装備は以下の通りです。

  • 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ
  • 全車速追従機能付のレーダークルーズコントロール
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム
  • 衝突回避支援パッケージ(トヨタ・セーフティ・センスP)
  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • クリアランスソナー&バックソナー等

ホンダ ヴィゼルの主な装備

ホンダヴィゼルの主な装備は以下の通りです。

  • 215/50R16タイヤ&アルミホイール
  • LEDヘッドライト
  • 衝突軽減ブレーキ
  • フォグライト
  • クルーズコントロール
  • 電気格納式リモコンカラードドアミラー(LEDウィンカー付)
  • VSA
  • エマージェンシーストップシグナル
  • アイドリングストップシステム

マツダ CX-3の主な装備

マツダ CX-3の主な装備は以下の通りです。

  • 215/50R18タイヤ&アルミホイール
  • カーテン&フロントサイドSRSエアバッグシステム
  • スマートシティブレーキサポート&AT誤発信抑制制御
  • クルーズコントロール
  • LEDヘッドランプ
  • LEDドアミラーウィンカー
  • バックガイドモニター
  • 7インチWVGAセンターディスプレイ&コマンダーコントロール

トヨタ  C-HRの値引きの交渉術

ディーラーと交渉を進めるにあたって押さえておきたいポイントが幾つかあります。

単純に値引きをしてくれといっても、ディーラーの営業担当者はなんども同じ交渉を経験しています。

以下、営業担当者として値引きを検討する必要があるポイントを記載しました。

ライバル車と競合させる

購入を検討している車種とライバルの車種の値段、値引き情報を集めて、悩んでいるフリをしましょう。

例えば

「購入しようとして、C-HRにするかスバル フォレスターにするか悩んでいる。

ある代理店に話をしたところ、提示価格X円、値引き額Y円で、こちらより値引きが大きい。

※ポイントとして、上記の提示価格、値引き額の根拠として他社の金額確認を予め準備しておく必要があります。

「妻が悩んでいる。

XやY等の機能をオプションとしてつけた状態で、Z円という提示価格。

個人的にはデザインや使い勝手が良いのでC-HRを購入したい。

妻を説得するため、C-HRの値引きをしてもらいたい。」

※ポイントとしては奥さんと話を合わせておく必要があります。

販売店同士で競合させる

ディーラーから新車を購入しようと思った場合、当然ですがどこのディーラーから購入するのも自由です。

トヨタのホームページから周辺の販売店を検索することが出来ます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

出典:http://toyota.jp

という異なる会社が表示されます。

車を販売している会社はメーカーが100%出資(あるいはほぼ100%)している直営ディーラーと、オーナーディーラー(基本的にメーカーは出資しておらず、専売契約を締結)しているパターンに分かれます。

同じ車種を扱っているとしても経営主体が異なるため、それぞれ競合させることは可能です。

(勿論、お互いに値引きの幅は理解しているので極端な値引きは期待できない場合もありますが、確実な値引きラインを把握するためには有用です。)

購入時期に注意

より値引きを得たいのであればディーラーと交渉する時期も重要です。

値引きを得られる買う時期は

・年度末の決算期

・夏冬ボーナス時期

・年末年始

です。特にディーラーとして売上目標達成のために高いプレッシャーがかかるのは年度末の決算期です。

(留意点として、もしそのメーカーやディーラーで何か爆発的に売れている車種がある場合、年度末の予算達成に向けてそれほど売上拡大のプレッシャーが高まらない可能性があります。)

更に安く購入するための方法

新車を値引きして購入するためには様々な情報を収集し、ディーラーと交渉をする必要があります。

しかし、実はこの方法以外に、インターネットで簡単に値引きと同等のメリットを得る方法があります。

その方法とは、下取り車を高く売るということです。

現在利用している愛車を高く下取りしてもらうことが出来れば、純粋に手持ちに入るお金が増え、値引き以上の効果を得られます。

注意しなければならないのはディーラーではなく、ガリバー、アップル、カーセブン等の買取専門店やオークション経由で中古車販売店に売ることです。

よりお得な見積もりを取得するおススメ方法は以下の通りです。

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

 

トヨタC-HR他のおススメ記事

>>>トヨタC-HRの人気色ランキング公開!リセールバリューを高めるカラーリング

>>>トヨタC-HR 口コミ・評価から分かる欠点、後方視界に課題有?

>>>トヨタC-HRには純正ナビ?それとも社外ナビ?アルパインはいいの?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ