ラバーディップの値段や耐久性!愛車に塗って着せ替えできる?

ラバーディップの値段や耐久性!愛車に塗って着せ替えできる?

カスタムカーを所持している中で誰もがやってみたいのが「愛車の塗装」。

「愛車に自分らしさ全開のカラーリングを施して目立ちたい!だけど相当お金もかかりそう…」とか「愛車を全塗装してみたい!けどお金もかかるし、また戻したくなったらどうしよう…」と愛車の塗装に踏み出せないドライバーの方もたくさんいると思います。

そんなドライバーの方のために、アメリカで流行している「ラバーディップ」を紹介します。

このコストパフォーマンスが高いラバーディップを使えば、これまでの塗装に関する常識が思いっきり変わりますよ。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ラバーディップって何?

出典:http://rubberdip.jp

車のボディに塗装する面にペーパーを貼る「足付け」などの下地処理をせずに塗装が可能となり、その塗装を綺麗に剥がすことが出来るという革新的な塗装スタイルです。

「塗装したいけども値段が気になって行動に移せない…」と思う方はもちろん、レーシングカーみたいなカラーリング、お手入れが難しいマッドブラックもこのラバーディップがあれば簡単に実現出来るのです。

ラバーディップの値段は?

ラバーディップの値段は10,800円から41,040円です。

ちなみに全塗装した場合のお値段は100,000円以上は確実にかかり、車種によっては400,000円近くかかる場合もあります。

そういった値段の面を考えるとラバーディップは全塗装の1/40の価格で全塗装と変わらないカラーリングを可能にし、尚且つスピーディーに施せるというコストパフォーマンスの高いアイテムなんです。

耐久性はどれくらい?

これだけw値段が安くてコストパフォーマンスが高くても「値段が安いから耐久性は低いんじゃないの?」と不安視する人も中にはいますよね。

こちらのマツダ デミオは沖縄県に住んでいる投稿者が所有しているデミオです。

強い紫外線や長時間の野外駐車、ガソリンスタンドの洗車機による摩擦、台風による暴風雨、そして潮風という沖縄の気候特有の自然現象を受けたラバーディップはどれくらいの耐久性があるのか気になりますね。

そして、「耐久性が低そう」という不安は一気に解消してくれました。

出典:https://youtu.be/HKdQJMwgFvk

変化が激しく、台風や暴風雨が多い沖縄の気候の中でも、これだけ綺麗でツヤのある状態を保っていられるのは本当にびっくりです。

そしてラバーディップを剥がした後もラバーディップを塗る前の状態と何も変わらない状態で綺麗に輝いており、ラバーディップの耐久性がいかに優れているかを証明していますね。

ちなみにラバーディップの耐久年数は2年から3年です。

しかし、これだけ安い値段で2、3年も長持ちするのは本当にすごいとしか言い様がありません。

自信を持ってオススメ出来ますね。

DIYで施工するときの手順・剥がし方

「これだけお手軽ならば、施工も自分で出来るはず!」と思ってDIYに挑戦してみたい人も中にはいるはずです。

そんな方のためにもラバーディップをDIYで施工する方法(オールペン、ライン)、そしてラバーディップを剥がす方法を紹介します。

オールペン編

1.洗車した後に脱脂作業を余すとこなく行います。

2.マスキングを施します。

3.バラ吹きを数回行った後、エッジの部分から塗装を開始します。

4.ミディアムウェットで4〜5コートを行います。

5.完成しました。オールペンもここまで綺麗に仕上がるんです。

 

ラバーディップでの塗装(ライン編)

1.オールペンと同様、脱脂作業を余すとこなく行います

2.マスキングを施します。ここまではオールペンと共通作業になります。

3.蛍光ピンクで塗装します。

 

4.塗料を全て乾かさずに、半乾きの状態でラインテープをはがします。

5.そしてラインの部分を乾かせば完成です。ラインが入ればかっこよさが一段と際立ちますね。

 

 

 

 

 

 

「ラインかっこいいけど、ライン塗装を施してからだいぶ時間が経つし、ラインにもう飽きた!」という方もご安心を。

ラバーディップの最大の特徴は「簡単に塗装出来て、簡単に剥がせる」というポイント。

こんな風にあっという間に剥がすことが出来るんです。

今までの塗装にはない、嬉しいポイントですね。

続いてはラバーディップで塗装した場合の剥がし方を説明していきます。

ラバーディップの剥がし方

1.爪やゴムのヘラを使用して端から丁寧に剥がしていきます。

2.細かい部分も傷をつけないように剥がしていきましょう。

3.半分剥がした写真がこちらです。綺麗に剥がせてますね。

4.ゴムヘラで丁寧に、そして綺麗に剥がしていきます

5.ブラシを使用してミストを掃除します。隙間のような細かいところはシリコンオフやパーツクリーナーを使用して溶かしていきましょう。

6.そしてラバーディップの剥がしは終わりました。綺麗に剥がれてますね。

以上が、ラバーディップの剥がし方になります。車体を傷つけることなく綺麗に剥がすことが出来て、塗装も比較的簡単に出来るラバーディップは本当に買って損はなく、カスタムカーが好きな方はチェックしておくべきアイテムです。

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ