ホンダ新型シビック タイプR FC型 最新情報!スペック、サイズ、価格、燃費、発売日!

ホンダ新型シビック タイプR FC型 最新情報!スペック、サイズ、価格、燃費、発売日!

出典:http://autoc-one.jp

ホンダを代表するスポーツカー、「シビック タイプR」が2016年9月29日に開催されたパリのモーターショーで「シビック タイプR コンセプト」として披露されました。

そして日本でも2017年1月13日〜15日まで幕張メッセで開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2017」で発売されることが正式に発表されました。

この発表はホンダファンだけでなく、車好きを驚かせ注目を集めました。

そこで今回は新型「シビック タイプR」についての予測や想像を交えながら「シビック タイプR」について紹介していきます。

シビックタイプRってどんな車?

出典:http://www.carsensor.net

「シビックタイプR」は1997年に発売されたホンダ「シビック」のスポーツモデルです。

1972年にホンダから発売された「シビック」の3ドアハッチバックモデルにホンダのスポーツカーの最上級モデルの称号「タイプR」を与えたモデルが1997年のEK9から追加されました。

その後も「シビック タイプR」は発売されていきましたが、初代タイプRのEK9 シビックは発売から20年経った現在でも根強い人気があります。

そして2015年12月7日に新型「シビック タイプR」が限定750台で発売され、瞬く間に完売しました。

それくらい人気のあるホンダを代表するスポーツカーでもあります。

新型シビックタイプRのデザインはワイルド?

出典:http://car-moby.jp

こちらがパリのモーターショーで発表された新型「シビック タイプR」です。

走る事を追求したかのような攻撃的でキレのあるデザインで前作よりも激しさのある印象です。

そして、前作の「シビック タイプR」はこちらです。

フロントランプの鋭さも前作より鋭くなりました。

さらに新型「シビック タイプR」には前作にはなかったフロントスプリッター、サイドウイング、リアディフューザー部分のリアウイングが追加され、全体的にワイルド感が増しており、もはや「地上の戦闘機」とも呼んでもおかしくないくらいのカッコ良いデザインになっています。

新型シビック タイプRのスペックはランエボやWRX STIと張り合えるかも?

出典:https://carnny.jp

新型シビックタイプRのスペックに関してはパリのモーターショーでも東京オートサロンでも発表されておらず、不明な状態です。

しかし、確実に言えるのは「前作のシビック タイプRよりも確実に性能がアップしている」ということです。

前作のシビック タイプRのスペックを参考に新型シビックタイプRのスペックを予測してみましょう。

シビック タイプR(現行モデル)のスペック

エンジン:直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」

エンジン

最高出力:310ps

最大トルク:40.0kgf・m

0-100km/h 加速:5.7秒

最高時速:270km/h

現行モデルのスペックを見てみると、これだけスペックが高ければ十分じゃないかと思ってしまうくらいのスペックの高さですね。

現行型のスペックよりも高くなるということは新型シビック タイプRは以下のようなスペックになるということでしょうか。

最高出力:350ps

最大トルク:45.0kgf・m

0-100km/h 加速:5秒

最高時速:300km/h

私の予測したスペックになりますが、現行型より性能が良い事は間違いありません。

ちなみに0-100km/hで5秒台を記録している車はスバル「WRX STI」、三菱「ランサーエボリューションX」、ホンダ「S2000」があります。

特に「WRX STI」、「ランサーエボリューションX」はハイパワー4WDの代名詞とも言える存在で、その速さはWRCなどで証明されているくらい速い車です。

それらと肩を並べるくらいの性能を持ち合わせた車であることを考えたらワクワクしますね。

新型シビックタイプRの車体サイズは?

新型シビックタイプRのサイズはロードクリアランスが20mm下がり125mmから105mmへ。

全長は130mm拡大し、4390mmから4520mmへとサイズアップ。

全幅も20mm拡大し、1900mmと大きくなりました。

ボディの外観からも分かるように全体的なサイズアップが施されていますね。

新型シビックタイプRの価格は?

新型シビックタイプRの価格は発表時には公表されませんでしたが、4,000,000〜5,000,000円台だと予想されています。

現行型のシビック タイプRは428万円でした。

ですが、これはホンダファンに大してのサービス価格だとか誤算による赤字価格など様々な憶測が飛び交っています。新型の値段も気になるところですね。

燃費はどのくらい?

パリのモーターショーと東京オートサロンでの発表では公表されませんでしたが、燃費は現行モデルの16.5km/Lと同等の燃費か、それを上回る17km/L程度の燃費が予想されます。

発売はいつ?

ホンダの日本本部長の寺谷公良執行役員は2017年夏頃の発売を発表しました。

ハッチバック、セダン、タイプRの3形態のグレードも同時期に発売されると予測されています。

台数限定ではなくカタログモデルとしての販売になるので、前回買えなかった方も買うことが可能になりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ