スマボ(SMAVO)はお得?料金や保険、サービスを他社(オリックス)と徹底比較!

出典:http://www.volvocars.com/

今乗っている車が今年に車検があり、もう9年も乗っているので、

そろそろ乗換を考えようかと思っていたときに見ていたテレビに「スマボ(SMAVO)」というCMが流れていました。

ボルボを買うぞ!と思っていた訳ではないのですが、

もしお得にボルボが買えるなら次に買う車選びの選択肢にしようかなと思い調べてみました。

スマボ(SMAVO)というのは全くの造語で「スマートにボルボに乗れる」という言葉を略したものです。

多分スマホと文字が似ているのでそうしたのかなと思いますが、真相は定かではありません。

それはさておき、私と違って「ボルボに乗りたい!」と思っている方には朗報かも知れません。

本当に朗報なのかどうなのか、ちょっと調べてみたのでご報告いたします。

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スマボ(SMAVO)とは

ボルボに限りませんが、車を購入する場合いくつかの購入パターンがあります。

1.現金一括で購入

2.ローンを組んで分割払いで購入

3.残価設定型で分割払いで購入

上記のパターンで大体は2のパターンだと思います。お金があるかたは1のパターンでしょう。

しかし、数年前から3のパターンが出てきて徐々にその活用者が増えてきています。

トヨタさんがやり出した辺りから増えてきたように思います。

このスマボ(SMAVO)も大体は同じで3のパターンになります。

このスマボ(SMAVO)は、車体価格をはじめ、諸費用、税金、保険、メンテナンス代などの支払い金額が全てコミコミで毎月均等になっており、

通常にローンを組んで支払うより月々の金額負担を抑えられるという「おまとめ定額制プラン」というのが特徴です。

スマボ(SMAVO)のメリット

ボルボさんが提唱しているスマボ(SMAVO)の具体的メリットは

①頭金0円でボルボに乗れる!

②月々のお支払いは定額で安心!

③ぜんぶコミコミ!

④わずらわしさナシ!

⑤3年後には新車に乗り換え可能!

これだけ見ると今までは外国車で価格も高く敷居が高かったのが、

なんか自分でも買えるんじゃないかと思えますよね。

頭金をわざわざ貯めなくてもいいし、

購入時の諸費用や毎年の税金や保険をいちいち考えなくてもいいし、その都度お金を用意して払わなくてもいいし、

3年後にはまた新しいボルボに乗り換えることが出来るのですから。

また、月々の支払い額もローンを組んで支払う額よりも低くなるため、月々の金額負担も軽減できます。

例)ボルボV40 T3 Kinetic 3,390,000円の場合

アクティブローン(均等払い)37回:月々67,500円

スマボ(SMAVO):月々61,344円

と毎月約6000円の負担軽減となります。

まさに

「すぐにボルボに乗りたくて、面倒なことは一切したくなくて、3年もしくは4年ごとに新車のボルボに乗るんだ!」

という人にとってはメリットかも知れませんね。

メリットかも、と表現したのは、デメリットと思われることもあるからです。

 スマボ(SMAVO)のデメリット

では、スマボ(SMAVO)でボルボを購入した場合の具体的なデメリットは

①車を傷つけてしまったり、車内を汚してしまった場合は追加金が必要となる。

②決められた走行距離以上走るとオーバーした距離に応じて追加金が必要となる。

③社外品パーツを自分の好き勝手に取り付けられない。

④所有感が沸かない。

となります。

結構車を走らせる方、あまり運転がうまくない家族の人も運転するご家庭の方、

車をドレスアップしたい方、この車は私の車だと思いたい方にはデメリットとなるでしょう。

他社の似た残価設定パターン

今は日本国内メーカー各社でも残価設定での購入方法は出てきています。

トヨタさんが最初でした。

メーカーではないところで有名なのは「オリックス」さんではないでしょうか。

では、オリックスさんはどんな感じでしょうか。

オリックス カーリース

オリックスさんのプランも基本的には同じなのですが、複数のプランが用意されています。

1.いまのりくん

5年契約で好きな新車に乗って、契約開始後2年経過したら自由に乗り換えや返却ができるプラン。

2~3年で車を乗り換えたい方、一定期間だけ車が必要な方にオススメしています。

2.いまのりセブン

7年契約で好きな新車に乗って、5年経過以降は自由に乗り換えも返却もできるプラン。

最後はクルマを自分のモノにするか、返却してキャッシュバックを受けるか選択できます。

3.いまのりナイン

9年契約のカーリースとなります。長く乗ることで、月々のお支払いはプランの中で一番抑えられます。

7年経過以降は自由に乗り換えも返却もできます。また、契約満了後はクルマが自分のモノになります。

オリックスのカーリースもスマボ(SMAVO)同様に頭金0円(入れるのも可)、諸費用、税金、保険、はコミコミとなっています。

スマボ(SMAVO)とオリックス カーリースを比較、違いは?

基本的な残価設定で車を購入するというパターンは同じですが、ところどころに違いはあります。

スマボ(SMAVO) オリックス

リース

ボルボが買える ×
国産車が買える ×
車検代までコミコミ ×
支払プランが複数ある ×

表で分かりやすく説明するとこうなります。

ボルボを買うんだ!という人で残価設定で購入したいならスマボ(SMAVO)一択です。

ボルボをはじめ外国車は購入できませんが、国産車ならなんでも買える残価設定はオリックスリースです。

またオリックスリースにはプランによっては車検代までコミコミだったり、

支払いプランが複数あるので選択肢が多いです。

ただ、このような内容なのでこの二つを比較する購入者は居ないかと思います。

結論、ボルボをスマートに買うならスマボ(SMAVO)ということになりますね。

このスマボ(SMAVO)は2016年までは車種限定でテスト形式で開始されましたが、

2017年からは全車種に適用になっていますので、去年から比べると選べる車種が全てになった点は、

ボルボ購入者には嬉しい話ではないでしょうか。

新しい購入方法だと思いますし、購入方法の選択枝が増えることは消費者によってはよいことだと思います。

●お金を節約したいなら現金一括購入

●分割払いでもローン金利を極力下げて支払い金額を抑えたいなら頭金+ローンでの購入

●サクッとすぐに手に入れたい、面倒をなくしたいという方は残価設定型

ここから最小限のリスクと最大限のメリットがあると思われる購入方法を選択して欲しいと思います。

 

現在ボルボで一番人気の車種はV40。 V40の魅力、燃費や性能についてまとめました。

>>>ボルボで1番人気はV40!燃費や性能、車種情報まとめ

 

スマボでラインナップされているV40, V60, V70, クロスカントリーの仕様を比較しました。

>>>ボルボの人気車種V40,V60,V70,クロスカントリーを徹底比較(価格・性能・外装・内装)

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ