割安に購入できる不人気高級車! 2017年最新情報

出典:http://kabegami.org/

誰もが人生の中で一度は乗りたいと思う高級車。

だけど値段が高くてそう簡単には購入することが出来ませんね。

低予算でも高級車を手に入れることができる方法があれば、その願いは叶います。

それには、どんな方法があるのでしょうか?

 

その1

不人気→売れない→価格が安くなる、この流れは普遍なので高級車でも不人気なものを選択する。

その2

年式が古く、走行距離が多い物件を選択する。

 

場合によってはそこそこ人気のある車種でも低価格で購入できる場合がある。

この2つのパターンで車選びをすれば、高級車に乗りたいという願いは叶えられます。

そこで、あなたの願いを叶えられる高級車だけど不人気な車たちをご紹介していきたいと思います。

 

不人気な高級車になる理由

不人気な車=ちゃんと走らないというわけではありません。

不人気になる理由はどんなものがあるのでしょうか。

高級車がベースとして考えれば以下のような理由があります。

  • メーカーのネームバリューに高級感がない
  • 値段と車の高級感が合っていない
  • 多くの人にかっこ悪いと思われるデザイン
  • 万人が好まないボディーカラー

などが考えられます。これらを元に願いが叶いそうな高級車の車種を見つけてみましょう。

 

不人気と呼ばれる高級車たち

■メーカーのネームバリューに高級感がない

三菱プラウディア

前期型

後期型

三菱という会社のネームバリューが影響しているのか、

または見た目の印象からか、人気は出ず不人気な高級車となりました。

駆動方式がFFというのもファミリーカーのようで高級感はありません。

不人気のせいか初代はたった1年で生産中止となりました。

しかし、日産からフーガのOEM供給を受けて車名を「プラウディア」とし11年ぶりの復活をしました。

日産フーガはそこそこ人気がありましたが、同じボディをもつプラウディアはそれでも不人気のままでした。

お安くフーガが買えるとプラス思考になればお買い得な一台です。

 

■値段と車の高級感が合っていないパターン

ホンダレジェンド

ホンダといえばF1で有名ですね。

そしてカーラインナップもスポーティーな車が多いです。

そんなメーカーイメージのホンダが発売したレジェンドは、そのメーカーイメージを反映して、

見た目のボディーもスポーティーな感じの作りです。

また駆動方式にも不人気の理由があります。ホンダ車はほとんどがFF方式。

このレジェンドもFFなのです。

高級車の大半はFR方式で、「高級車=FR」のイメージも強いため、

高級車という印象が薄くなりました。

走りや性能は天下のホンダさんが作った車なので文句なしなのですが、

不人気のためお安く手に入れることができます。

■初代は大人気だったが時代とともに不人気へ

日産シーマ

初代のシーマはバブル絶頂期に発売され「シーマ現象」というワードまで生まれました。

そのあと、2代目、3代目と続くのですが、2代目以降は不人気へ。

2代目の時にはライバルである「トヨタレクサス」が大人気で完全に負けました。

初代はその当時ではかなり高級感があったのですが、

2代目以降のデザインはそれほど高級感もなくなったのが不人気の理由でしょう。

 

不人気ではないがお得に高級車を購入できるパターンあり!

不人気な高級車は売れないから売り手は値段を下げてでも売ろうとする。

だから安くお得に高級車を購入することが出来ます。

しかし、高級車を安くお得に購入する方法はこれだけではありません。

型落ち」狙いという方法もあります。

今も新車で売られている人気の高級車の「型落ち」を狙うのです。

その一例をご紹介します。

レクサス IS

レクサスという名前だけで高級感が出ています。

車をあまり知らない人になら、高級車という印象を与えることができる一台です。

ルックスはスポーティーですが、高級感は損なっていません。

だから、そんなに年数が経っていない中古車はまだ値が張ります。

型落ちの年数が経ったレクサスISを狙うのです。

平成17年~19年式なら新車価格の半値かそれ以下の200万円以下のレクサスISを見つけることも可能です。

200万円以下でレクサスのオーナーになれるのは凄く魅力的です。

 

この「型落ち」パターンを活用すれば、実は不人気ではなくてもお得に高級中古車を購入することができます。

さらに不人気という要素も付け加えれば結構お得に購入できます。

高級車といえば、外国車もイメージしますよね。一度は乗ってみたい左ハンドルの高級外車。

憧れますよね。

高級外車でも車種によっては3年落ちで新車価格の半額以下になるような車種もあります。

人気があるメルセデスベンツやBMW、アウディなどではなかなかそうは行かないのですが、

そこまで人気がないレンジローバーやアルファロメオなどでは、そのような中古車を見つけることがあります。

どうしても人気車種が欲しいという場合は、年数が結構経っているもので狙えば可能です。

10年落ちくらいになればベンツのSクラスでも60万以下で買えるものも出てきます。

是非、この方法を活かして欲しい高級車を見つけてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ