低予算で購入できる不人気4WD! 2017年最新情報

出典:http://www.carsensor.net/

夏には海や山、冬にはスキーやスノーボードなどとアウトドア派が選ぶ車は4WD車が多いです。

なぜなら道なき道を走ることもあれば、滑りやすい雪道を走ることもあるからです。

一度4WD車に乗ってしまうと、その安定感からずっと4WD車に乗りたいと思ってしまうのも魅力の一つです。

そんな4WD車でもウィークポイントがあります。

車の4つのタイヤ全部を動かす仕組みにするために2WDの車に比べて、

部品が多くなり車体重量が増え、燃費が悪くなってしまうのがマイナスポイントなのです。

さらに車体価格も2WDよりも高いのです。

購入時にも維持費にも多くのお金が掛かってしまう4WD車。

しかし、そんな魅力的な4WD車を少しでも安く手に入れる方法をご紹介します。

 

ズバリ!不人気な4WD車を狙え!

人気のあるものは、ほって置いても売れるので値段は下がりません。

だから、その逆を行くのです。

「不人気→売れない→値段を下げてでも売る」この流れは当たり前の流れです。

不人気になるのには必ず理由があります。

しかし、その理由があなたにとって目をつぶるような理由であれば、それは凄くお買い得な車になります。

デザインやネームバリューなどを気にしないのであれば、この車選びの方法が一番賢いやり方です。

では、どんな不人気の4WD車があるのでしょうか?

 

低価格で購入できる不人気4WD車ランキング

今回は家族4人(大人2人、子供2人)に適するであろうクラスでランキングします。

5位 三菱 チャレンジャー

当時は流行だった2BOXタイプのボディに大型のタイヤを装着した、

見るからに「4WDだぞ!」とアピールするルックスですが、今ではあまり人気はありません。

エンジンも3.5Lと大型ですが、ボディも重たいので軽快に走らせることは難しいです。

取り回しがしにくいというのも不人気な理由です。

この写真の「チャレンジャー 3.5 X ワイドボディ 4WD」は車体価格49.0万円。

年式/初度登録は平成9年(1997年)で走行距離 10.2万kmです。

4位 スズキ グランドエスクード

エスクードをロングボディにしたのが、この「グランドエスクード」です。

ボディだけでなくエンジンも2.7Lと一クラス上の4WD車として登場しました。

しかし、当時のライバルには勝てず不人気車の仲間入りとなりました。

巷ではあまり見ない4WD車なので、逆に目立ちたい方にはおススメです。

この写真の「グランドエスクード 2.7 4WD」は車体価格55.0万円。

年式/初度登録は平成15年(2003年)で走行距離 5.0万kmです。

3位 日産 テラノ

人気の4WD車「エクストレイル」の先代もでるがこの「日産 テラノ」です。

悪い車ではないのですが、不人気な理由はライバルである「トヨタ ハイラックスサーフ」に色々と負けてしまっていたことです。

特にエクステリアのインパネ回りは「トラックみたい」と不評でした。この当時の日産車はこのテラノに限らず、

ほとんどの車種でエクステリアは不評でした。

この写真の「テラノ 3.3 ワイド R3m-X」は車体価格24.9万円。

年式/初度登録は平成12年(2000年)で走行距離 7.2万kmです。

2位 ホンダ HR-V

若者向けに発売されたホンダ HR-Vです。

個人的には結構好きで、本気で買おうかどうか悩んだくらいでしたが、世間ではそこまで人気はでませんでした。

理由は室内空間がそこまで広くないのです。4WD車に乗る人は荷物も沢山積むことが多いので、

室内やラゲッジスペースが狭いと敬遠されてしまうのです。

この写真の「ホンダ HR-V J4」は車体価格27.8万円。

年式/初度登録は平成13年(2001年)で走行距離 4.1万kmです。

1位 マツダ トリビュート

今は凄く人気があるマツダですが、このトリビュートが出ていた時代はまだマツダは国内メーカーでは、

あまり人気がありませんでした。マツダ車というだけで下取り・買取価格も低かったこともありました。

この写真の「トリビュート 2.3 LX 4WD」は車体価格は19.8万円。

年式/初度登録は平成18年(2006年)で走行距離 15.1万kmです。

出典:http://kakaku.com/

 

不人気車を選ぶときの注意点とデメリット

不人気車を選ぶメリットは性能・機能の割りにお安く買えること。

あまり街で見かけないので人より目立てること(目立ちたい方に限りますが)。

しかし、デメリットや注意点があります。それは・・・

・不人気車なので圧倒的に台数が少ない。

・探すのが大変。

・選択肢が少ないので妥協が必要。

などです。安く4WD車を買おうとしているのですから、それなりの努力は必要になることは理解しておいて下さい。

それだけの努力をして探し当てたときは宝物を見つけたかのように、すごく嬉しい気持ちになると思います。

是非あたなだけの宝物を発掘してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ