スバルフォレスターの値引き相場・おススメ交渉ポイント!

4輪駆動車(スバルではAWDと呼ぶ)では、パイオニア的存在であるメーカーであるスバルを代表する本格的SUVが「フォレスター」です。2012年発売の現行型はすでに4代目となり、スバルの中核をなす人気車種です。

スバル独創の水平対向エンジンと左右対称に配置されたAWDシステムで構成される「シンメトリカルAWD」が他社には無い、バランスの良いオフロード性能を発揮します。

そんなアウトドア派にはたまらない魅力たっぷりのスバルフォレスターですが、フォレスターを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またフォレスターのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

出典:http://www.subaru.jp

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

フォレスターの値引き相場

フォレスターの限界値引き額は50万円です。

値引き相場は10万円から50万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

フォレスターのスペック

出典:http://www.subaru.jp

フォレスターの価格帯

2,149,200円~3,128,760円(税込)

フォレスターのグレード

出典:http://www.subaru.jp

フォレスターは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 2.0i  AWD(常時全輪駆動)リニアトロニック/6MT
2.0ℓ DOHC
148PS/6200回転
20.0kgf・m/4200回転
燃費リニアトロニック:16.0km/ℓ 6MT:13.4km/ℓ
 2.0i-L  AWD(常時全輪駆動)リニアトロニック/6MT
2.0ℓ DOHC
148PS/6200回転
20.0kgf・m/4200回転
燃費リニアトロニック:16.0km/ℓ 6MT:13.4km/ℓ
 2.0i-L EyeSight  AWD(常時全輪駆動)リニアトロニック
2.0ℓ DOHC
148PS/6200回転
20.0kgf・m/4200回転
燃費リニアトロニック:16.0km/ℓ
 X-BREAK  AWD(常時全輪駆動)リニアトロニック
2.0ℓ DOHC
148PS/6200回転
20.0kgf・m/4200回転
燃費リニアトロニック:16.0km/ℓ
 S-Limited  AWD(常時全輪駆動)リニアトロニック
2.0ℓ DOHC
148PS/6200回転
20.0kgf・m/4200回転
燃費リニアトロニック:16.0km/ℓ
2.0XT EyeSight  AWD(常時全輪駆動)リニアトロニック
2.0ℓ DOHC直噴ターボDIT
280PS/5700回転
35.7kgf・m/2000-5600回転
燃費リニアトロニック:13.2km/ℓ

※大きく分けると自然吸気エンジンと直噴ターボエンジンのグレードがあります。
自然吸気エンジンの性能は同じですが、グレードによって標準オプション装備に違いがあります。

フォレスターの特徴(スペック)

出典:http://www.subaru.jp

本格的なSUV性能

余裕の最低地上高220mmと相まって、本格的な悪路走破性を備えています。その一つが「X-MODE」です。「X-MODE」はエンジン・リニアトラック(無段階変速機)・AWDシステム・車体の横滑りを防ぐVDC(ビークル・ダイナミクス・コントロール)を最適に制御して悪路走破性を高めるシステムです。またABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を使った「ヒルディセントコントロール」も装備されているので、雪道や砂利道の下りなど滑りやすい悪い路面でも一定の速度を保ちながら降りることが可能です。

走行性能

スバル独創の水平対向エンジンは一般的な縦型のエンジンと較べて、重心を低く搭載することが出来ます。また水平対向エンジンから4輪駆動のシステム全体を左右対称に配置する「シンメトリカルAWD」を採用しているため、前後左右のバランスにも優れています。そのため車高の高いSUV車でありながら悪路の走行でも、高速道路でも安定した走行性能を発揮します。

2015年10月にはマイナーチェンジでは足回りにも手が入れられ、操縦性、快適性に更に磨きがかかっています。

デザイン

いかにもSUVらしい力強いタフなデザインとなっています。流麗なデザインが増えているクロスオーバーSUV車の中では、シンプルでありながら、がっしりとした頼れる道具感がみなぎっています。2013年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

安全性能

高い評価を得ている運転支援システム「EyeSight」(アイサイト)が標準で装備されるグレードが用意されています。「EyeSight」とは搭載されたステレオカメラにより前方を常時監視することで、必要に応じて自動でブレーキなどの制御を行う安全システムです。

現行型の「EyeSight」はVer.3に進化し、車のブレーキランプや、白線やガードレール、歩行者や自転車までを認識することができ、自動ブレーキに加えて、ステアリング操作のアシストや誤後進の防止までも行うことができます。

また「EyeSight」のカメラで前方車両を認識することで、自動でハイビームの照らす範囲を変える「アダプティブドライビングビーム」や、車体後部センサーを使った後方警戒支援システム「スバルリヤビークルディテクション」なども用意されており、より一層安心なドライブが可能となっています。

「EyeSight」は運転支援システムとして2015年のグッドデザイン賞を受賞しています。

フォレスターの特徴(内装)

出典:http://www.subaru.jp

インテリアの特徴は以下の通り

ゆとりある室内空間と開放感あふれる視界を実現するほか、運転の疲労を軽減するシートを採用するなど、あらゆる場面において、SUVのイメージを変える快適で心地の良い上質なインテリアを実現しています。

2015年10月のマイナーチェンジではドアガラスの厚みを増やすなどして室内の騒音を低減し、更に心地良さを高めています。

トランクルームもゴルフバッグを横に4つ積める大容量なので、アウトドアのツールなども余裕で積み込むことが出来ます。

リヤゲートを電動で開閉されるパワーゲートも用意されています。

ライバル車種との比較

出典:http://www.subaru.jp

フォレスターのライバル車種はやはりマツダCX-5となります。

マツダCX-5の主要な仕様を比較しました。

 フォレスター  CX-5
車両価格  2,149,200~3,128,760 2,446,200~3,488,400円
燃費  13.2~16.0km/l  14.6~18.4km/l
値引き予想額  10~50万円  10~45万
発売年月日  2012年11月13日  2012年2月16日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スバル フォレスターの値引きの交渉術

スバルフォレスターを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ