新型セレナC27 ハイウェイスターの口コミ・評価・評判から良い所も悪い所も全部まとめ!

出典:http://www.nissan.co.jp/

ライバル車のステップワゴンやボクシー/ノアが次々にフルモデルチェンジする中、2016年8月に待望のフルモデルチェンジを行った新型セレナC27 ハイウェイスター。

最新装備を引っさげて、ライバルを撃墜すべく登場しました。2016年10月の販売台数も12,000台越えの堂々3位。

ライバルである他社のミニバンだけの比較ではではなんと1位です。セレナの根強い人気が伺える結果です。

そんな大人気のセレナですが、全てがライバル車に勝っているわけではありません。またユーザーが満足することしかないわけではありません。

比較すれば、負けているところやユーザーにとって「ここはもうちょっとこうして欲しかった」などの弱点もあります。

今回は、新型セレナC27 ハイウェイスターの口コミ・評価・評判から良い所も悪い所も全部まとめて見たいと思います。

新型セレナC27 ハイウェイスター 他のおススメ記事

>> 新型セレナC27 ハイウェイスターの値引き・燃費・グレード別の違い

>>  新型セレナC27 ハイウェイスターのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

>>  新型セレナC27ハイウェイスターの人気色ランキング公開

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型セレナC27 ハイウェイスターはどんな車でどんな評価をされているの?

2016年8月に発売された新型セレナC27 ハイウェイスターについて、発売からまだ数ヶ月ですが人気は上々です。それは販売台数からも分かると思います。

2世代前のC25セレナに乗っているドライバーからの意見では「こうして欲しいと思っていたことが全てそうなっている」ということでした。

具体的には

●フロントサイドの三角窓のピラーが細くなって、死角がほぼなくなり運転しやすくなった。

●シガーソケットひとつを分岐させてスマートフォンを充電させていたが、各所にUSBポートが付いて便利になった。

●オートスライドドアをいちいちドアノブで開けるのは面倒だったが、足だけで開いたり閉じたりするようになった。

●運転席にサングラスを置くいい場所がなかったが、運転席前にもグローブボックスが出来て便利になった。

●自宅の駐車場に停めたまま荷物を出し入れしたいが、リアゲートが開かなかったが、二段階のリアゲートで出し入れが出来るようになった。。

●給油口のキャップを開け閉めするのがイヤでセルフのガソリンスタンドに妻が行きたがらなかったが、キャップレスになり給油をするようになった。

などなど・・・

先代までのセレナを愛車にしていた人も、またセレナに乗りたいと思わせる改良がたくさんされています。

 

新型セレナC27 ハイウェイスターの良いところ

先代からのセレナも優秀でしたが、今回の新型セレナC27 ハイウェイスターはそれを更に優秀にした車といえます。

■室内空間が広い(ミニバントップクラス)

■シートアレンジが豊富で使い勝手がいい

■視界が広く運転しやすい(Aピラーがかなり改良された)

■ハイウェイスター専用サスペンションでワインディングもキビキビ走る(固めのセッティング)

■ミニバン唯一の装備、プロパイロットが装備できる

では次に、この良いところをひとつひとつ詳しく解説していきます。

■室内空間が広い(ミニバントップクラス)

日産自動車HPでもうたっているように、ミニバンではトップクラスの室内空間です。

家族が多い人にはうれしい限りです。

■シートアレンジが豊富で使い勝手がいい

ミニバンには欠かせないシートアレンジ。大人数でも乗れたり、大きな荷物を積んだりできてこそのミニバン。

新型セレナでもそれは十分に実現できます。

■視界が広く運転しやすい

先代のC26型から改良はされていたC25型では不評だったAピラー付近の大きな死角は、かなり改良されました。

またフロントガラスが他のミニバンよりも少し下まで下がっているので視認性も良くなっています。

■ハイウェイスター専用サスペンションでワインディングもキビキビ走る

セレナには普通のグレードもありますが、ハイウェイスターには「ハイウェイスター専用サスペンション」というものが装着されています。

普通のグレードに比べ固めのセッティングになっていますので、山道などのカーブが多いワインディングロードなどで威力を発揮し、かなり走りやすくなっています。

また横揺れが軽減されていますので、お子様の車酔いなども軽減される可能性もあります。

先代のセレナよりも改良が進み、さらに良くなっています。

■ミニバン唯一の装備、プロパイロットが装備できる

今回の新型セレナC27 ハイウェイスター最大のウリはやはり「プロパイロット」です。

他社のミニバンにはない装備です。

ミニバンなどを購入されるドライバーは遠出など出かけることが多いと思います。

週末のお出かけなどでは渋滞につかまってしまうことも多く、高速道路を使う機会も多いと思います。

そんなときに威力を発揮するのがこの「プロパイロット」です。

また、今なら期間限定でこの「プロパイロット」が標準で装備されている特別仕様車も購入可能です。

ただし、期間は2017年3月末までです。

「プロパイロット」をぜひという方はお急ぎください。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型セレナC27 ハイウェイスターの悪いところ

正直、あえてあげるならというところです。

■燃費が思うほどよくない(S-HYBRID)

■シートやフロアが防水、撥水ではない

■出たばかりなので値引きが厳しい

では次に、この悪いところをひとつひとつ詳しく解説していきます。

■燃費が思うほどよくない(S-HYBRID)

燃費の数字自体はライバルのミニバンに比べてもいいのですが、ハイブリッドという観点で見ると、それほど良い燃費とはいえません。

それはメカニズムにあります。

今回の新型セレナC27 ハイウェイスターには、先代のC26から使われていた「S-HYBRID」が採用されています。

プリウスなどの有名なハイブリッドカーと呼ばれる仕組みとは少し違うのです。

プリウスなどのハイブリッドと呼ばれる車種は、仕組みは複数ありますが、

●エンジン+モーターで走らせる

●エンジンは発電機でモーターで走らせる

というようにモーターの恩恵が結構あるためにガソリン消費が抑えられ、優秀な燃費性能がでるのです。

S-HYBRIDはこのようなHYBRIDと比較してしまうと「これでハイブリッド?」と言われてしまうこともあるのです。

エンジンを始動するために使われているセルモーターの威力で発進を助けることくらいなのです。

他にもアイドリングストップや減速で捨てていたエネルギーを電機に変えて蓄えるなども行いますが、これはハイブリッドと呼ばれないガソリン車でも結構取り入れられている技術なのです。

そのため、燃費は「ハイブリッドの割にはガソリン車とあまり変わらない」と思われるのです。

また「プロパイロット」を使うと急発進が多くなり燃費が悪くなることもあります。

■シートやフロアが防水、撥水ではない

同じ日産から出ている「エクストレイル」などはシートが防水だったり撥水だったりして、アウトドアで楽しむ人にはすごく重宝されます。

夏は海で濡れた体でも、冬はスキーで雪まみれになった体でもそのまま車に乗れるというのはほんとにうれしい装備なのです。

しかし、今回の新型セレナC27 ハイウェイスターにはこのような装備が標準でもオプションでもないのです。

標準とまでは行かなくてもオプションでの設定は欲しいところでした。

■出たばかりなので値引きが厳しい

これは人気車種だけに仕方ないことかなと思います。

ディーラーで値引き交渉するも、本体価格の値引きはほとんどしていないのが現状で、オプションなどでの値引きで対応している状況です。

今すぐ欲しい方なら値引きは諦めて買うしかないですが、そこまで急がない方は、決算月などの3月に購入をすれば値引きはあるかもしれません。

また「プロパイロット」をぜひつけたいという方なら、先ほど良いところで紹介したように2017年3月末までは「プロパイロット」が標準装備されている特別仕様車「プロパイロットエディション」で購入することができます。

この買い方は「プロパイロット」をオプションで後付するよりもグレードによっては16万ほどお買い得になっています。

新型セレナC27ハイウェイスターの良いところ・悪いところまとめ

今回取り上げた新型セレナC27ハイウェイスターに限らず、どの車でも良いところ・悪いところはあるものです。

このようにまとめてみたところ新型セレナC27ハイウェイスターは、良いところの方が多くまた、良いところの内容がユーザーにとってもメリットが大きい内容だったので、買いの車だと思います。

新型セレナC27 ハイウェイスター 他のおススメ記事

>> 新型セレナC27 ハイウェイスターの値引き・燃費・グレード別の違い

>>  新型セレナC27 ハイウェイスターのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

>>  新型セレナC27ハイウェイスターの人気色ランキング公開

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型セレナC27ハイウェイスターの値引きを引き出す交渉術

新型セレナC27ハイウェイスターの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ