新型セレナC27 ハイウェイスターのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

出典:http://serenazuki.seesaa.net/

2016年8月にフルモデルチェンジした日産セレナ。今回でC27型となります。

5ナンバーサイズでは人気ナンバーワンの日産セレナ。

しかし、ライバルのステップワゴンやボクシーはすでにフルモデルチェンジをし、猛追している状況で、満を持してのフルモデルチェンジです。

そんな新型セレナC27の特に大人気のハイウェイスターについて、おすすめグレードと必須オプションをご紹介していきたいと思います。

新型セレナC27 ハイウェイスター 他のおススメ記事

>> 新型セレナC27 ハイウェイスターの値引き・燃費・グレード別の違い

>>  新型セレナC27 ハイウェイスターの口コミ・評価・評判から良い所も悪い所も全部まとめ!

>>  新型セレナC27ハイウェイスターの人気色ランキング公開

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

今回の新型セレナC27ハイウェイスターの外観はとにかくかっこいい!

先代のC26型はどちらかというとマイルドな感じの外観で、かっこよさを求めるドライバーには物足らない感がありましたが、今回の新型セレナC27ハイウェイスターはエッジの効いた外観でとてもかっこいいです。

出典:http://www2.nissan.co.jp/

家族で乗るのも良し、独身の若いドライバーが乗っても様になる、とてもバランスのいいデザインになりました。

フロントマスクも2眼のヘッドライトとなりました。

またハイウェイスターは標準でサイドシルなどエアロパーツもついているのでさらにかっこよさが増しています。

 

家族も大満足の室内空間!

ミニバンを選ぶドライバーが意識することはやはり広さ。

家族全員が乗って荷物もたっぷり載せたいと思って選びます。

新型セレナC27ハイウェイスターはライバルのミニバンと比較してもトップクラスの室内空間を確保しています。

4人家族なら、ゆったり座れて荷物も十分に載せることが可能です。

またシートアレンジも思いのままです。C25型から受け継がれているスマートマルチセンターシートは今回も1列目と2列目を行き来できるようになっています。

1列目に持って行き2列目のシートを右へ寄せれば3列目への乗車は2列目のシートを倒さなくても乗り降りが出来る優れものとなります。

その他、シートアレンジの一例をご紹介します。

シートはフルフラットにすることも出来ますので、車中泊も簡単に出来ます。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

かゆいところに手が届く的な快適装備も満載!

足だけでスライドドアが開いたり開いたり!

今回の新型セレナC27ハイウェイスターには「こんなのがあったらいいのにな」的な快適装備がいくつも搭載されています。細かな装備ですが、買う動機としては大きなものです。

なんと今回は、足だけでスライドドアが自動で開いてしまうというスグレモノ!

先代ではボタン一つで開くというのがありました。当時は「いいなぁ」と思っていましたが、今回はそれを上回る便利装備です。

写真のように寝てしまった子供を抱っこしていたり、両手に荷物があったりした場合に手でスライドドアを開けるのは本当に面倒なんです。

先代のボタン式の弱点は重たい荷物を持っていると、ボタンに指が定まらず、なかなか押せないというデメリットがありましたが、今回のこの「足でも開く」はホントに魔法のトビラです。

二段階のリアゲート

こんなことありませんか。リアゲートを開けて荷物を降ろそうとしたら、後ろの車や壁が近すぎて開かないなんてこと。

それを解決するのが今回の新型セレナC27ハイウェイスターには装備されています。

写真のように上部だけが開くのです。これなら先ほどのようなことも解決です。嬉しい装備ですね。

 

電池切れの心配なし!USB電源!

最近の車には装備されてきていますが、今回の新型セレナC27ハイウェイスターも例外ではありません。

運転席側に1箇所だけではなく、写真のように2列目には1列目のシート後部に2箇所、3列目にはサイドに2箇所と合計5箇所に装備されています。

お父さんのスマホを充電だけではなく、お子様のタブレットやゲーム機も一緒に充電できて、これも嬉しい装備です。

 

ガソリン給油が楽になる。手もキレイに保てます。

最近のガソリンスタンドはほとんどがセルフになっています。

男性ドライバーはあまり苦にならないと思いますが、女性ドライバーの方は自分で給油するというのが結構億劫になります。

そんな悩みも解決の装備。

今回の新型セレナC27ハイウェイスターでは、給油口がキャップレスになりました。

手も汚れないし、いちいちフタを手で開ける手間も省けて給油がすごく楽になりました。

 

走行性能もバッチリです!

先代から採用されているスマートシンプルハイブリッド「S-HYBRID」は今回も引き継がれています。

セレナのグレードにはハイウェイスターだけではなく、S,X,Gやライダーというグレードもあります。

このうちSというグレードには「S-HYBRID」は非搭載となっています。

ハイウェイスターには標準装備されているのでご安心下さい。

 

新型セレナC27ハイウェイスターのグレードは何種類?

今回の新型セレナC27ハイウェイスターは限定販売も含めると4種類となります。

それぞれの価格と燃費は以下の通りです。

●ハイウェイスター 2,678,400円 17.2km/L

●ハイウェイスター プロパイロットエディション 2,916,000円※ 16.6km/L

●ハイウェイスターG 3,011,040円 16.6km/L

●ハイウェイスターG プロパイロットエディション 3,187,080円※ 16.6km/L

※印は期間限定の特別仕様車

 

新型セレナC27ハイウェイスターの必須オプションは?

セレナには多彩なオプションが用意されています。グレードによっては標準装備されているものもあります。

まずは、これは「あった方がいい」と思う必須オプションをご紹介します。

オートスライドドア

これはこの種類の車を選択するなら必ずつけたいオプションです。どうせなら両側ともオートにしたいです。

運転席に乗ったまま両側のスライドドアを開け閉めできるのはホントに便利で、一度使うと手動には戻れなくなります。

ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉+サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ+全ドア連動ロック機能+ドアストップ機能+195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール 156,600 円(消費税込) (助手席側のみの場合は91,800 円)

実はこの内容はハイウェイスター以外の3グレードには両側で標準装備されています。

話題のプロパイロット

TVCMで矢沢永吉さんがセレナを運転しているシーンで紹介されている機能です。

オプション名としては「セーフティパックB」の中にセットとしてパッケージされています。セット内容は

○SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム〈前席〉
○踏み間違い衝突防止アシスト
○インテリジェントパーキングアシスト
○進入禁止標識検知*1
○アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)
○ふらつき警報
○フロント&バックソナー
○スマート・ルームミラー
○電動パーキングブレーキ
○オートブレーキホールド
○プロパイロット
○LDP(車線逸脱防止支援システム)
○ヒーター付ドアミラー
○ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、プロパイロット、オーディオ)

243,000円(消費税込)

オプション価格は決して安くはありませんが、充実の装備です。

家族の命と安全を守ることを考えれば是非装備して欲しいオプションです。

実はこのオプションはグレードによってはお得に装着できるのです。後半でご紹介いたします。

プラスチックバイザー 27,216円(取付費・消費税込)

標準でついていて欲しいと思うオプションアイテムです。雨の日に少し窓を開けたいときにこれがあれば雨が車内に入る心配がなくなります。

雨で車内や体を濡らしたくありませんからね。またリセールすることを考えると車を出来るだけ汚さないことが大事なので必須です。

フロアカーペット (スタンダード)  52,704円(取付費・消費税込) とラゲッジカーペット(スタンダード)  17,280円(消費税込)

こちらも、車内の汚れや劣化を防ぐためにつけておきたいオプションアイテムです。

どちらにもワンランク上の「エクセレント」というものもありますが、スタンダードで十分だと思います。

 

話題のプロパイロットをお得にするには?

先ほどの必須オプションでもご紹介した、今回の新型セレナC27ハイウェイスターの目玉機能である「プロパイロット」をお得にする方法があります。

期間限定ですから、ハイウェイスターでプロパイロットを絶対つけたいというドライバーさんは期間内に決断してくださいね。

これです!2017年3月末までの期間限定となります。グレード紹介の※印をつけていたものです。

例えば、グレードは「ハイウェイスター」でいいとします。そこから両側オートスライドドアとプロパイロットをオプションでつけると金額は

2,678,400円+156,600 円+243,000円=3,078,000円

となります。一方、

ハイウェイスター プロパイロットエディションは、両側オートスライドドアとプロパイロットが標準で装備されて2,916,000円です。

差額はなんと162,000円です!

実はハイウェイスターのグレードの売れ筋No.1は「ハイウェイスター プロパイロットエディション」なんです。

この比較を見れば当然といえば当然ですね。

また、必須とお伝えしたオプションも多くのドライバーさんが求めているものだというのもご理解いただけたと思います。

まさに、家族の「欲しい」を実現した素晴らしいワンボックスミニバン、新型セレナC27ハイウェイスターです!

新型セレナC27 ハイウェイスター 他のおススメ記事

>> 新型セレナC27 ハイウェイスターの値引き・燃費・グレード別の違い

>>  新型セレナC27 ハイウェイスターの口コミ・評価・評判から良い所も悪い所も全部まとめ!

>>  新型セレナC27ハイウェイスターの人気色ランキング公開

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型セレナC27 ハイウェイスターの値引きを引き出す交渉術

新型セレナC27 ハイウェイスターの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ