新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

出典:http://www2.nissan.co.jp/

2016年11月2日に発売された日産のコンパクトカー新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストですが、

複数のボディーカラーが用意されていて、購入するときにどの色に決めるか悩みますね。

ボディーカラーは飽きたからといって簡単に変えられませんから、じっくり考えて選びたいですね。

そこで今回は、新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのボディカラーの人気色ランキングを、

公開したいと思います。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのカラーバリエーションは何があるの?

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのボディカラーは全部で13色もあります。結構多いですね。

また、この13色はノートe-POWER Xとe-POWER メダリストどちらにもあります。

ノートe-POWER Sになるとかなり少なく3色になります。

ボディーカラーを選ぶ上でもノートe-POWER X以上のグレードを選びたいですね。

では実際のボディーカラーをご紹介します。

■プレミアムコロナオレンジ(PM)〈#EBB〉(特別塗装色)

■ギャラクシーゴールド(TM)〈#HAJ〉(特別塗装色)

■オリーブグリーン(TM)〈#EBA〉

■ガーネットレッド(CP)〈#NBF〉(特別塗装色)

■スーパーブラック〈#KH3〉

■ダークメタルグレー(M)〈#KAD〉

■ブリリアントシルバー(M)〈#K23〉

■シャイニングブルー(PM)〈#RAW〉

■ソニックブルー(TPM)〈#RBE〉(特別塗装色)

■ナデシコピンク(PM)〈#NAR〉

■インペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)

■ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB〉(特別塗装色)

■ホワイト〈#QAY〉

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色ランキング

それでは、新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色ランキングを発表します。

※ランキングは、日産が発表した新型ノートの販売比率、中古車市場へ出回っている台数、

ディーラーへの調査など、独自に調査した新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色ランキングです。

1位 ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB〉(特別塗装色)

2位 スーパーブラック〈#KH3〉

3位 シャイニングブルー(PM)〈#RAW〉

4位 ブリリアントシルバー(M)〈#K23〉

5位 ダークメタルグレー(M)〈#KAD〉

6位 ガーネットレッド(CP)〈#NBF〉(特別塗装色)

7位 インペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)

8位 プレミアムコロナオレンジ(PM)〈#EBB〉(特別塗装色)

9位 ホワイト〈#QAY〉

10位 ナデシコピンク(PM)〈#NAR〉

11位 オリーブグリーン(TM)〈#EBA〉

12位 ソニックブルー(TPM)〈#RBE〉(特別塗装色)

13位 ギャラクシーゴールド(TM)〈#HAJ〉(特別塗装色)

注:特別塗装色はメーカーオプションカラーのため有料

(ホワイトパール・アンバー・ブルー・ゴールドは37,800円、オレンジ・レッドは48,600円)

各カラーの特徴とメリット・デメリットを調査

下取り、買取を意識するならホワイト系がオススメ

ブリリアントホワイトパール(3P)〈#QAB〉(特別塗装色)は

ホワイトですが、特別塗装色で軽くクリーム色掛かったホワイトです

通常のパール塗装とは違い、3コートパール塗装という塗装です。

このブリリアントホワイトパールは、ベース色を塗った上から、パール粒子の入った透明感の高い

パールベース塗装を施し、さらにその上からクリア塗装をかける特別仕様。

そのため、普通のパール塗装よりも上品で真珠のような輝きをしています。

ホワイト自体人気色ですが、この特別塗装はその中でも1番の人気色です。

ホワイト系のメリット

下取り価格も高めになりますので、別途料金がかかっても損がない色です。

購入のときに別途料金が掛からないホワイト〈#QAY〉も人気は高くなくても

無難な色としてそれなりの価格になるでしょう。

ホワイト系のデメリット

水垢などの汚れが目立ちますので、こまめに洗車する必要があります。

カッコよく決めたいならブラック系がオススメ

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのブラック系は

スーパーブラック〈#KH3〉のみになりますが、シンプルなブラックで引き締まった感じで

カッコよく乗りこなせると思います。

ブラック系のメリット

ホワイト系と同等か次くらいに下取り・買取価格は高めになると思われます。

多くのドライバーが乗れる色というのが理由です。

ブラック系のデメリット

夏などは日差しでボディーが他の色に比べて熱くなりやすいです。エアコンの効きにも多少影響します。

また暗がりでは視認されにくいので、事故率が上がる可能性があります。

若者や女性に人気のカラー系

 

CMで使われているプレミアムコロナオレンジ(PM)〈#EBB〉(特別塗装色)や

ガーネットレッド(CP)〈#NBF〉(特別塗装色)、シャイニングブルー(PM)〈#RAW〉、

ナデシコピンク(PM)〈#NAR〉、オリーブグリーン(TM)〈#EBA〉、

ソニックブルー(TPM)〈#RBE〉(特別塗装色)

と新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストには数多くの鮮やかなカラーバリエーションが

人気の秘密だと思います。ナデシコピンクやガーネットレッド、プレミアムコロナオレンジなどは

女性にも人気がありますし、似合うボディーカラーですね。

●プレミアムコロナオレンジ(PM)〈#EBB〉(特別塗装色)

TVCMで使われているノートのイメージカラーです。その昔にはセレナC25前期型や、

今ではGT-Rもオレンジがイメージカラーになっています。どっちかと言えば派手な方なので、

目立ちたい方にはオススメです。

イメージカラーなのでもしかしたら下取り・買取価格もそれなりになるかもしれません。

ガーネットレッド(CP)〈#NBF〉(特別塗装色)

特徴は、ソリッド系の赤なので、本当に「レッド」という原色そのものの赤となります。

車によってはワインレッドみたいな、ぼやけた赤とは違いますので、赤が似合う方にはオススメです。

このノートのガーネットレッドは一味違います。

クリア塗装のかけ方が絶妙で、ソリッド系でありながらハイライトが非常に鮮やかになっています。

赤系のボディーカラーで注意して欲しいのは「日焼け」です。つやがなくなって色あせしやすいのです。

コーティングなどをこまめにして、いつまでも美しく保つ必要があります。

シャイニングブルー(PM)〈#RAW〉

ネーミング通りで、とても輝きがある明るいブルーとなっています。

かなり明るいブルーでありながら、色調はとても深く、透明感があり、とても美しいです。

さらに、とても陰影感が高く、色のコントラストも楽しめます。

そして光の当たる加減で、ダークブルーだったりマリンブルーのようにも見える面白いブルーです。

パール配合のメタリック塗装がそれを演出しています。

スポーティな印象を与えるボディカラーですので、アクティブな方にオススメです。

ナデシコピンク(PM)〈#NAR〉

パステルカラー調のキレイなピンクをしているのが特徴です。

ちょうどいい濃度のピンクのため、奇抜すぎず、地味すぎず、絶妙なカラーバランスですので、

ピンクと言えば女性というイメージがありますが、このノートのナデシコピンクは、

意外と乗り手を選ばないかもしれません。当然女性にはピッタリのボディーカラーでオススメです。

オリーブグリーン(TM)〈#EBA〉

グリーンというボディーカラー自体、街中であまり見ることがないので、

ほんとに目立ちたい方にはうってつけのカラーだと思います。

名前のとおり、オリーブのようなグリーンなので、カラーボディーでありながら、

落ち着いたイメージになっています。

ミドル世代のドライバーさんが乗っても、オシャレな感じに演出してくれるでしょう。

ソニックブルー(TPM)〈#RBE〉(特別塗装色)

ノートのラインナップでの、もう一つのブルーがこの「ソニックブルー」です。

ブルーというよりも、ライトブルー(水色)という表現の方が正しいのかも知れません。

それくらい明るいブルーになっています。

このブルーは海辺に停まっていたりすれば、すごく絵になりそうなので、

マリンスポーツを趣味にしている人にオススメです。

カラー系のメリット

他の車と紛れても目立つカラーなので、相手からの視認性が高く、事故に巻き込まれる可能性は

低くなるでしょう。大型スーパーなどの駐車場でも見つけやすいというプチメリットもあります。

カラー系のデメリット

日光による色褪せが起こりやすい。

万人受けするボディーカラーではないので、よっぽど人気があるカラーでないと、下取り・買取価格が

低くなる可能性があります。

大人な雰囲気を演出のシック系

大人な男性に似合うボディーカラーとしてはインペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)や

ギャラクシーゴールド(TM)〈#HAJ〉(特別塗装色)です。

落ち着いたボディーカラーが大人な雰囲気を演出します。派手すぎず、地味すぎず、

中高年のドライバーにはちょうどいいボディーからです。

インペリアルアンバー(P)〈#CAS〉(特別塗装色)

非常に濃く、深く、実に美しいブラウン系のボディーカラーです。

パール塗装が施されているので、光の角度によってブラウンの感じが色々と変化します。

ノート自体は最新の自動車ですが、このカラーを纏うと、

なぜかクラッシックな懐かしい感じがします。

とても落ち着いた上品なボディカラーとなっています。

ギャラクシーゴールド(TM)〈#HAJ〉(特別塗装色)

ゴールドという名前が付いていますが、ゴールドそのままのド派手なごーるどではなく、

少しダークな味付けをしたゴールドという表現が合います。

先ほどご紹介した「インペリアルアンバー」ほどの落ち着いた感じはないですが、

このボディーカラーも大人の方、それもダンディーな男性にマッチします。

シック系のメリット

スーツ姿でも違和感なく似合うカラーですので、コンパクトカーですが、高級ホテルなどに

出向きやすい。

シック系のデメリット

カラー系と同じで、乗る対象が限られるカラーなので、下取り・買取価格は特別塗装色と言えど

高くならない可能性が高いです。

隠れた人気色のシルバー系

ランキングでは上位ではなく中盤のダークメタルグレー(M)〈#KAD〉とブリリアントシルバー(M)〈#K23〉。

シルバー系は隠れた人気色なんです。なんか無難すぎて、特徴もなくて、面白みに欠けるなんて

思われる方も多いと思います。しかし、行き着くとシルバー系を選ぶ人って結構多いのです。

ダークメタルグレー(M)〈#KAD〉

メタリック塗装のため、光沢感のあるグレーカラーとなっています。

グレー自体のカラーは深く濃い目であるので、夜などの暗い時には、

遠目に見るとブラックのようにも見えます。しかし、メタリックが地味になり過ぎない演出をしているため、

渋くキメたい方に大変オススメのカラーとなっています。

ブリリアントシルバー(M)〈#K23〉

ブリリアント(光り輝く)シルバー(銀色)と、名前のとおりのボディーカラーです。

光り輝くシルバーがとにかく美しいカラーです。

かなり明るめのシルバーとなっていますので、あらゆるシーン・あらゆる人にマッチする、

万能のボディーカラーと言えます。

若い人が乗ればスポーティーに見えますし、大人の人が乗ればシックに見える、

そんなシルバーカラーです。

シルバー系のメリット

色の特性上、水垢が目立ちにくく、汚れが目立たない。キズも目立たない。

普段使いからフォーマルまでこなせる、オールマイティなボディーカラーです。

下取り・買取価格も高めにある可能性があります。

シルバー系のデメリット

アダルトな感じに見られたくない人にとっては、それがデメリットになるかも知れませんが、

シルバー系のデメリットは、ほとんど見当たりません。

色選びの観点は

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストを購入する際に色選びで迷った場合、

事故率や下取り・買取価格、傷が目立つかどうかでどの色を選ぶのがよいかを考えると良いです。

それらを考えない場合は自分が好きと思う色を選ぶのもひとつです。

これがボディーカラーを選ぶための参考のひとつにしていただければと思います。

新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの下取り・買取に直結する人気カラーとは

人気でも一番のブリリアントホワイトパールがオススメです。

特別塗装色なので、購入時には約4万の出費がありますが、

下取り・買取時では他の色と比べてそれ以上のプラスが出ることが多いからです。

ホワイトなら購入時のプラス出費がないのでさらにお得感がでるかも知れません。

次にお得なのはブラック系とシルバー系です。こちらは特別塗装色ではないので、

購入時にもプラスの出費がなく、下取り・買取時ではプラス査定が出ることが多いカラーです。

これは、今回取り上げた新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストに限らず、

自動車業界的にホワイト、ブラック、シルバー系は人気もあり、買い手も付きやすいということからです。

なので、このカラー系統から選ばれるとよいでしょう。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートe-POWERの値引きを引き出す交渉術

新型ノートe-POWERの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ