新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

Contents

2016年11月2日、ノートがマイナーチェンジを行い新しく販売されたました。
「シリーズ型ハイブリット」と呼ばれるハイブリットシステムを世界で初めて採用したコンパクトカーでもある新型ノート e-power。
11月2日から受注を開始し、3週間後の11月23日の時点では2万台の受注が入っている注目の車です。そんな新型ノートの評判や長所・短所を紹介し、魅力に迫っていきます。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートはどんな車?

出典: http://autoc-one.jp/nissan /note/special-2962330/
「レンジエクステンダーEV」を搭載したコンパクトカーです。「レンジエクステンダーEV」はエンジンを発電のみで使用し、走行を電気で行うという新しいハイブリットシステム。
そんな画期的なシステムを搭載した新型ノート e-powerですが、価格.comでの評価はこちらとなっています。

  • エクステリア(外装)…3.81/5
  • インテリア(内装)…3.52/5
  • エンジン性能…4.77/5
  • 走行性能…4.46/5
  • 乗り心地…4.13/5
  • 燃費…4.33/5
  • 価格…3.82/5
  • 満足度…4.40/5

満足度もなかなか高く、車に対しての口コミも良いものが多かったです。

ですが、良い口コミばかりを頼りにしていると短所が分かった時の落胆が大きいです。

そうならないためにもこの口コミをしっかりと分析していきましょう。

新型ノート e-powerは近未来的で万人受けする?


出典:http://autoc-one.jp/news/2974648/

新型ノートは総評すると「日産の将来を期待させる1台」といったところです。

外装に関しては万人受けするという口コミが多く、評価は以下のようになっています。

[エクステリア]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

「長く付き合えるデザイン」、「大衆車的なイメージ」といった口コミが多く見られます。

前回のノートよりは全体的な印象は良くなったとのこと。

  • 前よりカッコいい
  • 大衆車的なイメージはある
  • 日産車らしいデザイン
  • 万人向け

エクステリアのイメージは色で変わってきます。お好みの色を選んでお気に入りの1台にしてください。

[エクステリア]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

万人ウケするデザインとは反対に「インパクトに欠ける」、「差別化してほしい」という辛口な意見も見かけます。

大衆車的なイメージのため強烈なインパクトはないのが原因でしょうか。

  • 画期的な車にしては普通のデザイン?アクアを意識しているのでは?と思えてしまう。
  • マイナーチェンジのため、従来とあまり変わった変化はありません。
  • もっと他のグレードとの差別化をして欲しかったと思います。多少は見た目

に違いがありますが、車好きでないと解りづらくインパクトに欠けてしまう。

インテリアは日産車らしい?


出典:http://www.nissan.co.jp/NOTE/interior.html

新型ノート e-powerは日産らしさが出てるデザインという口コミが多く上がっています。

ワンランク上のセダンを意識した新型ノートe-powerのインテリア。その口コミを詳しく見ていきましょう。

[インテリア]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

  • コンパクトクラスの中では質感はやや高め。メダリストの室内色は年配向けの印象。
  • フィットと同等に以上に広い。特に後席の足元が広い。トランクも十分。
  • ハンドルとシフトは新デザインに変更されています。特にハンドルはなかなか質感が高いです。
  • デザイン的には好感が持てました。また、この質感もこのクラスのコンパクトカーにしては良い方だと思います。電子式のシフトレバーは操作が軽くてとても扱いやすいものでした。

ワンランク上のセダンと変わらないインテリアを肌で感じた口コミが多く見られました。コンパクトカーでこのクラスのインテリアを体感出来るのは大きいですね。

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

[インテリア]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

ワンランク上のセダンを意識した新型ノート e-powerですが「安っぽい」との声も。

  • 収納面などはさすがという感じなのですが、 シートの選択肢がもう少し欲しいかなと思います。また、メダリスト以外は運転席もリアもアームレストがないとのことでしたのでグレードの選択肢が狭まってしまいます。
  • Xグレードではプラスチッキーな印象があり、とりわけサイドブレーキが安っぽいです。
  • なぜか5人乗りの車にドリンクホルダーが8個。他のものを入れるにしても、もう少し違うデザインはなかったのだろうか。

中には「車の値段を考えたら妥当」という口コミもありましたが、ドリンクホルダーに関しては人数分で十分なのではないかと思います。
ノートのエンジン性能はパワフルで静か⁉

発電用でしかエンジンを使用しないため、モーターのみで走行するため静粛性の高い新型ノート e-power。そんなエンジン性能の良さを評価する口コミがありました。

[エンジン性能]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

  • 50km/hの街乗りではラジオを消してもわからないくらい静か。
  • 加速が驚くほど気持ちいい。
  • 気にならないほど静か。
  • トヨタ・ホンダのハイブリット車よりも完成度が高い。

日産独自のエンジン性能を発揮し、モーターのみでの走行の強みが顕著に現れていました。
中には「下手なスポーツカーよりもエンジン性能が高い」という口コミも。
静粛性の高さも兼ね備えつつ、スポーツカー以上のエンジン性能を発揮するシステムはワクワクさせますね。

[エンジン性能]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

一方で「高速域での走行は向いてない」という口コミもありました。
口コミを見ていくと街乗り向けという声が多く、高速で走る際は燃費の悪さが目立つようです。また、モーター音が高速では頭に響くという声も。
今後の改善で燃費、モーター音の改善が実施されることを期待しましょう。

  • 高速域での燃費が悪くなる。
  • 高速メインで走る人にはうるさい、伸びがない、ガソリン喰う。
  • 3つのモードで未体験の走りを楽しむ!


出典:http://autoc-one.jp/nissan/note/report-2976612/

新型ノート e-powerにはNormalモード、Sportsモード、Ecoモードの3つの走行モードで未体験のドライブを味わう事が出来ます。
この3つの違いは回生ブレーキの効き方。場合によってはアクセルだけで発進・停止を行えます。
その体験を踏まえた口コミが多く寄せられていました。「ひと踏み惚れ」というキャッチフレーズがつけられた理由が分かるかもしれませんよ。

[走行性能]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

3つのモードを生かした走りを書いた口コミが多く見られました。
この3つのモードを状況に応じて使いこなせる事と回生ブレーキを生かしたワンペダル走行に慣れるかが新型ノート e-powerを楽しみ大きな鍵になります。

  • 低速トルクは抜群でエコモードでもスムーズに加速。
  • Sモードやエコモード特有の回生ブレーキで渋滞時の走行も快適に。
  • 加速とレスポンスが素晴らしく、ワインディングロードでは人馬一体になれる。
  • コンパクトカーとは思えない加速。つなぎ目の変速のショックもなく
  • Sモードだと一気に高回転域まで届く。

[走行性能]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

走行性能に関しての厳しい口コミはありませんでしたが、ワンペダル走行が不安という口コミがチラホラ。アクセルオフ時にかかる重力が原因でしょうね。
走行性能は信頼出来るものだと言えます。

  • アクセルを離すと急激なエンジンブレーキがかかって停止してしまいます。
    これはすごいけどガソリン車との感覚が違いすぎてものすごく運転しにくかった。人によっては車酔いの原因になると思う。
  • アクセルオフにかかるブレーキGは想像以上に強く、こんな車が街中を走れば周りの車にもストレスを与え、それこそ事故が増えECOどころではない。
    重量増や補強などで乗り心地もアップ!


出典:http://autoc-one.jp/nissan/note/report-2976612/photo/0046.html
1.2リッターのノーマルエンジン搭載のノートに比べ170kg重くなり、足回りの補強も行いました。さらに骨格の補強も行い、駆動用電池搭載による補強が乗り心地にいい影響をもたらしました。
その影響はどれだけ良いものなのかを見ていきましょう。

[乗り心地]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

乗り心地に関しての口コミは「標準レベルの乗り心地」という口コミが多く見られました。

  • 乗り心地は硬すぎず柔らか過ぎず標準的なレベルで可もなく不可もなくと
    いった感じです。静粛性はコンパクトカーとしてはかなり高く、発進時は
    非常に静かです。途中から発電用のエンジンがかかりますが、ロードノイズに
    かき消され、あまり気になりません。
  • 並のコンパクトカーよりは良いと感じます。
  • コンパクトカーの範疇ではこれで十分。
  • クラス的には普通と思います。大衆車レベル。

[乗り心地]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

乗り心地に関する辛口な口コミは見当たりませんでした。
唯一見つけた辛口な口コミはロードノイズによるものでした。ロードノイズについてはタイヤの交換で改善されると思います。

・これは普通、エンジン音がしないためロードノイズが目立ちますが、
この辺の改善の余地はありそう。タイヤを変更したら多少は違うかもしれ
ません。
燃費はなんと37.2km/L!

出典:http://car-moby.jp/54313

新型ノートの燃費は37.2km/Lと低燃費なんです。これはトヨタのアクアの37km/L、ホンダのフィットの36.4km/Lを上回る燃費でコンパクトカー史上最も低燃費となっています。
ですが実際の燃費は乗り方で変わってきます。口コミで見ていきましょう。

[燃費]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

燃費に関する口コミを見ていくと、20km/L前後という数値は維持できます。
この数値に関しても「街乗りでこれだけの燃費だと納得出来る」という口コミも。
実際の内容を見ていきましょう。

  • 踏み込んでもメーター読みで20km/Lは出てました。普通に走れば
    20km/Lは楽にオーバー出来そうです。
  • 1回の給油で1000kmは乗れるということでしたので実燃費でも
    納得できます。
  • 燃費メーターの数値で21〜22km/L位でした。短時間乗車の多い試乗車で
    あることを考えると十分でしょう。

[燃費]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

燃費については満足度の高い意見の方が多く見られました。辛口な口コミは走行モードで燃費が変わってくることという意見がありましたが燃費性能には問題ありません。

  • 燃費効率はエコ>S>ノーマル。ノーマル走行だと燃費は良くない。
    ノーマルモード 19km/L、エコ 24km/L、Sモード 19km/L

新型ノート e-powerの価格は妥当なのか?


出典:http://car-news.jp/archives/6059

価格に対する口コミや評価ですが、ライバル車であるアクアやフィットに
比べたら妥当だという意見を見かけました。今までのハイブリット車には
ない点に焦点を当ててみると妥当な値段ではないかと私も思いました。
口コミを見ていきましょう。

[価格]新型ノート e-powerの満足度の高い口コミ・評価

価格に関しての口コミは性能面で見るとこの価格でも納得できるという
意見が多く見られました。それでは実際の内容を見ていきましょう。

  • e-power MEDALISTの先進性・走行性能から見て224万円は安いと思う。
  • 新型駆動方式に自動ブレーキやアラウンドビューモニターがついてることを考えたらお値打ち。

[価格]新型ノート e-powerの満足度の低い口コミ・評価

もちろん「値段が高い」という意見もありました。性能面で選ぶなら妥当な値段だとは思いますが、違う視点で見てみると高いと思う方もいます。
それでは内容を見ていきましょう。

  • 価格はかなり高めだ。エンジンの他に、モーターや容量を抑えたとはいえリチウムイオン電池を搭載することが影響し、スーパーチャージャー仕様に比べて数万円高い価格が設定されている。ガソリン車に比べると60万円以上も高いのだ。この価格差は燃費で取り戻せるものではないから、単純に経済性で選ぶのは
    難しい。電気車らしい走りと、新感覚でのワンペダルドライブを評価して買う車である。
  • メダリスト+オプション多数で300万近くなってしまった。ワンランク上の
    上位グレードが買える価格。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートe-POWERの値引きを引き出す交渉術

新型ノートe-POWERの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ