新型ノートe-powerからアコードまで。ハイブリッドカーの燃費を比較!

今、ハイブリッドカーは数年前に比べて、需要が伸びています。時代はエコになってきているからでしょうか。

これから車を購入しようとお考えの方も、ハイブリッドカーを選択しにしていると思います。

そんな方々の、ベストな車選びの手助けになればと思います。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コンパクトカー部門 ノートe-power

出典:http://www2.nissan.co.jp/

国産車で初めて市販車の電気自動車を販売した日産が作り出したハイブリッドカー、それがノートe-powerです。

電気自動車はバッテリーからの電源でモーターを動かし、車が走るという仕組み。

これだと給油は不要ですが充電する必要があります。

昔に比べて充電する場所は増えてきましたが、まだまだインフラが追いついていません。

そこで出たのがこのノートe-powerです。

バッテリーの代わりにエンジンが電気を作り、モーターを動かすのです。

なので充電を気にしないでいいと日産はうたっています。

ガソリンならスタンドはいくらでもありますから、途中で止まってしまうなんていう心配もなくなります。

また、コンパクトカー部門でなぜノートe-powerを取り上げたかというと、今まで燃費トップだったトヨタアクアを抜いて燃費1位の37.2Km/Lという数値を出したからです。

ミニバン部門 ヴォクシーハイブリッド

出典:http://toyota.jp/

ハイブリッドカーといえば「プリウス」と車を知らない人でも答えられるくらいの人気車種を生み出したトヨタから出ているヴォクシーハイブリッド。

ミニバンと呼ばれるカテゴリーで1番燃費がいいのは実は同じトヨタから出ている「シエンタ」です。

しかし、車体の大きさや、一般的にミニバンと世間でも呼ばれるような車はヴォクシーはじめ、セレナやステップワゴンが想像されると思います。

その中で一番燃費が良いミニバンと言えばこのヴォクシーです。

23.8Km/Lという数値を出しています。

セダン部門 プリウス

出典:http://toyota.jp/

セダン部門ではやはりダントツでプリウスですね。

37.2Km/Lと数値もダントツです。

また、すでに今のプリウスが4代目となります。

ハイブリッドカーの中でも一番古くから作られている車種ですから、熟成もされて、安心感もあると思います。

セダンで燃費を一番に考えるならプリウス一択でしょうね。

車なんだから「走り」も楽しみたい人には・・・

ハイブリッドを選ぶからには燃費を一番に考えていることは間違えないと思います。

しかし、燃費だけじゃなくせっかく運転するのだから、楽しくドライブしたいですよね。

そんな「走り」にもウエイトを置くドライバーさんに

オススメなハイブリッドカーをご紹介します。

ホンダ アコードハイブリッド

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ=F1のイメージがあるのは40代以降の世代ではないでしょうか?

F1とくればエンジンとなりますよね。

そんなホンダが出すハイブリッドなので走りにも期待してしまいます。

車体は北米を意識した車なので大柄(車幅1.85m)ですが、視認性もよく、ワインディングなども走りやすい車です。

それなのに燃費はカタログ数値で30.0Km/Lとミドルクラスのハイブリッドセダンでは驚異的な数字を出しています。

まさに、燃費と走りを兼ね備えた一台ですね。

マツダ アクセラハイブリッド

出典:http://www.mazda.co.jp/

今のマツダは乗りに乗っていると思います。

セダンではないですが、SUVのCX-3やCX-5が大ヒットしています。

それと同じデザインでスタイリッシュなハイブリッドセダンがこのアクセラハイブリッドです。

車の走りを決める重要な足回り、このアクセラハイブリッドのリアサスペンションにはマルチリンク式が採用されています。

コーナーリングが楽しくなる一台です。

トヨタ カムリハイブリッド

出典:http://toyota.jp/

カムリ自体は昔からあり、なんとなく「オヤジ車」のイメージがどうしてもぬぐえないですが、アメリカのナスカーのベースにも実はなっています。

そんなカムリからもハイブリッドが出ています。

アコードハイブリッドやアクセラハイブリッドに比べれば、見た目では「走る!」という雰囲気がイマイチ薄いですが、2.5リッターエンジン+モーターが搭載されていて、低速域から滑らかに加速し、なんと0-100km/h加速が7秒台!

街中では結構速い車なんです。

足回りも固めのセッティングになっていますので山道を攻めても楽しい一台だと思います。

最後に・・・

今、存在する国産ハイブリッドカーは多数あり、ここで紹介させていただいた車種はほんの一部です。

これはあくまでも私が思う、いいのではないかと思うハイブリッドカーを紹介させていただきました。

メーカーが好き、デザインが好き、車を選ぶ理由は人それぞれだと思います。

ですから、実際に選ばれる時には、必ず試乗をして、見て、触れて、検討してほしいと思います。

車というのは不思議なもので、相性というかフィーリングというものがある気がします。

だから、選んでいるときに、ほぼこれだと思っていても試乗したり、触れたり、細かく見たりすると最終的に違う車が好きになり、そっちを購入するなんてこともあります。

ハイブリッドカーを選ぶのも、数値や情報は参考にはぜひしていただきたいですが、実際に乗ってみてくださいね。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートe-POWERの値引きを引き出す交渉術

新型ノートe-POWERの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ