LA600s/LA610s新型タントの値引き・下取り相場!

LA600s/LA610s新型タントは、ダイハツ工業が生産・販売している軽自動車です。

LA600s/LA610s新型タントは軽自動車の中でも軽トールワゴンというジャンルに分類され、全高が1,700mm超える背の高い人気車種です。

非常に実用的で人気が高い車種で、3年後の下取り査定額は新車の50%です。

2003年から販売を開始し、2013年3回目のフルモデルチェンジを行いました。

初代「Tanto」(L350S/L360S型 2003年-2007年)
2代目「TANTO」(L375S/L385S型 2007年-2013年)
3代目「TanTo」(LA600S/LA610S型 2013年- )

LA600s/LA610s新型タントのla600sは3代目のモデル名です。

そんなLA600s/LA610s新型タントの購入を検討している方へ、LA600s/LA610s新型タントの仕様に関する詳細情報やポイント、限界値引き額やおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

07_01_01

出典:https://www.daihatsu.co.jp

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

LA600s/LA610s新型タントの値引き相場

LA600s/LA610s新型タントの限界値引き額は25万円です。

値引き相場は3万円から25万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

タントは高機能の割にそもそも価格が安いので、小型車や普通車と比較して期待できる値引き額は少額となってしまいます。

ディーラーオプションを含まない車体本体の値引きは10万円を超えれば、限界に近い値引き額と考えられます。

LA600s/LA610s新型タントのスペック

07_01_01

出典:https://www.daihatsu.co.jp

LA600s/LA610s新型タントの価格帯

1,220,400円~1,870,000円(税込)

LA600s/LA610s新型タントのグレード

07_01_01

出典:https://www.daihatsu.co.jp

LA600s/LA610s新型タントは幾つかのグレードに分かれています。

  • グレード「L」はエントリーモデルで、オプションがついていない最もベーシックな内容です。
  • グレード「X」にはキーフリーシステムやABS(EBD&ブレーキアシスト付)等が装備されています。
  • グレード「G」には「X」に加えて格納式アシストグリップ(運転席)、SRSサイドエアバッグ等が装備されています。
  • 各グレードにそれぞれ設定されている「SA」は衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」の略称です。スマートアシストに加えてフロントスタビライザー等安全対策が強化されています。
  • 「Xターボ」「XターボSA」「カスタムRS」はターボエンジンを搭載しています。軽トールワゴン車という特性上、登坂時の走行性能に不安が残ります。道路勾配のある場所を頻繁に走る場合、ターボ搭載グレードを検討するとよいと思います。
グレード 駆動方式 トランスミッション 燃費

(km/l)

最高出力

(PS)

最大トルク

(kgf・m)

価格(円) 備考
 L FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,220,400
L”SAⅡ” FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,285,200
X FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,355,400
X “SAⅡ” FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,420,200
G FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,468,800
カスタムX FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,528,200
カスタムX  “SAⅡ” FF CVT 28.0 38(52) 60(6.1) 1,593,00
Xターボ FF CVT 26.0 47(64) 92(9.4) 1,436,400 ターボエンジン搭載
Xターボ  “SAⅡ” FF CVT 26.0 47(64) 92(9.4) 1,501,200 同上
カスタムRS FF CVT 26.0 47(64) 92(9.4) 1,641,600 同上

LA600s/LA610s新型タントの特徴(スペック)

07_01_01

出典:https://www.daihatsu.co.jp

走行

日常的な買い物や通勤・通学に利用する分には全く問題なく、快適な走行性能を持っていますが、軽自動車という性質上、注意すべき点もあります。

  • ノーマルエンジンの動力性能は最高出力は52馬力(6,800回転)の最大トルクは6.1kg-m(5,200回転)で、軽自動車の標準的なエンジンを搭載しています。
  • 全高1,750mmという点で、立体駐車場では運転しにくいですが、前後左右の窓が大きく、運転席の高さも高いため、視界に優れ運転しやすいです。
  • 車体重量930kgと比較的重い割に動力性能が不足気味です。また高重心のため高速道路では安定感に欠けます。
  • 高重心のため、峠道等勾配のある道の運転には適していません。

燃費

LA600s/LA610s新型タントの燃費は、28.0km/Lと優れています。

※その他グレードを含めると25.8~28.0km/Lです。

  • 低燃費を実現し、エコカー減税は取得税で80%、重量税で75%の減税対象となります。
  • 燃費向上のために転がり抵抗を抑えたタイヤを装着しています。人によっては乗り心地が少し硬めだと感じる可能性があります。
  • 圧縮比向上やVVTの採用により、ターボエンジン搭載車の燃費も向上しています。

安全装備

軽自動車の価格帯でありながら充実した安全装備が搭載されています。

  • 緊急自動ブレーキは他の自動車だけではなく、歩行者も見分けることが出来ます。
  • 車両の検知警報は時速100kmでも作動する高性能な警報です。
  • 車線から逸脱しそうになった場合に警報を発する車線逸脱警報機能、踏み間違いを判定しエンジン出力を抑制しブザーと警告灯を発する誤発進抑制制御機能、信号待ちなどで前の車が発進したことに気づかない時、ブザーと警告灯を発する先行者発進お知らせ機能も搭載されています。

その他の装備

ナビゲーション、オーディオ関連のオプションが充実しています。

  • 純正ナビ(ディーラーオプション)に対応のアイテムを設定しステアリングスイッチ、6スピーカーによるサウンドを楽しめる16cmリヤスピーカーとツィーター、バック時の運転をサポートするバックカメラがセットで販売されています。
  • 天井吊り下げ式の後席モニターを設置可能です。
  • スマートフォン連携メモリーナビゲーションシステムでアプリとも連携が可能です。

LA600s/LA610s新型タントの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

07_01_01

出典:https://www.daihatsu.co.jp

車高や乗降性を生かして非常に実用度の高い車内空間となっています。

  • 子育て世代向けに開発された車で、2名乗車時には子供用の自転車を積むことも出来ます。
  • 後部座席を床面へ落とし込むように畳めるのでボックス状の広い荷室に変更できます。
  • 後部の座り心地は座席の柔軟性に少し不満の声がありますが、頭上、足元の空間は広々としています。

ライバル車種との比較

07_01_04

出典:https://www.daihatsu.co.jp

LA600s/LA610s新型タントのライバル車種はムーヴキャンバスとなります。

ムーヴキャンバスの主要な仕様を比較しました。

LA600s/LA610s新型タント  ムーヴキャンバス
車両価格  1,520,000円~1,870,000円(税込)  1,180,000円~1,660,000円(税込)
燃費  25.8~28.0  28.6
値引き予想額  3~25万  5~20万
発売年月日  2013年10月3日  2016年9月7日

ムーヴキャンパス以外にもNボックスやスペーシアもライバル車となります。

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

LA600s/LA610s新型タントの値引きを引き出す交渉術

LA600s/LA610s新型タントの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ