SUVで事故率の低い安全な車種・メーカーランキング(国産車)

SUVで事故率の低い安全な車種・メーカーランキング(国産車)

昨年から今年も引き続き人気の高い車種といえば「SUV」と呼ばれるアウトドアな車です。

またSUVを選ぶユーザーさんでは、ご家族の居る方の割合が多いです。

SUV車を選ぶときのポイントはいくつもありますが、特に気になるのが、SUV車の持つ安全性です。

自分ひとりだけじゃなく、家族も同乗することが多くなりますので、安全なSUV車を選びたいものです。

そこで今回は、SUVの事故率の低い安全な車種・メーカーを詳しくご紹介します。

車種・メーカーに加え保険料についてご説明した後は、安全性の高い車をランキング形式にしてご紹介します。

ぜひ、新車をこれから買われる方は参考にしてみてください。

保険料率とは??

まず、ランキングの前に保険料について説明してみたいと思います。

1. 料率クラスとは

自動車保険の保険料は、補償内容や運転者限定、等級などが同じでも、

契約車両によって保険料が異なります。

これは、保険料の算出に「型式別料率クラス」が適用されており、車の型式ごとの事故実績によって、

保険料が変わるからなのです。

型式別料率クラスの仕組みについては次の項目で詳しくご説明します。

2. 4つの項目について9段階で評価

型式別料率クラスには

「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」

の4つの項目があり、車の型式ごとにこの4つの項目を1~9の9段階の数字で区分しています。

保険金支払の実績が少ない型式ほど数字は小さくなり、

逆に保険金支払の実績が多い型式ほど数字は大きくなります。

型式別料率クラスの数字が大きいほど、保険料は高くなるって仕組みとなっております。

何車種か保険料率クラスについて参考までにサンプルを掲載してご紹介します。

○ニッサン GT-R

対人賠償6 対物3 搭乗者傷害4 車両8

このサンプルにしたニッサン GT-Rをはじめ、RX-7やWRXなどのスポーツカーと呼ばれる車種は、

いくら運転手が安全に運転すると言ってもかなり保険料率クラスが上がります。

○ホンダ ステップワゴン

対人賠償3 対物4 搭乗者傷害4 車両3

ミニバン1BOXカーなどの一般的なファミリーカーでは、無理な運転をする人も少ないため、

事故率も低く、スポーツカーに比べれば保険料率は低くなります。

これくらいの数値が標準的です。

○トヨタ ヴィッツ

対人賠償3 対物4 搭乗者傷害3 車両3

コンパクトカーも先ほどのミニバン1BOXカーと同様に事故率は低い車種が多いので、

保険料率は同等か、若干低めの数値のものが多いようです。

○トヨタ ランドクルーザープラド

対人賠償7 対物8 搭乗者傷害5 車両5

SUV車種のひとつの例となります。ランドクルーザーはSUVの中でも大型な部類に入り、

長距離運転などをするドライバーが多いため事故率は高く、保険料率も高くなっています。

先に紹介したスポーツカーのニッサン GT-Rと比較すると、

■対人・対物・搭乗者:トヨタ ランドクルーザープラド>ニッサン GT-R

■車両:トヨタ ランドクルーザープラド<ニッサン GT-R

という少し面白い結果が出ています。この結果で分かることは、

スポーツカーは、ひとりでスポーツドライブを楽しむことが多いので、車両単独事故が多く、

SUVは家族などと同乗で運転する機会や街中を走る機会が多いため、

対人・対物・搭乗者の保険料率が上がっていると思われます。

スピードの出るスポーツカーなどが事故率も増してしまうため保険料率も高くなってしまいます。

自動車保険料率が低いと言うことは事故率が低いと言い換えることもでき、

ファミリーカーやコンパクトカーなどのように保険料が低い車種ほど安全という理解もできます。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

 

もう一つの安全な車種選びのポイント

先ほどご紹介したように、保険料率から安全であろう車種を見つけ出すこともできますが、

さらに安全な車種を見つけ出すポイントをご紹介しておきます。

それは、最近ニュースにもなりました「自動ブレーキの義務化」です。

すでに多くの車種で自動ブレーキは採用されています。

保険料率とあわせて、自分が選択しようとしているSUV車に「自動ブレーキ」をはじめ、

安全技術がどれだけ備わっているかも見ていただきたいと思います。

各社の安全技術を簡単にご紹介しておきます。

■トヨタ:Toyota Safety Sense P(プリクラッシュセーフティシステム)

Toyota Safety Sense Cの発展版となります。トヨタの中・上級車種向けになります。

Toyota Safety Sense Cではレーダーレーザー+シングルカメラだった組み合わせを、

ミリ波レーダー+シングルカメラの組み合わせにしたのがこのToyota Safety Sense Pです。

ミリ波レーダーとシングルカメラの2種類のセンサーで前方を監視します。

それにより、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、

オートマチックハイビームのパッケージだったToyota Safety Sense Cからさらに、

レーダークルーズコントロールが追加されています。

■ニッサン:エマージェンシーブレーキ

車両前部に取り付けたミリ波レーダーセンサーで追従中の先行車両との距離を測定し、

状況に応じてドライバーの回避操作を促したり、万一の衝突時の被害を軽減するシステムです。

例えば、先行車両に追突する恐れがあり、

ドライバーによる緊急の回避操作が必要とシステムが判断した場合は、

インストルメントパネルへの表示と音でドライバーによる回避操作を促します。

さらに、ドライバーの操作では衝突が避けられないと判断した場合には、

システムがブレーキをかけて減速することで追突時の被害を軽減します。

■ホンダ:Honda SENSING(衝突軽減ブレーキ(CMBS))

2015年から搭載が始まったホンダの主力安全装備です。

ミリ波レーダーと単眼カメラで、前走車、対向車、歩行者を検知します。

前走車や歩行者との衝突の恐れがある場合、まずディスプレイ内の表示や音で注意を喚起してくれます。

さらに接近した場合は軽いブレーキをかけて体感的に警告します。

緊急時には、さらに強くブレーキが作動し、衝突回避・被害軽減を図ります。

衝突軽減ブレーキに加え歩行者事故低減ステアリング、アダプティブクルーズコントロール、

車線維持支援システム、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制装置、

標識認識機能など多くの機能をパッケージしています。

■マツダ:i-ACTIVSENSE(アドバンストSCBS)

2016年7月発売の新型アクセラや8月発売の新型アテンザから順次導入している、

マツダの最新自動ブレーキシステムです。

従来のスマート・シティ・ブレーキ・サポートの赤外線レーザーから、

光学カメラにセンサーを変更したことにより、機能が格段に向上しました。

一番大きな点は、歩行者検知機能が追加されたことです。

■スバル:アイサイトVer.3(プリクラッシュブレーキ)

前方車両の速度差が約50km/h以下(歩行者の場合は約35km/h以下)の状況では、

自動ブレーキによって衝突の回避・衝突被害の軽減を図ります。

また自動ブレーキによる停止後はパーキングブレーキにより停止状態にもしてくれます。

■スズキ:デュアルカメラブレーキサポート

衝突被害軽減システムに軽自動車で初めて、2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用しました。

これはスバルのアイサイトと同じシステムです。

人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形を捉え、

そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識します。

また車線の左右の白線(区画線)も認識するなど、カメラで捉えたさまざまな情報をもとに、

警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートしてくれます。

■ダイハツ:スマートアシストⅢ(衝突回避支援ブレーキ機能)

赤外線レーザーにシングルカメラを組み合わせることにより対応速度を拡大しました。

4~100km/h以内(速度差約60km以内)の速度で走行中、衝突の危険性を検知すると、

まず音と表示による警報を行い、それでも衝突の危険がある場合は自動ブレーキを作動させます。

今回は圏外としていますが、システムに3種類の機器を使用しているのはダイハツのみで、

性能は高いのではないかと思います。

■ミツビシ:e-Assist(衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM))

低速走行時(約5~約30km/h)、ミリ波レーダーにより、

夜間・悪天候時でも前方の車両や障害物を検知し、

衝突の回避または衝突時の被害軽減を実現します。

衝突の危険がある時に緊急停止する「自動ブレーキ機能」、

急ブレーキ時の制動力をより高める「前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能」、

ドライバーに衝突の危険性が高まっていることを知らせる「前方衝突警報機能」などの3つの機能で、

安全性能をさらに高めています。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

SUVで事故率の低い安全な車種・メーカーランキング

SUVに関して事故率の低い安全な車種を紹介していきます。保険料率の合計点数でランキングいたします。

第5位 トヨタ ランドクルーザープラド

対人賠償7 対物8 搭乗者傷害5 車両5=25点

Lサイズの本格的なオフロードSUV。

副変速機を備えた4WDと柔軟に動く足回りが特徴で悪条件の路面で本領を発揮します。

地球上のあらゆる道とあらゆる人々の生活を想定し、

最も厳しい基準でクルマづくりを行ってきたランドクルーザー。

そんな高い信頼性があるからこそ、60年以上もの間、変わらず世界で支持され続けています。

第4位 ニッサン エクストレイル

対人賠償5 対物5 搭乗者傷害5 車両4=19点

ニッサン エクストレイルは、日産自動車が2000年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。

日産はエクストレイルを世界戦略車として位置付けており、世界167カ国で販売されています。

外観はスポーティな雰囲気ですがシートや荷室には防水処理が施され、

レジャーにも使いやすい仕上がりになっています。

第3位 トヨタ ハリアー

対人賠償3 対物5 搭乗者傷害5 車両4=17点


トヨタ ハリアーは、
3ナンバーサイズのSUV人気車種。

車内は広くインパネなどの内装も豪華に作りこまれています。

乗り心地も快適で憧れのSUVです。

トヨタのSUVの中でも上級クラスを担うハリアーは、とてもラグジュアリー感があり、お洒落なSUVで、

ボディも大きくもなく小さくもないジャストなサイズで、ハリアーはとても運転しやすいクルマと言えます。

第2位 スバル フォレスター

対人賠償4 対物5 搭乗者傷害4 車両4=17点

「乗用車進化型SUV」として1997年に誕生したスバル(富士重工業)「フォレスター」は、

今ほどSUVが主流ではなかった中でも安定した人気を獲得し、一躍スバルにとって主力の1台となりました。

水平対向エンジンを搭載したスバルのSUVで安定性や居住性が優れています。

スバルの安全性は他社よりも先人を切って開発・搭載された「アイサイト」が有名です。

緊急自動ブレーキなどの最先端技術を取り入れており、安全性はかなり高いです。

第1位 マツダ CX-5

対人賠償4 対物4 搭乗者傷害4 車両5=17点

予防安全総合評価でも1位を獲得しているマツダ。

マツダの全世界のセールスにおける4分の1以上を占める人気車種であり、

現在のスタイリッシュSUV人気を追い風にできる可能性をもった肝煎りのモデルです。

スカイアクティブと呼ばれるマツダの最新技術をフル活用して開発されたSUV。

上質な運転感覚が特徴です。

高性能かつ低燃費なクリーンディーゼルターボも選択可能となっています。

一番の安全はドライバーの安全意識

しかし、一番の安全予防は「運転するドライバー自身の安全意識」が大切です。

保険料率が低いから、予防安全技術が備わっているからと過信せず、安全運転を心がけてくださいね。

 

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ