ノートe-powerの高速燃費は?エアコンレス仕様を買う人はいる?

日産のコンパクトカーの「ノート」が新型となって大幅に燃費性能が向上しました!

同時に、パワーユニットにレンジエクステンダーEVハイブリッドシステムの「e-POWER」を搭載したモデルを追加。
今回は、マイナーチェンジした新型ノートと、
気になるレンジエクステンダー式ハイブリッドシステム「e-Power」について解説しちゃいます!
最後に、今回発売のノートに追加された「エアコンレス」モデルについても少しだけご紹介します。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ノートがe-power第一号!

“NOTEがe-POWERを搭載する最初の車種となったのは、
少しでも多くのお客様にこの最先端の技術を見て、乗って、感じていただきたいから”

日産自動車の星野朝子専務執行役員は「NOTE e-POWER」11月2日の発表披露会でこのように述べています。
優れた燃費と気持ちの良い走り、
広く快適な室内空間等で人気の高いノートが更に進化したんです!

新型ノートは電気自動車ですが、外部からの充電はしなくてもいいんです。

日産のハイブリッドシステム「e-POWER」とは?

そもそも「e-POWER」って一体何なのでしょうか?

「e-POWER」は、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインです。
搭載しているガソリンエンジンにより発電し、
その電力を利用してモーターの力で走行しちゃうんですね♪

これにより、さまざまなシーンや走行環境において、
完全モーター駆動ならではの力強く反応の良い立ち上がりと、優れた静粛性を実現。

通常の発進や走行時はエンジンが停止したまま高電圧バッテリーからの「電力」だけで静かに力強く発進するため、
夜間や早朝の住宅街でもエンジン音を気にすることなく走行が可能なんです!

バッテリーの残量や車速に応じてエンジンを始動、
エンジン音が気にならない回転数に制御しながら充電を行っちゃたりと超ハイテク。

急加速や登坂時などには、バッテリーからの電力に加え、
エンジンで発電した電力も直接駆動モーターに供給、力強い走りを実現します。

さらに、減速時にはエンジンを停止し、
回生発電した電力を強電バッテリーに充電。

停車寸前まで回生が行なわれるため減速エネルギーを無駄にはしません!

外部電力からの充電は不要ですし、今まで通りの通常ガソリンエンジン車やハイブリッド車と同様、ガソリンの給油のみで走行することが可能です♪

「e-POWER」に搭載されるエンジンは発電専用であり、発電のために高効率な作動領域を保つように自動制御されているため、
アクセル開度による影響を受けにくく、優れた燃費を実現しているのです。

新型ノート e-POWER オーテックバージョン

2016年12月12日、新型ノートe-POWERの特別仕様車「モード・プレミア」を発売します。

オーテックジャパンは日産自動車のカスタムカー、福祉車両、商用特装車を製作しています。
12月12日に発売されるノート モード・プレミアは専用のエクステリアパーツやホイールを装着し、
内装においても専用シート生地や本革巻ステアリングを採用するなどしてスタイリッシュに仕上げられています。

さらにこのモード・プレミアには、ノートe-POWERに8万6400円のメーカーオプションとして設定されている
「ツーリングパッケージ」が標準で装着されています!

ツーリングパッケージには伸びのよいパワーフィールをもたらす
ファインレスポンスVCMに加えて、
フロントクロスメンバーやフロント&リアサスペンションメンバーステーによるボディ補強、
専用チューニングサスペンションと16インチホイール&アルミホイールがセットになったパッケージになっています。

コーナリングでの安定性や、加減速のレスポンス向上によって、
よりさらに快適な走りになることでしょう。

価格は1,690,200~2,207,520円になります。

新型ノートの燃費性能は驚異の37.2km/L!

新型ノートの気になる燃費性能についてですが、
ライバル社であるアクアを超えるJC08モード燃費37.2km/Lとなっています。

他社のハイブリッドタイプのトヨタ・アクアがJC08モード燃費37km/L 、
ホンダ・フィットがJC08モード燃費36.4km/Lなので、
これは同セグメントで一番高い数値であり国内のコンパクトカーでは最高燃費を誇ります。

決して速度や加速などを犠牲にして出した数値ではないところが魅力です!

「ひと踏み惚れ」をキャッチフレーズに加速性もちゃんと重視した上でのこの燃費。
「ノート」の受注台数が、発売から3週間で2万台に達したと発表したことからもわかるようにすごく支持されてるんですね。

e-POWERのエアコンレス仕様

先日発表されたレンジエクステンダーEV「日産・ノート e-POWER」の燃費スペシャルグレードとなる
「e-POWER S」には
エアコンが装備されていない(現状、オプション設定もなし)ことが話題となってました。

実はノート e-POWER S以外にもエアコンが標準装備されなかったクルマは
スポーツカーの代名詞トヨタ・86や
コンパクトカーのダイハツ・ブーン、
それに「ミニバン」ホンダ・ステップワゴンなど存在しているのです。

一体なぜこのe-POWERはエアコンレス仕様が存在するのでしょうか??

エアコンレス仕様を販売している理由

これは車両重量を極力軽くし、JC08モード燃費37.2Km/Lをたたき出すための苦肉の策

同一車種のグレードの低いものに燃費の良い数値を出しておき
広告表示上すこしでもよい燃費を演出しているんですね。

こちらのタイプの購入者としては、

・レース用など少しでも重量を省きたい
・速度を重視したい

という一部の方には向いているのかも知れませんが・・。

一般の方でエアコンレス仕様を購入する人はそれほどいないのではないかと思われます。

シリーズハイブリッド ノートe-Power 他のおススメ記事

>> 新型ノートe-POWERの値引き・下取り相場

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストの人気色 ランキング形式で紹介!

>>新型ノート e-powerの口コミ・評価・評判の良い所・悪い所まとめました。

>>新型ノートe-POWER/e-POWER メダリストのおススメグレードと必須オプションを徹底分析

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

新型ノートe-POWERの値引きを引き出す交渉術

新型ノートe-POWERの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ