プリウスのブレーキが効かない事故が福岡の病院で。リコール対象の可能性?

プリウスのブレーキが効かない事故が福岡の病院で。リコール対象の可能性?

2016年12月3日、福岡市博多区にある原三信病院へ、タクシー(車種はプリウス)が突入し、10人が死傷したという痛ましい事故が報道されました。

3日夕方、福岡市博多区にある総合病院にタクシーが突っ込み、警察によりますと、6人から7人がけがをしているという情報があるほか、病院には2人が死亡したという連絡が入ったということです。過失運転傷害の疑いで逮捕された64歳のタクシー運転手は「ブレーキを踏んだが停止しなかった」と供述しているということで、警察が詳しい状況を調べています。
3日午後5時すぎ、福岡市博多区大博町にある総合病院、「原三信病院」の1階部分にタクシーが突っ込みました。タクシーはガラスを突き破り室内の壁にぶつかって止まりました。

警察によりますと、この事故で6人から7人がけがをしているということです。また、原三信病院によりますと、タクシーが突っ込んだのは病院の東館1階にあるラウンジで、2人が死亡したという連絡が入ったということです。

警察は、タクシー運転手の松岡龍生容疑者(64)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。警察の調べに対し、「ブレーキを踏んだが停止しなかった」と供述しているということで、警察が詳しい状況を調べています。

目撃した人は
事故を目撃した男性は、「タクシーが病院のガラスを突き破り、車体全体が病院に入っているのを見ました。男性が心臓マッサージを受けて運ばれていました」と話していました。

また、事故が起きた直後の様子を撮影した44歳の会社員の男性は、「大きな音がしたので、病院のほうに向かったところ、車がガラスを破り、病院の建物に突っ込んでいました。車の周囲にはひっくり返ったソファーや脱げたブーツなどが散乱していました。何人もの人が病院の建物の中に運ばれていきました」と話していました。

事故の現場は 病院のホームページによりますと、原三信病院は明治12年の開業で、病床数は359床、内科や外科それに皮膚科など幅広い診療科がある総合病院だということです。JR博多駅から北西におよそ2キロに位置し、周辺には商業施設やマンションなどが立ち並んでいます。

出典:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793971000.html

逮捕された運転手は64歳で、常務歴35年のベテランドライバーであることが分かっています。

報道ではブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いが事故の原因である可能性が指摘されています。

最近、高齢者によるブレーキ/アクセルペダルの踏み間違い事故が複数発生していて、運転ミスの事故に対して関心が集まっている一方で、今回事故となった車両はプリウスであることもわかってます。

プリウスといえば最も販売台数の多いハイブリッド車ですが、過度に電子制御化がなされていて、ブレーキ制御に関連するプログラム等の欠陥が事故につながったのではないかという憶測が流れています。

またトヨタ自動車がテレビ局の大手広告主であるため、テレビ局が意図的に何かを隠しているのではないかという憶測すらあります。

事故の不自然な点や、トヨタ自動車の届け出リコールの状況について整理してみました。

 他のおススメ記事】

>>SUVで事故率の低い安全な車種・メーカーランキング(国産車)

福岡の病院の突撃事故の不自然な点

福岡市博多区にある原三信病院にタクシーが突っ込み、3人がお亡くなりになりました。

運転していたのは個人タクシーの運転手松岡龍生(まつおかたかお)容疑者で、病院に相当のスピードで突っ込みました。

事情聴取に対して松岡容疑者は、ブレーキが利かず、シフトチェンジでブレーキを使おうとしたが減速しなかったと話しています。松岡容疑者としては運転ミスではなく、車の誤作動だという主張です。

現在、福岡県警はタクシーのドライブレコーダー/イベントデータレコーダーを押収し、事故原因を分析しています。
※ドライブレコーダーは一般的に装着されている装置です。イベントデータレコーダーは、衝突事故の前後に自動車の挙動があったかを公的な機関が判断するために設置されている機器です。衝突までの数分間(あるいは衝突直前)、ブレーキが使用されたかどうか、衝撃、ハンドル操作のスピードなどが自動的に保存されています。

出典:http://toyokeizai.net/articles/-/148129

幾つか不自然な点があります。

・新聞記事やテレビの報道によると今回のタクシーの運転手は、車両点検をしてから仕事に出る真面目な性格だったと言われています。
このような個人タクシーの運転手がこのような大事故を起こすのか。
→年齢やその時の状況によりますし、真面目だったかどうかの判断は人によって分かれるのでなんとも言えません。

・突入時、運転手は病院側にハンドルを切らなかったのか。
→今回事故を起こしたタクシーは、タクシーの運転手が公園に立ち寄り、その後、通りを300メートル直進し、原三信病院の東館に突撃しました。ほぼ直進で突撃していますが、周辺の画像やグーグルマップによると周辺に病院以外の建物も存在します。
休日でお客さんが少ない可能性もありますが、それでも病院以外の建物にぶつかって減速したほうが被害を抑えられた可能性があります。

届出済みのリコール内容とは?

平成22年2月9日、トヨタ自動車から以下の通りリコール届出がなされています。

リコール届出番号 2466
リコール開始日 平成22年2月10日
不具合の部品(部品名) 制動装置(ABS制御コンピュータ)
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 ABS(アンチロックブレーキシステム)の制御プログラムが不適切なため、ABS作動完了後の制動力が作動直前の制動力より低下することがある。そのため、ブレーキをかけている途中に凍結や凹凸路面等を通過してABSが作動すると顕著な空走感や制動遅れを生じることがあり、そのまま一定の踏力でブレーキペダルを保持し続けた場合には運転者の予測より制動停止距離が伸びるおそれがある。
改善措置の内容 全車両、当該制御プログラムを修正する。また、制御プログラム修正までの間の運転時の注意事項を、使用者に周知する。なお、プリウス(PHV)、SAI、レクサス HS250h の3車種については、対策プログラムが準備でき次第、当該制御プログラムを修正する。

出典:http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000514.html

・プリウス、プリウスPHV、SAI、レクサスHS250h等の内、一部の製作期間に該当する場合はリコール対象となっています。

国土交通省に報告されているプリウスのブレーキに関連した不具合事例

上記のリコール以外にも国土交通省に200件以上、プリウスのブレーキに関連する不具合事例が報告されています。

報告されている不具合事例を幾つか幾つか抜粋しました。
2010年11月25日:
ブレーキをかけた際にマンホールや凸凹道を通過するとブレーキがすっぽ抜け、車1台分くらい前に進んでやっと停止する。警告ランプ等の点灯は出ない。

2016年7月:
ブレーキのコンピューターが故障したため、走行中に警告が出るとともにブレーキの効きが著しく悪くなった。

2016年7月5日:
2°~3°下りの右カーブでブレーキをかけたところ、パネルに何か点灯後、ブレーキが軽くなり効かなくなった

2016年:
右ブレーキキャリパーが固着し、ブレーキが引きずりを起こしたため、ブレーキパッドが全て摩耗し、パッドの金属部分がディスクに当たって、ディスクまで異常磨耗した。

納車後即:
プリクラッシュセーフティシステムが作動しない

不明:
信号停止などで減速をしている最中に路面に凹凸があると、同じブレーキペダルの踏み代では車が止まらなくなる。

2016年03月:
ディーラーがサイドブレーキを規定値よりきつく設定したため、高速走行中にサイドブレーキがかかってしまい、車体に振動が発生し、走行できなくなった。

上記のブレーキ関連の不具合情報を見ると今回の事故のタクシードライバーの話している「ブレーキが効かなかった」という現象に近い不具合は他にも報告されています。

まとめ

今回の事故を起こしたプリウスは30系、2009年以降に発売されているZVW30だと思われます。

リコール対象期間の車両に該当する可能性はありますが、断定することが出来ません。

今回の事故でお亡くなりになった方へお悔みを申し上げます。

事故原因についての真相究明が待たれます。

 他のおススメ記事】

>>SUVで事故率の低い安全な車種・メーカーランキング(国産車)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ