日産 新型エルグランド ハイウェイスターe52の値引き・売れ行き・グレードの違い

日産 新型エルグランド ハイウェイスターe52の値引き・売れ行き・グレードの違い

エルグランドハイウェイスターは、日産自動車のミニバンのカスタマイズカーシリーズです。

スポーティモデルで、クロームをふんだんに使用したグリルが特徴です。

1997年から販売を開始し、2010年と3回のフルモデルチェンジを行っており、現代のモデルは3代目です。

初代(E50型1997-2002年) 2代目(E51型2002-2010年) 3代目(E52型2010-)

そんなエルグランドハイウェイスターの購入を検討している方へ、エルグランドのグレード全般、エルグランドハイウェイスターの仕様に関する詳細情報やポイント、限界値引き額やおススメ交渉ポイントをまとめました。

65_dl0000558029

出典:http://www2.nissan.co.jp

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

エルグランドハイウェイスターの値引き相場

エルグランドハイウェイスターの限界値引き額は60万円です。

値引き相場は5万円から60万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

エルグランドハイウェイスターのスペック

65_dl0000510680

出典:http://www2.nissan.co.jp

エルグランドハイウェイスターの価格帯

3,210,000円~8,060,000円(税込)

エルグランドハイウェイスターのグレード

82_dl0000509310

出典:http://www2.nissan.co.jp

エルグランドハイウェイスターは幾つかのグレードに分かれています。

  • グレード「250XG」はオプションがついていない最もベーシックな内容ですが、他の車種では上級グレードとなりうる基本装備が搭載されています。
  • グレード「250ハイウェイスターS(7人乗り/8人乗り)」はハイウェイスター専用フロントグリル、LEDヘッドランプ、ハイウェイスター専用リアコンビネーションランプ、切削光輝18インチアルミホイール、グラデーションブラウンエボニーフィニッシャー、ネオソフィール/ジャガード織物等が装備されています。
  • グレード「350ハイウェイスター(7人乗り)」はグラデーションブラックメープルフィニッシャー、ダイヤモンドキルトブラックレザー等が装備されています。内装のフィニッシャー、シート地が違ってきます。
  • グレード「350ハイウェイスタープレミアム」はグラデーションブラックメープルフィニッシャー、ダイヤモンドキルトブラックレザー等が装備されています。こちらも内装のフィニッシャー、シート地の違いになります。
グレード 駆動方式 トランスミッション 燃費

(km/l)

最高出力

(PS)

最大トルク

(kgf・m)

価格(円)
250XG FF CVT 10.8 125(170) 245(25.0) 3,213,000
250ハイウェイスターS FF CVT 10.8 125(170) 245(25.0)  3,395,520
350ハイウェイスター FF CVT 9.4 206(280) 344(35.1) 4,125,600
350ハイウェイスタープレミアム FF CVT 9.4 206(280) 344(35.1) 5,337,360

エルグランドハイウェイスターの特徴(スペック)

82_dl0000509310

出典:http://www2.nissan.co.jp

走行

速度が高まると硬さが薄れ、長距離ドライブに向いています。

一方、ボディが大柄で左側面の死角が大きく、市街地走行は苦手なこともありますので注意が必要です。

  • 高速道路の走りは得意、峠道でも安定して走ることができます。
  • 高重心のミニバンでは安定性が良いです。
  • フロントエンジン・フロントドライブパッケージを採用しています。
  • エンジン搭載位置を極限まで下げ、薄型大容量燃料タンクやフロントストラット・リヤマルチリンクサスペンションを搭載しています。
  • 直列4気筒2.5リッターエンジンの動力性能は、車両重量が1950kgに達する割には余裕を感じます。
  • 実用回転域の駆動力が高く、最大トルクも25kg-m(3900回転)に達します。頻繁に使う2000~3500回転付近が力強いです。

燃費

エルグランドハイウェイスターの燃費は、9.4~10.8m/Lと優れています。

※その他グレードを含めても9.4~10.8km/Lです。

  • 2500ccエンジンは駆動力が十分にあります。
  • 扱いやすいエンジンで駆動力に余裕があるので高回転域まで回す機会は少ないです。
  • エンジンは旧型と同様の3.5LのV6とティアナなどに搭載される2.5Lの直4の2種類があります。

安全装備

最新の安全装備が標準化され安心で安全な装備が搭載されています。

  • アラウンドビューモニターのカメラと超音波ソナーを利用した世界初の「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」が搭載されています。
  • 緊急自動ブレーキは3.5ℓ車の一部のグレードのみの設定となっています。

その他の装備

ナビゲーション、オーディオ関連のオプションが充実しています。

  • カーウイングスナビゲーションシステム+アラウンドビューモニター+ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ボイスコマンド、ハンズフリーフォン)+エルグランド専用チューニング地デジ4ダイバーシティアンテナ+ETCユニット(ビルトインタイプ)+フロント&バックソナーがメーカーオプションでセットになっています。
  • こちらはディーラーオプションで8インチナビツインモニタースペシャルパック(4点) BM-12D(ETC)があります。ツインサンルーフ無車用/ツインサンルーフ付車用です。

エルグランドハイウェイスターの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

65_dl0000558063

出典:http://www2.nissan.co.jp

天井の形状を見直し、頭上の空間に余裕を持たせ、内装の質感も向上させています。

  • 荷室は上下方向の寸法が乏しいので注意が必要です。
  • 背の高いミニバンでは運転感覚が自然で、内装は上質となっています。
  • 背の高いミニバンですが、3列目シートの移住性は不満があります。
  • 1/2列目はセダン感覚で快適に乗車できます。

エルグランド ハイウェイスターの補助金

新車を購入する際、チェックすべき補助金は以下の2点です。

  • エコカー減税・免税
  • CEV補助金(一般社団法人次世代自動車振興センター)

エコカー減税・免税

大半の新車購入に該当する補助金がエコカー減税・免税です。

環境性能の優れた車を普及させるための制度で、平成27年度/平成32年度燃費基準の達成度合いに応じて減税が行われます。

エルグランド/エルグランドハイウェイスターの場合、残念ながら免税には該当しませんが、以下の通り減税の適用を受けることが出来ます。

グレード エコカー減税

取得税

エコカー減税

重量税

250XG 20% 25%
250ハイウェイスターS 20% 25%
350ハイウェイスター 対象外 対象外
350ハイウェイスタープレミアム 対象外 対象外

CEV補助金(一般社団法人次世代自動車振興センター)

CEV(Clean Energy Vheicle)補助金は環境に配慮した自動車、電機自動車やプラグインハイブリッド車に対する補助金です。

残念ながらエルグランド/エルグランドハイウェイスターは、CEV補助金の対象車には該当しないため、CEV補助金は得られません。

ライバル車種との比較

65_dl0000558063

出典:http://www2.nissan.co.jp

エルグランドハイウェイスターのライバル車はエスティマとなります。

エスティマの主要な仕様を比較を比較しました。

ニッサン エルグランドハイウェイスター  トヨタ エスティマ
車両価格  3,210,000円~8,060,000円(税込) 3,271,418円~4,928,727円(税込)
燃費  9.4~10.8 11.4~18.0
値引き予想額  5~60万 20~30万
発売年月日  2010年8月18日 2016年6月6日

エスティマ以外にもアルファ―ドやヴェルファイアもライバル車となります。

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

エルグランドハイウェイスターの値引きを引き出す交渉術

エルグランドハイウェイスターの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ