NボックスカスタムJF1/2型の値引き・下取り相場

NボックスカスタムJF1/2型の値引き・下取り相場

Nボックスカスタムは、本田技研工業が生産・販売する軽自動車です。

2011年から販売を開始していて、2012年からN-ボックスプラス、2014年からN-ボックス スラッシュが派生しています。

派生しているモデルも含めてJF1/2型です。

Nボックスカスタムは全高1,700mm以上の軽トールワゴンという区分に分類され、ミニバンのように利用することが出来る軽自動車です。

実用的で人気があり、3年後の下取り価格は新車の45%です。

NボックスJF1/2型のグレードには「C」、「G」、「G・Lパッケージ」、「2トーンカラースタイルG・Lパッケージ」、「カスタム2トーンカラースタイルG・Lパッケージ」等のグレードが存在します。

そんなNボックスカスタムの購入を検討している方へ、Nボックスカスタムの仕様に関する詳細情報やポイント、限界値引き額やおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

pic_cs_ss_black_slide_01

出典:http://www.honda.co.jp

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

Nボックスカスタムの値引き相場

Nボックスカスタムの限界値引き額は15万円です。

値引き相場は5万円から15万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

JF1/2型Nボックスのスペック及びNボックスカスタムの位置づけ

pic_cs_gt_l_slide_01

出典:http://www.honda.co.jp

Nボックスカスタムの価格帯

1,480,000円~2,010,000円(税込)

JF1/2型Nボックスのグレード

30893191555_315b99ff0c_c

出典:http://www.honda.co.jp

JF1/2型Nボックスは幾つかのグレードに分かれています。

  • グレード「C」はエントリーモデルで最もベーシックな内容です。
  • グレード「G」はあんしんパッケージ(シティブレーキアクティブシステム、サイドエアバッグシステム、)及びアイドリングストップシステム等が追加装備されたグレードです。
  • グレード「Lパッケージ」はパワースライドドア、高性能脱臭フィルター等の快適装備と特別仕様の内装が追加・変更された仕様です。
  • 各グレードにある「カスタム」は通常グレードをベースにエアロパーツを装備し、内装・外装が特別仕様になっています。
  • グレード「ターボパッケージ」はターボエンジンの搭載に加えて、クルーズコントロール(照明付ステアリングスイッチ付)、パドルシフトが装備されています。
グレード 駆動方式 トランスミッション 燃費

(km/l)

最高出力

(PS)

最大トルク

(kgf・m)

価格(円) 備考
C  FF  CVT  25.6  43(58)  65(6.6)  1,198,000
G  FF CVT 25.6  43(58)  65(6.6) 1,270,000
G・Lパッケージ FF CVT 25.6 43(58) 65(6.6) 1,370,000
2トーンカラースタイルG・Lパッケージ FF CVT 25.6 43(58) 65(6.6) 1,429,000
カスタムG FF CVT 25.6 43(58) 65(6.6) 1,480,000
カスタムG・Lパッケージ FF CVT 25.6 43(58) 65(6.6) 1,560,000
カスタム2トーンカラースタイルG・Lパッケージ FF CVT 25.6 43(58) 65(6.6) 1,619,000
GターボLパッケージ FF CVT 23.8 47(64) 104(10.6) 1,470,000 ターボエンジン搭載
2トーンカラースタイルG・ターボLパッケージ FF CVT 23.8 47(64) 104(10.6) 1,529,000 同上
カスタムG・ターボLパッケージ FF CVT 22.0 47(64) 104(10.6) 1,670,000 同上

Nボックスカスタムのスペック

pic_cs_g_l_slide_03

出典:http://www.honda.co.jp

走行性能

街中で利用する分には全く問題なく、快適な走行性能を持っていますが、Nボックスカスタムの特性を考慮し、注意すべき点もあります。

  • ノーマルエンジンの動力性能は最高出力は58馬力の最大トルクは6.6kg-mで、軽自動車の標準的なエンジンを搭載しています。(ダイハツタントは52馬力、6.1kg-m、スズキハスラーは52馬力、6.4kg-m)
  • 車体のデザインは直線的でボンネットも短いので取り回しは優れています。
  • 全高1,780mmと高く、立体駐車場の駐車には不向きです。
  • 車体重量950kgと比較的重量がありますが動力性能は不足気味です。
  • 重心が高いため峠道や高速道路の運転には不向きです。特に峠道の移動等が多い場合は、ターボエンジン搭載グレードを検討すると良いです。

燃費

Nボックスカスタムの燃費は、25.6km/lと標準的です。

※その他グレードを含めると22.0~25.6km/lです。

  • ボディが重いので燃費性能は同じクラスの中では平均的な性能ですが、それでも25km/ℓを超える燃費です。
  • エコカー減税は所得税で60%、重量税50%の減税対象となります。

安全装備

安全装備は充実しています。特に予防安全性能評価において最高ランクを取得しています。

  • 安全装備を重視する方には、時速30km以下で作動する緊急自動ブレーキとサイド&カーテンエアバックを選ぶことができます。
  • 車両の検知警報は時速100kmでも作動する高性能な警報です。
  • 低速域衝突軽減ブレーキは、約5km/h~約30km/hで走行中に前方車両に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動します。

その他の装備

事故回避システム、ナビ、オーディオのオプションが充実しています。

  • あんしんパッケージには、約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・軽減を支援する「シティブレーキアクティブシステム」と、「前席用i-サイドエアバッグシステム」、「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」をあわせて設定しています。
  • ディスチャージヘッドライト〈HID〉(ハイ / ロービーム)は高性能ヘッドライトです。より遠くまで明るく照らし、夜間や雨天時の視界を確実にします。通常のヘッドライトより大光量ながら、省電力にも貢献します。照射軸の上下方向を自動調整するオートレベリング機構、点灯忘れも防止できるオートライトコントロール機構付です。
  • 2種類あり、大型8.0型W-VGAモニターを採用しています。フリック/マルチ操作に対応したハイエンドモデルと地上デジタル放送、DVD再生にも対応したインターナビ搭載のベーシックモデルです。

Nボックスカスタムの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

pic_cs_ss_black_slide_02

出典:http://www.honda.co.jp

軽自動車でありながらゆとりのある車内空間です。

全長:3395mm、全幅:1475mm、全高1780mm

室内長:2180mm、室内幅:1350mm、室内高:1400mm

室内長は2メートルを超え、軽自動車では最大級の室内空間を確保しています。

大人4人が乗ってもくつろげる空間があります。

  • 2名乗車でも問題なく使えます。2名乗車の場合、後席を畳み、荷物を積み込む空間を十分確保できます。
  • 燃料タンクを前席の下に搭載しています。これによって荷物の床を低く抑えられていて、大きな荷物の収納もしやすいです。後席のスライド機能は、オプション設定です。

ライバル車種との比較

pic_custom_visual

出典:http://www.honda.co.jp

ホンダNボックスカスタムのライバル車種はダイハツタント、スズキスペーシアです。

タント、スペーシアの主要な仕様を比較しました。

 ホンダNボックスカスタム ダイハツタント スズキスペーシア
車両価格  1,198,000円~1,859,400円(税込)  1,220,400円~1,873,800円(税込)  1,274,400円~1,913,760円(税込)
燃費  25.6  28.0 32.0
値引き予想額  5~15万 5~30万 5~25万
発売年月日 2011年12月  2013年10月  2013年3月

 

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

Nボックスカスタムの値引きを引き出す交渉術

Nボックスカスタムの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ