スバルXVの値引き相場・おススメ交渉ポイント!

こだわりの水平対向エンジンと4輪駆動技術のパイオニアとして、熱烈なファンを持つスバルの中でも人気の車種「XV」(エックスブイ)

インプレッサ・スポーツをベースに、走破性を高めるために最低地上高を高くし、SUVとしてアウトドアで使うに相応しい力強いルックスに仕立てられています。

現行のXVは2代目として、2012年10月に販売されました。元々は「インプレッサXV」という車種名だったのですが、この2代目からは「スバルXV」と改名されています。

翌年の2013年には、スバル初となるハイブリッド車「XV HYBRID」も追加されました。

XVは、スバル車ならではの低重心と4WD(スバルではAWDと呼んでいます)で、悪路での走破性も高く、スバル自慢の先進運転支援システム「EyeSight」を搭載するグレードもあり、安全面も含めて人気の車種となっています。

2015年10月にマイナーチェンジを行い、より安全装備が充実され、ますます注目のスバルXVですが、XVを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またXVのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

出典:http://www.subaru.jp/

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

XVの値引き相場

XVの限界値引き額は55万円です。

値引き相場は15万円から55万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

スバルXVのスペック

スバルXVの価格帯

2,289,600円~2,862,000円(税込)

スバルXVのグレード

出典:http://www.subaru.jp/

スバルXVは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 2.0i AWD (常時前輪駆動)

水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター 150PS/6200回転20.0kgf.m/4200回転

燃費16.2km/l

 2.0i EyeSight AWD (常時前輪駆動)

水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター 150PS/6200回転20.0kgf.m/4200回転

燃費16.2km/l

 2.0i-L EyeSight AWD (常時前輪駆動)

水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター 150PS/6200回転20.0kgf.m/4200回転

燃費16.0~16.2km/l (オプション重量の差による)

 HYBRID 2.0i ハイブリッドAWD (常時前輪駆動)

水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター 150PS/6200回転20.0kgf.m/4200回転 + モーター13.6PS 6.6kgf.m

燃費20.4km/l

 HYBRID 2.0i EyeSight ハイブリッドフルタイム4WD

水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター 150PS/6200回転20.0kgf.m/4200回転 + モーター13.6PS 6.6kgf.m

燃費20.4km/l

HYBRID 2.0i-L EyeSight ハイブリッドフルタイム4WD

水平対向4気筒 DOHC 2.0リッター 150PS/6200回転20.0kgf.m/4200回転 + モーター13.6PS 6.6kgf.m

燃費20.4km/l

※駆動方式 エンジン諸元 燃費

ハイブリッド車、エンジン車のそれぞれグレードではスペックに多くの違いはありません。
当然ではありますが、ハイブリッド車とエンジン車では格段に燃費の違いが現れます。

スバルXVの特徴(スペック)

photo6

出典:http://www.subaru.jp/

エクステリアデザイン

インプレッサ・スポーツをベースにした個性的で遊びゴコロあふれるデザインです。デザインのコンセプトは「Urban Adventure(都市冒険)」 街中でもセンスよく、さらにはSUVらしい力強さもアピールしています。

凸凹した荒地の走破性を高めるためにインプレッサ・スポーツから最低地上高を200mmも高くしていますが、それでも車の
全高は1550mm(ルーフレール無)と一般的な立体駐車場も利用可能となっています。

走りの質感

インプレッサ・スポーツからすると車高の高いXVですが、スバル伝統の水平対向エンジンは重心を低く抑えられるため、走行安定性は抜群です。一般的な背の高いSUV車よりもスポーティな走りが味わえます。

またスバル独自の水平対向エンジン搭載により可能な、左右対称のシンメトリカル4WDシステムを採用し、他メーカーではマネのできないバランスの良さ、コントロール性を発揮出来ます。

2014年のマイナーチェンジで車体にも大きく手を加えられ、より走りと乗り心地のバランスが向上しています。

安全性能

スバルは安全に力を注いでいるメーカーです。車体自体の安全性能もさることながら、高い評価を受けているのが先進運転支援システム「EyeSight」(アイサイト)です。カメラによって自動にブレーキをかけたり、道路の白線を認識してハンドル操作の補助をしたり、車間を一定に保ったりするシステムです。公的な評価でも最高ランクの評価を獲得しています。グレードによっては、この「EyeSight」が標準装備されているのも魅力です。

パワーユニット

スバル伝統の水平対向エンジン。左右対称に向き合ったピストンがまるでボクサーのパンチのように水平に動くことからBOXER(ボクサー)エンジンと言われています。

一般的なエンジンが縦方向に高さがあるのに対して、水平対向エンジンはその名の通り平らな形状となるため、より低い位置にエンジンを乗せることが出来ます。

そのメリットは低重心になることで安定性が増し操縦性が良くなることと、エンジンそのものの振動が少ないことです。

さらには次世代の無段階変速機「リニアトラック」と相まって、軽快で滑らかな走りが楽しめます。

スバルXVの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

出典:http://www.subaru.jp/

XVはスポーティで上質なインテリアとなっています。

フロントシートには運転しやすく、疲れにくい「コンフォータブルシート」を採用しています。シート座面を高く設定する事で、前方をしっかりと見渡すことができます。素材も低反発素材を採用し、より高いホールド感と走行中の振動も吸収します。

スバルの車は安全性を高めるために、どの窓からも1m程度の高さのものを視認できるようになっています。シートの快適性だけではなく最適なドライビングポジションが取れるようになっているため疲れにくく、いざという時の回避行動もしやすくなっています。

各種スイッチ類も運転を妨げることの無いよう設計され配置されています。「事故を起こしにくい車」という思想があらゆるところに貫かれているのです。

ライバル車種との比較

スバルXVのライバル車種はやはりマツダCX-3となります。

マツダCX-3の主要な仕様を比較しました。

 スバルXV  マツダCX-3
車両価格  2,289,600円~2,862,000円(税込)  2,376,000円~3,024,000円(税込)
燃費  16.0~20.4  23.0
値引き予想額  15~55万  5~50万
発売年月日  2013年10月5日  2015年2月27日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スバル XVの値引きの交渉術

スバル XVを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ