運転中、段差でゴグーンという大きな音!危ない?

クルマを運転しているとき、段差で「ゴグーン」という大きい音がしたら要注意です。

音の原因は、ショックアブソーバー(緩衝装置)の劣化やタイヤの空気圧が関係している可能性があります。

場合によっては、ショックアブソーバー本体の故障やショックアブソーバーのオイル漏れなどが起きている可能性もあるため、
音が少しでも気になった場合はすぐに整備工場で点検された方がよいでしょう。

tire160512-1

ショックアブソーバー劣化の原因とは?

ショックアブソーバー劣化は、主に寿命が関係していますが、
ほかにもさまざまな劣化の要因があります。
その前に、まずはショックアブソーバーについておさらいしてみましょう。

ショックアブソーバーとは

ショックアブソーバーには、

・クルマの揺れ(振動)の抑制
・直進時の安定性保持
・カーブ時のうねり抑制

など、さまざまな役割があります。

自動車は、路面からのショックを軽減するために
スプリング(バネ)が車軸に装着されていますが、
そのだけではスプリングの力で車体が上下運動してしまいます。

それを和らげてくれるのが、ショックアブソーバーです。

ショックアブソーバー劣化の要因

そんなショックアブソーバーも、使っていくうちに劣化してしまいます。
どのような原因があるのか、以下を御覧ください。

① 悪路走行
砂利道や荒れた路面の走行が多いと、それだけショックアブソーバーにかかる負担も大きくなります。
悪路の走行が多いと、消耗も早くなってしまいます。

② 過積載

足廻り全体に過負荷をかける過積載も当然のように劣化の原因となります。
過積載によって車両が沈み込むことによって、
ショックアブソーバー劣化による異音が多くなってしまうのです。

③ レース/スポーツ走行

だいたいの車両に社外の足回りが装着されていると思いますが
競技用パーツは純正パーツよりも保障期間が極端に短くなっています。
足回りを固めた時点で異音はあきらめているかもしれませんが、レースなどで過負荷走行すると劣化が早く進む傾向があるようです。

④ ローダウンスプリング

手軽にカスタマイズできるローダウンスプリングと純正ショックアブソーバーの組み合わせですが
スプリング力を下げることによるローダウンは、ボトムする量が増えてショックアブソーバーに負荷がかかります。
その分、劣化も早く進むため、注意が必要です。

ショックアブソーバーの寿命は?

さて、ショックアブソーバーの主な原因を見てきましたが、
通常の使用状況での寿命はどれくらいなのか気になりますよね。

実際、他のパーツの劣化は割と運転中にもわかりやすいのですが、
ショックアブソーバーの場合、性能が徐々に落ちていくので、
体が慣れてしまう傾向にあります。
そのため、どれだけ車体の伸縮運動(揺れ)が大きくなっているのかがわかりにくいのが現状です。

クルマの車種にもよりますが、新品で純正ショックアブソーバーの寿命は
約4〜5万キロといわれています。

もちろん、走行している路面やクルマの年数にもよりますが、
市街地走行など平坦な道での走行が多ければ
ショックアブソーバーの負担も減り、寿命は延びるでしょう。

逆に、総走行距離が短くても
山道や砂利の路面など、悪路走行がメインである場合は、
ショックアブソーバーにかかる負担も多くなり、劣化も早く進みます。

基本的に、音が気にならなければ5年5万キロくらいでの交換が理想的だそうです。

ショックアブソーバー劣化の症状とは?

ショックアブソーバーの劣化で最もわかりやすいのが、
段差を通ったときの「ゴグーン」という大きな音です。

この音の場合、タイヤの空気圧が合っていないということも考えられますので、
まずはタイヤの空気圧を自分で調べてみましょう。
特に問題がなければ、原因がショックアブソーバーの劣化にあると考えられます。

ほかにも、

・クルマの揺れが大きく、不安定と感じることが増えた場合
・ハンドルが右や左に取られることがある場合
・タイヤの磨耗が早まった、または偏磨耗がみられる場合
・長距離走行のときに以前より疲れてしまう場合
・ハンドル修正操作が増えた場合

などでもショックアブソーバーの劣化が考えられます。

ショックアブソーバー交換の費用は?

「ゴグーン」という異音を解消するには、交換しか手段がありません。
保証適応期間内ならいいのですが実費で純正品に交換すると結構な金額がかかります。

純正部品がベストともいえますが、せっかく交換するなら社外品のほうが安くて自分にあったものを選べますので、
もし純正以外に抵抗が無いのなら選択肢の一つとして社外サスペンションに交換するという方法もあります。

ショックアブソーバーの交換にかかる工賃は、一本当たりおよそ5000円~25000円ほどです。
リヤかフロントか、また車種によって価格は変わってきますのであくまで参考程度に。

ショックアブソーバーの部品代は、一本あたりおよそ5000円~20000円
こちらもリヤかフロントかで変わってきます。
一般的にフロントの方が高めになっているようです。

つまり、4本全て交換するとなれば、一般的に6万~9万円ほどはかかると見ておいたほうがいいでしょう。
ディーラーは割高なので、カーショップなどで頼むと若干安くなる場合が多いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ