中古車売買で知っておくべきキーワード クロス売買、V字売買の意味とは?

05fd64d8418df668819ba095d4ec83e5_s

車の売却方法には大きく分けて2つ方法があるのをご存知でしょうか?
それが、「クロス売買」と「V字売買」です。

業界用語に近いので、ご存知の方はあまりいらっしゃらないかも知れません。
でも知っておくと便利な言葉でもあるので、
今回はクロス売買とV字売買について詳しくご説明します!

クロス売買

クロス売買とは、自分の愛車の売り買いを同じところ、つまり新しい車の購入と愛車の下取りを同じ車販売店で行うことで、
その売買形態がX(クロス)するとように行われるのでクロス売買と呼ばれています。

こちらは従来の売買方法ですので、
ディーラーや中古車店で車を購入し、そのお店に愛車を下取りするという方法になります。

V字売買

V字売買とは、購入したお店とは別のお店に車を売る方法です。

以前は、愛車の売買といえば、ディーラーに下取りする方法が一般的で、
ほぼ8割を占めていたそうです。
でも今では買い取り専門店の登場やインターネットの一般化で、愛車を売る形態が多様化してきたのです。

流れとしては、

ディーラーや中古車店からの購入

ユーザー

買取店へ愛車を買取査定

といった感じです。

愛車を高く売る方法

もともとは、愛車を自動車販売店に下取りしてもらい、
その店で新車を購入するクロス売買が主流でした。

クロス売買では、系列ディーラーや他メーカーと競合させることで、
新車の値引きアップを競う手法が行われていました。
でもこの手法では、大切な愛車がディーラーや中古車店の言い値で
取引されてしまっていたのです。
下取り部分はあくまで言い値なので、ユーザーに交渉の余地や手段が無かったためです。

1990年代から「買取専門店」という
ユーザーと中古車流通業者の仲介役が登場し始めたので
「V字売買」の形態が増えてきたのです。

実際には車をディーラーへ下取りしてもらうより、
買取業者に売る「V字売買」の方が「お得」に車を買い替えることができることが多いのも事実。

今後、クロス売買よりもV字売買が主流になっていくと予想されます♪

V字売買による売却

車を売却するときに最も重要視したいのが、自分の愛車につく値段ですよね。
「少しでも高く売りたい!」皆さんそう思われているはずです。

でもそのためには、高く売る方法を知る必要があります。
まず、車売却には次のような方法があります。

・個人売買
・オークション
・インターネット
・下取り
・買取り

個人売買やオークションは、初心者だと失敗する可能性も高く、
また利用者の数もそれほど多くありません。
ここでは、最も利用者の多い下取りと買取りについてご紹介しようと思います。

下取りは、今乗っている車を販売店に売り、新車購入代金の一部に当てることです。
先ほど紹介したクロス売買という方法にあたります。
今も全体の約8割がこの方法で愛車を手放しているそうです。

一方で買取では、中古車売買の専門業社たちと取引します。
貴重な中古車をディーラーに取られてしまっては困るため、
高値で買い取ろうとしてくれます。
ただ、買取業者によっては10万円から50万円の差があることも多いので
その中でもきちんと比較しながら交渉を進めていきたいものです。

ディーラーの下取りは手続きが楽なのですが、
結果的に10万円以上損してしまうこともあり得ます。
中古車買取業社の掲示する価格は念のために把握しておくのがベストです。

インターネットを利用したV字買取

先ほど、下取りの方が手続きは楽と言いましたが、
確かに高値で買い取ってくれる業社を選ぶためには
それなりの時間と労力も必要になってきます。

でも最近では、インターネットを利用した買取の人気も高まっています。
一度に多くの業者に査定依頼を出すことができ、
その中から最も高い値段をつけてくれた業社をあなた自身が選ぶことができちゃうんです。

また、一見では素人だと判断しにくい価格相場も、
一括査定サイトなら簡単に見ることができます

・車種
・グレード
・年式
・走行距離
・ボディカラー
・オプションの有無

クロス売買では逆にマイナスになりがちなオプションも、
V字売買ならプラスにつながることもあるんです。

中古車一括査定サイトなら、これらの情報を入力するだけで
最大10社に一気に査定をかけることが可能です。
その中で比較できるようになるので、わざわざ店舗に足を運ぶ必要もありません。

下取り価格よりも高値で買い取ってもらうことができれば、
その分新車購入時の負担も減ります。
数年おきに車を買い換える方は、長い目で見れば買取の方が断然お得になります。

愛車を少しでも高く売りたいなら、1社でも多くの中古車業社に見てもらい、
価格の相場を知ることが大切です。
買取業社によって価格はかなりの差があります。
1社だけ見てもらって買取となってしまうと損することになるので注意。
また1社の価格をまず知っておくことで、
次に査定にきてくれる業社にはその価格を踏まえて交渉できます。

さて、いかがでしたでしょうか。
今後は主流になると予測されるV字買取、どんどん活用してみたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ