スバルのインプレッサスポーツの値引き額の相場・おススメ交渉ポイント!

スバルが1992年から生産しているインプレッサです。

日本では「インプ」の愛称で親しまれています。

日本車としてはモデルサイクルが長いことでも知られています。

そんな初代から愛されているスバルのインプレッサのスバルのインプレッサスポーツですが、スバルのインプレッサスポーツを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またスバルのインプレッサスポーツのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

interior_imgbox01_pict01

出典:http://www.subaru.jp

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スバルのインプレッサスポーツの値引き相場

スバルのインプレッサスポーツの限界値引き額は25万円です。

値引き相場は10万円から25万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

スバルのインプレッサスポーツのスペック

interior_imgbox01_pict01

出典:http://www.subaru.jp

スバルのインプレッサスポーツの価格帯

1,598,400円~2,419,200円(税込)

スバルのインプレッサスポーツのグレード

interior_imgbox01_pict01

出典:http://www.subaru.jp

スバルのインプレッサスポーツは幾つかのグレードに分かれています。
グレード グレードの特徴
 1.6i  2WD/AWD(常時全輪駆動) エンジン1.6ℓ DOHC

2WD(2輪駆動):16.4km/ℓ
AWD(4輪駆動):15.4km/ℓ[MT車:15.6km/ℓ]

 1.6i‐S  2WD エンジン1.6ℓ DOHC

17.6km/ℓ

 2.0i  2WD/AWD(常時全輪駆動) エンジン2.0ℓ DOHC

2WD:17.6(17.0)km/ℓ

※オプション装着により車両重量が1320kg以上となった場合の数値です。

AWD:16.2km/ℓ

 2.0i

EyeSight

ActiveStyle

 AWD(常時全輪駆動) エンジン2.0ℓ DOHC

16.2km/ℓ(車両重量1430kg未満)
16.0km/ℓ(車両重量1430kg・SDナビゲーション装着車)

 2.0i‐S  2WD エンジン2.0ℓ DOHC

17.6(17.0)km/ℓ※オプション装着により車両重量が1320kg以上となった場合の数値です。

※駆動方式 燃費

各種スペックには多くの違いはありません。

ですが、グレードが上がれば上がるほど、オプションにもよりますが排気量や燃費の違いがあらわれます。

スバルのインプレッサスポーツの特徴(スペック)

photo11

出典:http://www.subaru.jp

エクステリアデザイン

Newインプレッサでは、ワイド&ローのスポーティなスタンスでエアロダイナミクスを追求したフォルムやシャープなラインがもたらす先進性、そして質感高いディテールを融合しています。
ボディ前後のダイナミックな絞り込みや反力を感じさせるキャラクターラインには、Dynamic × Solidの哲学が宿っています。

安心と愉しさを、目に見えるカタチにしています。

ボディカラーも多彩なアクセサリーで、クリスタルホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ダークブルー・パール、クォーツブルー・パール、ピュアレッドとなっています。

走りの質感

乗る人すべて気持ち良い、感動レベルの走りの質感にこだわっています。

スバルグローバルプラットフォームのメリットのひとつでそれは走りの質感の高さです。
ステアリング操作に対して、瞬時に正確にクルマが反応し、クルマとの圧倒的な一体感を味わえるだけでなく、疲れや酔いの原因となる細かなステアリングの切り増し/戻しの低減も期待できます。
また、突起を乗り越えた時や悪路を走る時も乗り心地が良いのに加え、不快な振動や騒音が少ないのも特長です。

静かな車内で会話や音楽を共有しながら、揺れの少ない快適なドライブを乗る人すべてが愉しめます。

0字安全

前身は航空機メーカーです。

航空機はちょっとした操作ミスや判断ミスが大事故につながるため、“そもそも事故を起こしにくい”設計になっていることが求められます。

まずカタチや操作系といったクルマの基本的な設計を工夫し、ドライバーが運転以外のことに気を遣うことのないよう、見やすく、使いやすく、疲れにくいドライビング空間を追求しています。

視界性能も良く、ピラー形状の最適化やドアミラー位置の工夫などにより、全方位で死角を低減します。

危険をいち早く察知できるほか、コーナリングや右左折、バックの時も安心して運転できるなど、優れた視界性能を確保しています。

パワーユニット

2.0ℓ直噴エンジン & 1.6ℓエンジンで優れた出力性能と環境性能を備えた新世代BOXERエンジンです。
Newインプレッサではほぼすべての部品を新設計し、さらなる高剛性化や軽量化、摩擦の低減を実現します。
ドライバーの感性に響くリニアで気持ちの良い加速と音の一体感を提供します。
さらに2.0ℓエンジンでは直噴システムを採用しており、軽快で力強い出力性能と、優れた燃費性能を高度にバランスしています。

スバルのインプレッサスポーツの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

photo13

出典:http://www.subaru.jp

立体感とダイナミックさを感じさせる大胆な造形と、クラフトマンシップが息づく精緻なディテールを融合しています。
多彩なディスプレイやシャープな造形がもたらす先進性も加味することで、インプレッサならではのDynamic × Solidを表現しています。

滑らかな触感とスポーティな雰囲気が魅力の本革シートと、充実した上級装備を組み合わせたブラックレザーセレクションで、質感高いインストルメントパネルと相まって、プレミアムな空間を演出します。

以下、ブラックレザーセレクションに含まれる装備です。

■ LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
■ クリアビューパック
■ 本革巻ステアリングホイール&セレクトレバー
■ キーレスアクセス&プッシュスタート
■ 本革シート(フロントシートヒーター付)
■ 運転席&助手席8ウェイパワーシート
■ スーパーUVカットガラス(フロントドア)

大胆な造形と、細部に宿るクラフトマンシップなインテリアです。

ライバル車(トヨタオーリス)とインテリアを比較

<インプレッサスポーツ>

interior_pict_6

出典:http://www.subaru.jp

スバルインプレッサのデザインのテーマは大胆な造形と精緻な造り込みをしたDynamic × Solidです。

本革巻ステアリングホイールで、手に馴染む上質な触感が、走りの愉しさと所有する悦びを提供します。

内部構造や厚みを徹底的に見直し、快適な座り心地を実現しています。

フロントシートはしっかりと身体をサポートし、事故の原因となる疲れを低減します。

またフロント/リヤシートともに適度なホールド感と振動吸収性能を確保し、快適性に配慮しています。

package_pict_5_2

出典:http://www.subaru.jp

使いやすさのベストバランスなパッケージングです。

インプレッサは、荷室の使いやすさ、空間の広さ、取り回しのしやすさなど、求められるさまざまな要素をそのスポーティなスタイルの中に凝縮しています。

カーゴルームには、大きな荷物や長尺物を積みたい時、6:4分割可倒式リヤシートによって荷室を自在に拡張可能です。
アクティビティやシーンに応じて、さまざまな荷物を積載できます。

カーゴルームの容量は385L(VDA法)を確保しており、後方視界を妨げることなく、9.5インチサイズのゴルフバッグを3個収納することができます。

また開口部の幅も広く、荷物の積み降ろしが楽に行えるなど、使い勝手にもこだわっています。

荷物の固定や小物の吊り下げに便利なフック(計6ヶ)、かさばる小物や汚れた荷物をスマートに収納できるサブトランクも装備しています。

使う人のことを考え抜いた実用性を備えています。

<オーリス>

carlineup_auris_gallery_2_08_lb

出典:http://toyota.jp

こちらは、ファブリック生地や本革などを使用した上質感のあるものになっています。

快適な運転席・助手席それぞれで異なる温度設定が可能です。

運転席・助手席における日差しの違いによっても独立した制御を行っています。

また押した感覚が分かるピアノタッチ式スイッチを採用し、直感的な操作フィーリングも実現しています。

carlineup_auris_interior_indoor_space_2_03_pc

出典:http://toyota.jp

荷室容量は360Lの容量で、後席を倒す事でさらに広いスペースを確保する事が可能です。

パッケージトレイで荷室を覆い隠して見た目をすっきりさせる事も可能です。

収納という機能性だけではなく質感の高さにもこだわりました。

ハイブリッド車と180S、150X“S Package”のコンソールボックスのフタには、スライド式ステッチ入りタイプを設定しています。

サイズ感と仕様

carlineup_auris_gallery_2_08_lb

出典:http://toyota.jp

インプレッサスポーツは、ワイド&ローのスポーティなスタイリングや広い室内空間を実現しながら、日本の交通環境に配慮し、扱いやすさや取り回しの良さはしっかりと確保しています。

死角の少ない良好な視界と相まって、狭い道でのすれ違いや街中での運転も安心して行うことができます。

新たなプラットフォームの効果により、ゆとりある居住空間を実現しています。

足元の広い前席はドライバーに最適なドライビングポジションを提供するだけでなく、左右席間と肩周りにも十分なゆとりを確保しているので、のびのびとした快適なドライブを愉しめます。

それに加え後席の足元も広く、フロントシートバック形状の工夫と相まって、ゆったりと寛ぐことができます。

そして、ドア開口部は頭上や足元が広いだけでなく、ドアが90度近くまで開くので、乗降性に優れています。

どなたでもスムーズに乗り降りできるほか、チャイルドシートの積み下ろしなども楽に行えます。

機能充実スバルインプレッサスポーツ

両車とも、本革を使用しているにもかかわらず荷物の量も多少多いインプレッサスポーツは、安全なドライブのために考え抜かれた総合安全にも注目したいです。

safety0_pict_1

出典:http://www.subaru.jp

航空機メーカーの設計思想を受け継いでいるスバルは、ドライバーが正確な認知・判断・操作を行えることが何よりも大切だと考えています。

そのためにウインドゥやシートの形状、ディスプレイやスイッチの配置といった“そもそものカタチ”を工夫することで、見やすさ、使いやすさ、疲れにくさといった基本的な安全性能をしっかりと確保します。

乗る前から、走り出す前から、深い安心感を提供します。

ドライバーは、操作や判断のほとんどを視覚からの情報に頼っています。

安全性能に強いこだわりを持つスバルは、スポーティなエクステリアデザインを実現しながら、ピラー形状の最適化やドアミラー位置の工夫などにより、全方位で死角を低減します。

危険をいち早く察知できるほか、コーナリングや右左折、バックの時も安心して運転できるなど、優れた視界性能を確保しています。

スバルインプレッサスポーツの特徴として、非常に安全性に配慮した設計をしていると言えるでしょう。

ライバル車種との比較

トヨタオーリス、マツダアクセラの主要な仕様を比較しました。

 スバル

インプレッサスポーツ

トヨタオーリス  マツダ

アクセラ

車両価格  1,598,400円~2,419,200円(税込) 1,789,855円~2,832,545円(税込)  1,760,400 ~3,310,200(税込)
燃費  17.0 30.4  30.8
値引き予想額  10~25万 10~30万  5~15万
発売年月日  2016年9月 2016年10月  2016年7月

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スバル インプレッサスポーツの値引きの交渉術

スバル インプレッサスポーツを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ