中古車買取相場・査定基準と車を高く売るコツ!

中古車買取相場・査定基準と車を高く売るコツ!

Contents

中古車買取相場や査定基準を何故、知っておく必要があるのでしょうか?

新車に買い替えたい時、古い車が不要になった時、自分の愛車をなんとか高い値段で売りたいと思いますが、愛車をいくらで売ることができるのか、そもそもどこまで高値で買い取ってもらえるものなのか、判断が出来ません。

インターネット上では概算金額が紹介されていたり、調べることが出来るサイトはありますが、中古車買取価格は常に変動しているので、厳密には正確な金額ではありません。

マイカーを売却する際、より高く売るためには

中古車買取相場の仕組み

中古車の査定基準

を知っておくことが非常に重要です。

中古車を最も高く売る方法はカープライスを利用すること

この後、中古車買取相場や査定基準に関する長文が続きますので、最初に結論をお伝えします。

中古車を最も高く売る方法はカープライスを利用することです。

カープライスを利用すると買取業者を経由せず、直接業者オークションにかけることが出来ます

>>>>カープライスの公式サイトはコチラ<<<<

 

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

中古車買取市場の仕組み

現在、一般的に取引されている中古車の買取形態は以下の3パターンがあります。

ディーラー

中古車買取

オークション

それぞれ大まかな流れを紹介しますが、最終的に中古車を利用するユーザーに近づけば近づくほど、取引に伴う手数料が減りますので、一般的に中古車の買い取り価格は

オークション > 中古車買取 > ディーラー

となります。

①ディーラー

flowc3

新車を購入しようとしているディーラーに引き取ってもらう下取りです。

1980年代まで下取りが一般的でしたが、1990年代に入って買取業者の数や取引量が徐々に増えてきました。

ディーラーは必要なメンテナンスを行った後、系列の中古車販売店へ売却します。

中古車買取業者は、メンテナンスを行った後、元のユーザーに起因するトラブルが発生した場合、契約不履行等を理由にして元々のユーザーに損害賠償を請求することが出来ます。

一方、ディーラーは新車を購入する材料として下取りをしており、元のユーザーに請求することが出来ず、より確実なメンテナンス費用を下取り価格に反映する必要があり、結果としてディーラーの下取り価格は安くなってしまいます。

②中古車買取

flowa

現在、最も一般的な取引は中古車買取会社(ガリバー、アップル、カーセブン等)へ売却するという方法です。

市況に寄りますが大半のケースにおいて下取りより高値で車を買い取ってくれます。

中古車買取の取引で留意しなければならないのは、中古車買取業者は買取のプロ=買取で利益を稼いでいるということです。

ユーザーに相場の知識がないと分かれば、安値で買い取ろうとしてきます。

③オークション

flowb

最も高額で車を売却できる方法はオークションです。

②で記載の通り中古車買取業者も同じチェーンで仕入れた中古車を販売するのではなく、オークション会社を経由して国内外の中古車販売店に販売することで稼いでいます。

中古車買取業者は中古車買取店舗運営のための経費が必要で、そのコストは中古車の買い取り価格に反映されています。

>>>中古車売買で知っておくべきキーワード クロス売買、V字売買の意味とは?

下取り/中古車買取/オークションのメリット/デメリット

  ディーラー下取り 中古車買取 中古車買取

(一括査定)

オークション
査定額 ×
査定会社  ディーラー1社 中古車買取店1社  中古車買取店複数社 “オークション代行会社1社
(ただし入札する会社は複数)”
電話の多さ
手続き 新車と引き換え 新車の納品タイミング注意

店舗あるいは出張査定

新車の納品タイミング注意

店舗あるいは出張査定

新車の納品タイミング注意

店舗あるいは出張査定

アフターケア
特徴 価格は最も安い。

安心感有。

ディーラーよりは高額。

業者によって売り叩かれる恐れ有。

ディーラーより高額。

交渉可能。

手続きは多少煩雑。

最も高額。

手続きは多少煩雑

取引形態によって大きく相場は異なります。

中古車を一番高く売れる方法

中古車買取一括査定オークション代行会社から見積もりを取得する。

・おそらくオークションのほうが高い値段を出してくれるが、希望している金額以上の見積もりを提示してくれた会社に依頼する。

です。

※中古車の買い取り額は様々な要因で、刻一刻と変動します。

買取店の販売ルートや在庫状況、国内外の他の中古車販売店の営業状況、スポーツカー専門店や輸出業者の動向も影響を与えます。

最新の相場を把握したいのであれば、買取一括査定・オークション代行会社へ相談し、最新の見積もり額の提示を受けるべきです。

中古車査定のチェックポイント

中古車の査定額は1台ごとに異なります。

インターネット上で、車種、グレード、年式等を入力して下取り価格が記載されている場合がありますが、あくまで参考額です。

もし車種、グレード、年式が全く同じ車が2台あったとしても査定額は異なります。

査定額が異なる理由は様々です。

具体的には
・その中古車を売却しようとしている地域
・シートの摩耗状況
・走行距離
等、車種、グレード、年式ではカバーされない情報で総合的に査定額が決まっています。

中古車の相場というものは目安としては存在しますが、個別のクルマに当てはめるのは難しいのが実態です。

中古車査定の基準とは?

中古車査定は「中古車査定基準(出品車両評価基準)」というルールに基づいて行われます。

このルールは一般社団法人自動車査定協会(JAAI)が定めた業界基準です。

あくまで業界基準ですので、この基準を用いないことで罰則はありませんが、大半の中古車買取業者はこのルールに基づいて中古車査定を行っています。

中古車の査定は”標準”の車両状態と、対象の中古車を比較して、どういう状態であるかを判定しています。

一般社団法人自動車査定協会(JAAI)が定めている車両の標準状態とは以下の状態です。

①外装・内装は無傷であること

②エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること

③車検の残り月数は3か月以内であること

④走行キロ数は標準であること

⑤タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること

⑥事故修復歴や改造工作がなく損傷減価要因(腐食・臭い)等がないこと

査定価格の算出方法とは?

flow4

査定価格は上記の図の通り計算されています。

基本価格までは個別のクルマの状況は影響を与えません。

一台ごとの状況は加減点というポイントで反映されます。

査定基準価格

査定基準価格は査定協会が支所ごとに市場調査を行って毎月設定されています。

査定基準価格は標準的な整備が完了し、外観や機能が十分整備されている状態の価格です。

標準整備費、標準諸掛

標準整備費、標準諸掛はエンジンや足回り等、どの車でも共通で必要な整備費や販売店が営業するために必要な粗利益等です。

特別調整

特別調整は在庫の回転状況や部品の価格、中古車買取業者の営業力等によって変動する事業者ごとに調整される金額です。

基本価格

査定基準価格に標準整備費や特別調整等が合算され基本価格が算出されます。

標準状態にある車の価格です。

査定価格

基本価格に加減点が反映され、最終的な査定価格が決定します。

中古車査定の査定項目

基本項目

最初にチェック対象となるのはメーカー、車種、年式、グレード等の基本項目です。
基本項目によって基本価格の大半は決定します。
基本項目に関連して重要なチェックポイントは”整備記録簿”です。

定期点検整備記録簿、通称整備記録簿とは、24ヵ月点検や12ヵ月点検の法定点検の点検記録を記載した用紙のことです。
大半の車はグローブボックスに保管されています。

もし整備記録簿がないと中古買取業者等、車を買い取る人はメーター戻し等操作しているのではないかと疑われる可能性があります。

修復歴(事故歴)

車の買取額に大きな影響を与えるのは車の修復歴です。

注意すべきは全ての車の事故が買取額に影響を与える訳ではないということです。

例えば外装の簡単な傷の修理をしたことがあったとしても、査定額に影響を与えません。

重要なのは修復歴の存在です。

修復歴とは、交通事故や災害によって自動車の車体の骨格部分を損傷し、修復あるいは交換した履歴のことを指します。

査定の加減点の対象となる項目

査定の加減点の対象となる主要な項目は以下の通りです。

9e131ecdce062e064afb51c658c66938_s

車を売却する際に必要なアイテム

車を売却するためには幾つかのアイテムが必要になります。
車の買取価格は様々な外部要因で刻々と変化します。
この変化を受けて、買取価格には短期間の見積もり期限が設定されています。
希望する見積もり額を入手した後に慌てないように必要なアイテムは
事前に準備しておくとよいです。

車検証

既に車に備え付けている方が大半だと思いますが、車検証は公道を走る際、必ず携帯しなければならない書類です。
車検が残っているのであれば必ず車検証があるはずです。
紛失した場合は、陸運局へ届け出を行い、再交付の手続きを進めましょう。

自賠責保険証明書

自動車損害賠償責任保険は、自動車損害賠償保障法によって、車を運転する際、すべての運転者の加入が義務付けられている保険です。
自賠責保険証明書についても、万が一紛失してした場合は、保険会社へ連絡し、再発行の手続きを勧めましょう。

譲渡証明書

譲渡証明書は車の売買の際に必ず作成する必要のある書類です。
車は重要な資産なので、所有者の名義が勝手に変更されることがないように、車の名義を変更する際に、譲渡証明を発行して、車の所有者が変更されたことを証明する必要があります。

自動車税納税証明書

実印

印鑑登録証明書

委任状(必要に応じて)

車買取の一般的な流れ

実際に中古買取業者へ車を売る手続きはどのような流れになるのでしょうか。
一般的な中古車買取の流れを紹介します。

①見積もり依頼

最初に見積もり依頼を行います。

中古車買取専門業者あるいはオークション代行会社へ依頼し、どの程度の値段で買い取ってもらえるのか見積もりを出してもらいます。

インターネット上で一括無料査定に申し込みすれば一度に複数社の中古車買取専門業者の見積もりを取得出来ます。

②査定(出張・店舗)

見積もりで出た金額に満足出来たなら、実際に車を確認して査定が行われます。

中古車買取専門業者については必ず複数社の現地確認を経て、会社を決めるようにすべきです。中古車買取専門業者によって対応は異なりますが、基本的には先方に出張してもらい自宅・勤務先等での現物確認、あるいは中古車買取専門業者の店舗で査定を受けることが出来ます。
精神的にも安心しますし、複数社を回る手間は増やしたくないので、自宅での出張査定がオススメです。

③申し込み手続き(インターネット・郵送)

価格に納得したら正式な申し込み手続きを進めます。

車検証や納税証明等、必要な書類がありますので予め集めておくとスムーズに進みます。

④支払い

支払条件は会社によって異なります。

会社によっては現金で即払いのケースもありますが、基本的には数日後~数十日後の現金振り込みが多いです。

503edc59889fec4bd26cf74dea7c908d_s

高い中古車査定額を得るためのコツ

買取相場を知る

少しでも高く買い取ってもらいたいと思うのであれば買取相場を知る事が重要です。
メーカー、車種、年式、グレード等によって中古車の査定額は大きく異なります。
例えば中古車買取業者が極端に低い査定額を提示してきた場合、査定額の相場を知っていればすぐに候補から外すことが出来ます。
交渉を有利に進めていくにあたって、査定額を把握することは非常に重要です。

インターネット上で、相場表など、車種別の中古買取額が紹介されているケースもありますが、結局、スペースの問題や、サイト運営者の都合で限界があります。

またあくまで目安であって、個別の会社が提示している金額ではありません。

確実なのは中古車買取一括査定・オークション会社に申し込み、見積もりを得ることです。

現在、一般的に取引されている中古車の買取形態は以下の3パターンと紹介しました。

ディーラー

中古車買取

オークション

一般的に中古車の買い取り価格は

オークション > 中古車買取 > ディーラー

となります。

見積額に関してポイントをまとめると

①ディーラーの下取り価格と比較するのは意味がありません。

ディーラーはディーラー内部のルールに基づいて下取り価格が決定しています。

中古車買取業者は、市場の状況に応じて可能な限り高値で買い取りをしてくれます。

ただし、相手に交渉力や知識がないと足元をみて、買値を下げてきますので、基本知識を知る、中古車査定一括サイトに登録するなどして情報を収集する必要があります。

②オークションはより高値で売れる可能性がある。

中古車買取業者は、オークション会社に紹介するまでの商流で彼らの経費、店舗の光熱費や賃料等を上乗せしています。

現在はオークション代行会社等を利用して、直接オークション会社と取引できますのでこちらのほうがより高値で愛車を売る事が出来ます。

③査定額は複数の情報を得ること。

サイトによっては適当な情報収集を元に査定見込み額が記載されている場合もあります。
確実な査定額の幅を知るためには、一度に複数の業者に対して見積もり依頼をすることが重要です。
中古車の買取価格は景気や他のメーカーの動向の影響を受けて刻々と変化しています。

希望の査定額は伝えない

査定営業マンに希望の査定額は絶対に伝えないようにしましょう。

希望の査定額を伝えれば、それに対して何割かカットした金額で、納得するだろうと思われてしまい、期待以上の買取額を提示してもらえなくなります。

査定は自宅で行う

車を中古買取業者に持ち込んで査定を受ける場合、既にある程度、売る気があるという風に見られてしまい、低めの査定額を提示されることがあります。

中古買取業者は、車を店に持ち込んだ時点でその客は
「少しでも現金が手に入ればいい」「早く車を現金化したい」
と思っていると思われてしまいます。

あくまで参考見積もりを集めていて、最高値の会社に売るつもりであるということを示し、自宅で複数社の査定を受けましょう。

また、自宅であれば普段いる場所なので、査定に際して精神的な余裕も生まれます。

●車買取一括査定のメリットは?

メリット① : 効率的で楽ちん

一括査定を申込む事で
複数の買取業者が自宅に来て査定してくれます。
自分から買取店を訪問する手間が省けます。
メリット② : 高値で売れる

複数の買取業者が競争するので、
買取価格が自然と高値になります。
車買取一括査定のデメリットは?
電話が沢山掛かってくる。

613d4585353cd4e39255a2f523d0c46a_s

愛車を最も高く売る方法は?

中古自動車の業界の仕組みや査定の基準を踏まえて、愛車を最も高く売れる方法はカープライス(業者オークション)です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-1-28-26

カープライスは数少ない業者を相手にオークションできる会社です。

今まで通り買取業者に車を売った場合、車買取業者はあなたからそれなりの値段で購入し、そこに経費を上乗せして、オークションに出品します。
カープライスであれば直接オークションに出品できるので、車買取業者を経由するよりもより高額で売れる可能性が高いです。
また、カープライスはユーザーの売却をサポートする体制もきちんと整っていてその点でも評価を得ています。

カープライスが高く売れる秘密

カープライスのサービスには、中古車を書いとる中古車販売店にとっても有利な仕組みが作られています。

中古車販売店のメリットは
・入会金、年会費0円
・落札手数料0円
・好きな時に入札可能
です。
中古車販売店としても他の制約のある市場と比較して、売れ筋の自動車や、特別に注文のあった自動車を仕入れ先としてカープライスは魅力的です。

中古車を高値で売るおススメの流れ

実際に売却を検討するにあたっておススメの流れをご紹介します。

ご紹介した通り中古車の相場を把握するのは非常に重要です。
確実な相場を把握する方法は、中古車一括見積サービスを利用することです。

>>>>かんたん車査定ガイドの公式サイトはコチラ<<<<

 

重要なのは個別の買取業者と話す際に、すぐに売る意志はなく、売る場合にどのくらいで売却できるのか把握したいという意思表示をすることです。
もしすぐに売りたいという意志を示したら、中古買取業者はしぶとく粘ってどうにかあなたから車を買い取ろうとします。

3、4社程度から話を聞いて相場を把握したら、カープライスへ正式に申し込み出品を進めます。
カープライスも他の中古買取業者と同様に、同社の中古車査定士があなたのクルマを直接査定します。

カープライスに出品をみて、万が一、ついた値段が中古車買取業者の金額より低かった場合は、そのオークションを流すことが出来ます。

また多少手間はかかりますが、何度でも出品することは可能です。中古車買取業者の金額で満足がいくのであれば中古車買取業者へ売却を決めてもよいですし、満足がいかない場合は、継続してカープライスへ出品できます。

>>>>カープライスの公式サイトはコチラ<<<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ