ホンダ クラリテューフューエルセルの値引き・下取り相場や交渉point!

クラリティ フューエル セル(CLARITY FUEL CELL)は、本田技研工業が2016年3月10日に発売した、量産型のセダン型燃料電池自動車です。

そんなホンダクラリテューフューエルセルですが、クラリテューフューエルセルを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またクラリテューフューエルセルのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

s_5054835669133

出典:http://www.honda.co.jp

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ホンダクラリテューフューエルセルの値引き相場

クラリテューフューエルセルの限界値引き額は10万円です。

値引き相場は0万円から10万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

ホンダクラリテューフューエルセルのスペック

img_01_slide_03

出典:http://www.honda.co.jp

クラリテューフューエルセルの価格帯

7,660,000円(税込)

ホンダクラリテューフューエルセルのグレード

img_01_slide_04

出典:http://www.honda.co.jp

クラリテューフューエルセルは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 ベースモデル  型式ZBA-ZC4 排気量0 駆動方式FF 燃費7.5㎞

ホンダクラリテューフューエルセルの特徴(スペック)

img_01_slide_01

出典:http://www.honda.co.jp

燃費

最高出力130kWの高出力モーターは、変速がなく低速から最大トルクを発生させ、発進から最高速度まで力強くなめらかに加速します。

異次元のドライブフィールを実現します。

また、より加速時の応答性が高まる「SPORTモード」も設定しています。

70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減により、燃料電池自動車トップクラスの一充填走行距離(参考値)約750kmを達成しました。

さらに、一回あたりの水素充填が3分程度で完了するなど、ガソリン車と変わらない優れた使い勝手を実現しています。

2016年2月現在、Honda調べです。

SAE規格(J2601)の標準条件(外気温20℃、高圧水素タンク内の圧力10MPaからの充填)に基づいた水素充填圧70MPaステーションでの充填作業におけるHonda測定値であり、仕様の異なる水素ステーションで充填した場合は、高圧水素タンク内に充填される水素量が異なるため、走行距離も異なります。

また、同条件下で2016年度以降に運用開始が見込まれる新規格の水素ステーションで充填した場合は、走行距離は約800kmとなる見通しです。

走行距離は使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて大きく異なります。

SAE規格(J2601)の標準条件(外気温20℃、高圧水素タンク内の圧力10MPaからの充填)に基づいた水素充填圧70MPaステーションでの充填作業におけるHonda測定値です。

水素充填圧および外気温により、充填時間は異なります。

燃料電池自動車は、燃料電池に水素と酸素を取り込んで化学反応を起こし、電気を発生。その電気でモーターを回して走ります。
CO2の排出はゼロで、出すのは水だけ。究極のクリーン性能を実現します。

運転支援システム

さまざまな視点で運転を支援するシステムです。

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援します。

歩行者事故低減ステアリングは、歩行者との衝突回避を支援します。

渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉は、適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減します。

LKAS〈車線維持支援システム〉は、車線内を走行できるようにステアリング操作を支援します。

路外逸脱抑制機能は、車線を検知し、はみ出さないように支援します。

誤発進抑制機能は、不注意による急発進を防止し注意を喚起します。

先行車発進お知らせ機能は、停車時に、先行車が発進したことをお知らせします。

識認識機能は、標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援します。

各システムは、いずれも道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。

対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h~約40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。

運転者のステアリング操作に代わるものではありません。

運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

渋滞追従機能付ACCは、0km/h~約100km/hで作動します。

急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

前方車両に接近しすぎる場合には、ブレーキペダルを踏むなどして適切な車間距離を保ってください。

LKAS〈車線維持支援システム〉は、約65km/h~約100km/hで作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。

運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

路外逸脱抑制機能は約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。

運転者のステアリング操作に代わるものではありません。

運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジンやモーターなどのパワーシステム出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能は、先行車との車間距離が約10m以内で、先行車の発進を検知しても自車が停止し続けたときに作動します。

標識認識機能は最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の標識を認識し、メーターに表示します。

一時停止、車両進入禁止は約60km/h以下で作動します。自車の単眼カメラから見て、車両等の陰になった道路標識は認識することができません。

安全性

万が一の際も、乗員への衝撃を低減する強固なキャビンに加えて、バッテリーや水素タンクを保護するために専用の骨格を新開発します。

フロントサイドフレームとフロアフレーム、リアサブフレームをストレートにつなげることで衝突エネルギーを効果的に吸収する構造とし、衝突安全に配慮しています。

万一の衝突時、乗員におよぶ衝撃を効果的に緩和する運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム、運転席の膝前で展開しドライバーの下肢への衝撃を低減するとともに、身体全体の前方移動を抑制する運転席用SRSニーエアバッグシステムなど、7つのエアバッグを装備しています。

各技術の能力には限界があります。

※つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム、運転席用SRSニーエアバッグシステムは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。

前方向からの、設定値以上の衝撃を感知したときのみ作動します。

エアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムです。

くれぐれもシートベルトの正しい着用をお願いします。

前席用i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステムは、実際の衝突時には衝突側のみ展開します。

i-サイドエアバッグシステムおよびサイドカーテンエアバッグシステム装備車は、システムを正しく機能させるための注意事項があります。

空力性能

流れるような美しさ、目を引く存在感は、新たな時代を切り拓くにふさわしい、その姿です。

居住性を犠牲にすることなく、高い空力性能を徹底的に追求したエクステリアデザインを基本として、ホイールハウスから発生する気流の乱れを整える「リアエアカーテンダクト」(世界初)、「リアタイヤカバー」などを採用しています。

※リアドア下部のエアカーテンダクトとして、2016年2月現在、Honda調べです。

ホンダクラリテューフューエルセルの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

img_01_slide_03-1

出典:http://www.honda.co.jp

Honda独創のパッケージング技術により生まれた5人がゆったりと乗れる居住空間は、広さだけではなく静粛性も追求しています。

遮音機能付きのガラスや防音・吸音材の効果的な配置などと合わせて、燃料電池自動車ならではの優れた静粛性を実現しています。

エアコンの風を後席へ届けるリアベンチレーションやアクセサリーソケット、シートバックに設置したスマートフォン用のポケットなど、広々とした後席には、空間をいっそう快適にするための装備が充実しています。

さらに、前席シートのショルダー部分をスリムな形状にすることで、後席への圧迫感を低減するとともに、ナビ画面も見やすくなるよう配慮しています。

後席後部の水素タンクを低く配置することで、9.5型のゴルフバッグが3つ積載できる十分なトランク容量を確保しています。

※ゴルフバッグやクラブの形状、サイズ等によっては積めない場合があります。

ライバル車種との比較

img_01_slide_02

出典:http://www.honda.co.jp

ホンダクラリテューフューエルセルのライバル車種はやはりトヨタミライとなります。

トヨタミライの主要な仕様を比較しました。

 ホンダクラリテューフューエルセル  トヨタミライ
車両価格  7,660,000円(税込)  7,236,000円(税込)
燃費  7.5  7.8
値引き予想額 0~10万  0~5万
発売年月日  2016年3月10日  2015年10月21日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ホンダクラリテューフューエルセルの値引きを引き出す交渉術

クラリテューフューエルセルの値引きを引き出すための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ