トヨタ  エスティマハイブリッドの値引き・下取り相場や交渉point!

エスティマ(ESTIMA )は、トヨタ自動車、トヨタ車体が1990年から生産する大型ミニバンです。

初代はトヨタ自ら「天才タマゴ」というキャッチコピーを用いており、卵型の丸みを帯びた外観が印象的であり、ミニバンを代表する車種です。

そんなトヨタエスティマハイブリッドですが、エスティマハイブリッドを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またエスティマハイブリッドのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

carlineup_estima_gallery_2_15_lb

出典:http://toyota.jp

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタエスティマハイブリッドの値引き相場

エスティマハイブリッドの限界値引き額は60万円です。

値引き相場は10万円から60万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

トヨタエスティマハイブリッドのスペック

carlineup_estima_gallery_2_14_lb

出典:http://toyota.jp

トヨタエスティマハイブリッドの価格帯

4,310,000円~4,920,000円(税込)

トヨタエスティマハイブリッドのグレード

carlineup_estima_gallery_2_04_lb

出典:http://toyota.jp

エスティマハイブリッドは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 アエラス DAA-AHR20W 2362cc CVT フルタイム4WD 18.0km/l
 アエラスプレミアム  DAA-AHR20W 2362cc CVT フルタイム4WD 18.0km/l
 アエラススマート  DAA-AHR20W 2362cc CVT フルタイム4WD 18.0km/l
 アエラスプレミアム―G DAA-AHR20W 2362cc CVT フルタイム4WD 18.0km/l
 X DAA-AHR20W 2362cc CVT フルタイム4WD 18.0km/l

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

各種スペックには多くの違いはありません。

トヨタエスティマハイブリッドの特徴(スペック)

carlineup_estima_gallery_2_07_lb

出典:http://toyota.jp

走行性能

ゲート式シフトレバーを採用し、低燃費でありながら、途切れることのないシームレスな加速を実現しています。

シフトを「M」ポジションに入れることで、マニュアル感覚の素早いシフトチェンジが可能です。

路面状況に応じ、前後輪のトルク配分を前輪駆動状態から連続的に可変し、さまざまな走行条件で最適な駆動力配分を行います。スイッチ操作で前輪駆動に切り替えることも可能です。

変速ショックのないスムーズな走行が楽しめるSuper CVT-iを設定しています。

エンジンとの統合制御により、低燃費と高い動力性能を実現し、さらに静粛性も高めました。

コイルスプリングをはじめとしたサスペンション各部の設定を見直して最適化しています。

フラット感の向上や操縦安定性の確保を図り、より上質な乗り心地を実現します。

走行中のボディに発生する小さなたわみや微振動を速やかに吸収します。

乗り心地や静粛性を向上し、よりシャープなハンドリングを実現します。

リヤコンビネーションランプのサイド部に空力フィンを設置しています。

走行時、気流に小さな渦を発生させて車体を左右から押さえつけることで、優れた操縦安定性を実現します。

予防安全

エンブレムからつながる切れ長なヘッドランプは、1灯でハイビームとロービームを切り替えられるBi-Beam LEDを採用しています。

シャープなLEDクリアランスランプと掛け合わさることで、独創的で先進感のある表情をかたち作っています。

昼間はデイライトとして、夕方・夜間には薄暮灯として点灯する縦型のアクセサリーランプをフロントバンパーに配置しています。

クリアランスランプからアクセサリーランプへと続く流れるような光が、スマートなフロントビューを際立たせます。

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性の低減に寄与します。

車庫入れなどの低速(約10km/h以下)での運転時、超音波センサーが障害物との接近を感知します。

ブザーとディスプレイ表示で注意を促します。

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり下がりを緩和し、スムーズな発進を実現します。

車両接近通報装置で、発進から車速約25km/hまでのEV走行中、または後退時に自動で発音します。

また発音は、一時停止スイッチ操作でオフ・オンが可能です。

なお、ハイブリッドシステム再始動時には、自動的に発音状態に戻ります。

衝突安全

SRSエアバッグシステムで、エアバッグは万一の衝突時に、前方からの強い衝撃に対して作動します。

シートベルトの働きと合わせて前席乗員の胸や頭への衝撃の抑制に寄与します。

また、ドライバーの下肢を受け止めるSRSニーエアバッグ(運転席)や、車両側面からの衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグ(フロントシート)、乗員頭部側面を覆うように広がり乗員の保護に寄与するSRSカーテンシールドエアバッグ(フロントシート・セカンドシート・サードシート)もメーカーオプション設定しています。

※SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System

SRSエアバッグは、あくまでシートベルトの働きを補助して衝突した時に乗員の衝撃を軽減する装置です。

必ずシートベルトをご着用ください。

すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。

写真は機能説明のためにSRSエアバッグが作動した状態を再現したものです。

SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。

チャイルドシートなどを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたい項目があります。

必ず取扱説明書をご覧ください。

ガソリンエンジン

実用域で高いポテンシャルを発揮します。

卓越のパワーとゆとりを手中にしている2.4L直列4気筒エンジンです。

実用域における扱いやすさと、スムーズな加速を高次元で実現します。

また、各部の徹底した低フリクション化などで、低燃費化を推し進め、優れた環境性能も備えています。

ライバル車(オデッセイハイブリッド)とインテリアを比較

<エスティマハイブリッド>

carlineup_estima_gallery_2_07_lb

出典:http://toyota.jp

なめらかで極上の肌ざわりなのは、革の高品質であるヌバックをファブリックで表現したブランノーブを採用しています。

耐久性と伸縮性を高めるために、織物地に弾力性のある極太綿を使用し、キルティング加工を施した表情豊かなシートです。

デッキサイドトリムに設置されたスイッチ一つで操作するだけで、6:4分割・電動床下格納機能付サードシートを左右別々に床下に格納、そして復帰させることができます。

シートを格納するとフラットでワイドな使いやすいスペースが出現し、大型の荷物も余裕をもって積み込めます。

快適な着座姿勢をサポートをしてくれるハイブリッド全車とガソリン車のAERAS PREMIUM-G、AERAS PREMIUMの運転席にはシートスライド、リクライニング、シート全体と座面の上下移動を無段階で電動調整できる8ウェイパワーアジャスト機構を採用しています。

シートアレンジが多彩なのはエスティマハイブリッドのポイントです。

助手席はスライドとリクライニングが手動調整できる4ウェイアジャスト機構を全車に採用しています。

carlineup_estima_interior_indoor_space_2_57_pc

出典:http://toyota.jp

狭い場所での乗り降りにとても便利で、両側のスライドドアが電動開閉するので、狭い駐車スペースなどでの乗り降りに便利です。

開閉が安全に行える挟み込み防止機能付です。

操作はスマートキーのワイヤレスリモコンスイッチ、室内コントロールスイッチ、ドアハンドル(アウトサイド・インサイド)で行えます。

3列目シートは電動格納が可能で、格納した状態で2列目のシートをスライドさせれば、ゆとりあるくつろぎの空間が出現します。

<オデュッセイハイブリッド>

img_slide_01

出典:http://www.honda.co.jp

とっても乗り降りがしやすい約30cm低いステップ高だから、階段のようなステップをなくすことで、フラットで広いフロアも実現しているのです。

「倒す」「動かす」「格納する」を組み合わせ、こちらもシートアレンジが多彩です。

この点では甲乙はつけ難いです。

img_slide_01

出典:http://www.honda.co.jp

乗る人に合わせ、それぞれがくつろげるたくさんのシートがアレンジできます。

7人乗りには、セパレートタイプの2列目シートがあります。※タイプ別設定になります。

6名乗車モードには、3列目シートの中央席を倒せば乗る方全員が快適になります。

4名乗車+ロングスライドモードには、3列下納して2列目をロングスライドさせると、まるでファーストクラスのような解放感が味わえます。

2名乗車+最大ラゲッジモードのは、3列目シートを床下格納して2列目シートを前にスライドすると、広いラゲッジスペースになります。

8人乗りには、ソファのような2列目ベンチシートになります。

なんと背もたれを倒すと大容量のラゲッジが出現します。※タイプ別設定になります。

6名乗車モードには、2列目シートと3列目シートの中央席を倒せば、乗る方全員が快適なモードになります。

また長尺物もラクラク積載できます。

2名乗車+最大ラゲッジモードには、3列目シートを床下格納して2列目シートを倒すと、広大なラゲッジスペースが出現します。

1-2列目フラットモードには、2列目シートを後ろに動かし、1列目シートバックを後ろに倒すと、ゆったりくつろげる快適なスペースになります。

サイズ感と仕様

carlineup_estima_interior_indoor_space_2_57_pc

出典:http://toyota.jp

トヨタエスティマハイブリッドは、大人8人が得られる快適さを追及しています

大人3名でもゆったりと乗車でき、8人乗りの6:4分割セカンドシートには、クッションの跳ね上げが可能なチップアップ機構を採用しています。

荷物の大きさに応じたラゲージスペースをフレキシブルに作り出せます。

車内にVIPルームが出現する、セカンドシート超ロングスライドがあります。

7人乗りに標準装備されている、最大800mmを誇るリラックスキャプテンシートのスライド量です。

サードシートを床下格納し、リラックスキャプテンシートを中央寄りに横スライドさせた上で後端までスライドすれば、車室内とは思えないワイドなVIPルームへと生まれ変わります。

機能充実トヨタエスティマハイブリッド

両車種とも、シートアレンジが多彩で快適さを持っています。

ですが、注目したいののが高精度な安全装備です。

carlineup_estima_interior_indoor_space_2_57_pc

出典:http://toyota.jp

レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。

一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識できます。

この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

シートアレンジも快適さも、機能もとっても良いとされています。

ライバル車種との比較

ホンダオデッセイハイブリッドの主要な仕様を比較しました。

 トヨタエスティマハイブリッド  ホンダオデッセイハイブリッド
車両価格 4,310,000円~4,920,000円(税込)  3,560,000円~4,050,000円(税込)
燃費  25.2~26.0
値引き予想額  10~60万 5~35万
発売年月日  2016年6月6日 2016年2月5日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタエスティマハイブリッドの値引きの交渉術

トヨタエスティマハイブリッドを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ