ホンダ アコードハイブリッドの値引き・下取り相場や交渉point!

アコードハイブリッド(Accord hybrid)は、本田技研工場が生産、販売しているセダン型のハイブリッドカーです。

そんなホンダアコードハイブリッドですが、アコードハイブリッドを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またアコードハイブリッドのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

sensing_main_img

出典:http://www.honda.co.jp

下取りで大事なのは一括査定サイトを使うこと!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ホンダアコードハイブリッドの値引き相場

アコードハイブリッドの限界値引き額は30万円です。

値引き相場は5万円から30万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

ホンダアコードハイブリッドのスペック

styling_gal05-1

出典:http://www.honda.co.jp

アコードハイブリッドの価格帯

3,850,000円~4,100,000円(税込)

ホンダアコードハイブリッドのグレード

sensing_main_img

出典:http://www.honda.co.jp

アコードハイブリッドは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 LX  DAA-CR6 1993cc CVT FF 30.0km/l
EX  DAA-CR6 1993cc CVT FF 30.0km/l

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

各種スペックには多くの違いはありません。

ホンダアコードハイブリッドの特徴(スペック)

display_img01

出典:http://www.honda.co.jp

走行性能

コイル巻線を従来の丸型銅線から角型銅線にすることで高密度化を実現しています。

最高出力では+11kW、最大トルクでは+8N・mの向上を果たしながら、23%の小型化と軽量化を達成しています。

次世代のHonda製モーターとして、設計から生産設備まで、すべてを独自で開発しています。

走行テストを徹底し、剛性を追求しています。

旋回時のサスペンションのジオメトリー変化を抑制するなどにより、ハンドリングの応答性、リアタイヤの接地感、乗り心地を向上させています。

さらに、骨格全体の55.8%※に軽く高強度なハイテン材を使い、ボンネットやフロントサブフレームなどはアルミ製とすることで、軽量化を実現しています。

※Honda測定値です

ジオメトリーの最適化と、ダンパー内のリバウンドスプリングの採用により、コーナリング時の姿勢をコントロールし、操縦安定性を向上しています。
さらに、コンプライアンスブッシュに液体封入タイプを採用し、高い振動吸収特性を実現。快適で質感の高い乗り心地を達成しています。

ハンドリングと乗り心地を高次元で両立させたうえで、軽量化も実現しています。

「手応えの進化」で運転の安心感と操る歓びを高める、電動パワーステアリングの制御進化は、制御ロジックを見直し、ハンドルのすわり感と落着きを改善、ステアフィールを向上させました。

直進やゆっくりした操舵の安心感、ワインディング路など速い操舵の正確性、心地よさを実現しています。

ブレーキフィールと、燃費向上を実現した、新しい電動サーボブレーキシステムは、ペダルの反力をつくるペダル フィール シミュレータと、油圧を制御するタンデム モータ シリンダに分かれ、これらを電気的に接続した「電動サーボブレーキシステム」です。

新たな改良により、コントロール性が向上。さらに、制動時の最大回生トルクもアップしました。運転の楽しさと、燃費向上を図っています。

安全性能

ドアミラーで見えにくい範囲を画面に映し安心感を高めます。

左ウインカーの操作またはウインカーレバーの先端にあるスイッチを押すと、連動して助手席側ドアミラーに装備したカメラが作動します。

インパネ上部のセンターディスプレイに左後方を広く映し、車線変更時や合流時、左折時の安心感を高めます。

障害物の接近を知らせる、パーキングセンサーシステムは、クルマの前4個、後ろ4個、計8個の超音波センサーにより障害物の接近を検知します。

対象までの距離に応じて、センターディスプレイでの表示(バック時はリアカメラ映像上)と音を変えて、ドライバーに注意を促し、駐車時・出庫時などでの安心感を高めます。

燃費性能

各構成要素の効率を高め、全体の構造もエネルギーロスを抑えるようシンプル化したハイブリッドシステムは、走行中、燃料の消費を徹底的に抑えるべく、エンジンを止めてモーターで走るEVドライブを様々な場面で頻繁に実行します。
一方、エンジンの力で走る方が効率の良い高速クルーズ時のみ、エンジンと車輪を直結して走るなど、高効率な運転を徹底し、さらに、ブレーキ回生量を増やす技術などもあわせ、より低燃費を達成しました。

「SPORT HYBRID i-MMD」は、発進から高速までモーターが車輪を駆動するシステムです。

エンジンにはエネルギー効率のうえで得意とする回転領域があり、エンジンはその回転域を活かして、もっぱら発電用モーターを駆動する役目を果たし、同じ回転領域で走れる高速クルーズ時のみ、車輪を直接駆動します。

しかも、必要のない状況で頻繁にエンジンを停止させ、ガソリンを節約します。

優れたエネルギー効率を実現します。

運転支援システム

交通信号の情報を表示し、安全で円滑な走行をサポートする、信号情報活用運転支援システムは、都道府県警察が整備している信号情報活用運転支援システムに対応しています。

道路に設置された高度化光ビーコンから得られる複数の信号予定情報と、自車の位置・速度に基づき、「信号通過支援」「赤信号減速支援」「発進遅れ防止支援」の表示を行い、安全で円滑な走行をサポートします。

対象となる交差点は5,702カ所以上にのぼり、順次拡大中です。

※あくまでも運転者に情報提供するための補助機能です。

常に周囲の状況を確認し、安全運転を心がけ、走行してください。

あらゆる状況で作動する機能ではありません。

サービス提供路線であってもサービスされない区間や、工事等でサービスしていない場合、また押しボタン式信号などサービス対象外の交差点があります。

アコードハイブリッドの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

interior_gal05-1

出典:http://www.honda.co.jp

ボディの中央を外側に張り出させて室内幅を広げ、前席乗員の肩口のゆとりを拡大しています。

一方、ボディの前後は内側に絞り、走りや低燃費に寄与する高い空力性能を両立します。

ライバル車種との比較

ホンダアコードハイブリッドのライバル車種はやはりマツダアテンザワゴンとなります。

マツダアテンザワゴンの主要な仕様を比較しました。

 ホンダアコードハイブリッド  マツダアテンザワゴン
車両価格  3,850,000円~4,100,000円(税込)  2,760,000円~4,000,000円(税込)
燃費  30.0  16.0~19.6
値引き予想額  5~30万 5~40万
発売年月日  2013年1月15日 2016年8月25日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

ホンダ アコードハイブリッドの値引きの交渉術

ホンダ アコードハイブリッドを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ