スバル スバルXVハイブリッドの値引き・下取り相場や交渉point!

XV(エックスブイ)は、スバルブランドを展開する富士重工業が生産・販売する自動車(クロスオーバーSUV)です。

そんなスバルスバルXVハイブリッドですが、スバルXVハイブリッドを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またスバルXVハイブリッドのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

img_gallery_15

出典:http://www.subaru.jp

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スバルスバルXVハイブリッドの値引き相場

スバルXVハイブリッドの限界値引き額は35万円です。

値引き相場は5万円から35万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

スバルスバルXVハイブリッドのスペック

photo4

出典:http://www.subaru.jp

スバルXVハイブリッドの価格帯

2,570,000円~2,860,000円(税込)

スバルスバルXVハイブリッドのグレード

photo7

出典:http://www.subaru.jp

スバルXVハイブリッドは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 ハイブリッド2.0i  DAA-GPE 1995cc CVT フルタイム4WD 20.0㎞
ハイブリッド2.0i―L  DAA-GPE 1995cc CVT フルタイム4WD 20.0㎞
ハイブリッド2.0i―Lアイサイト  DAA-GPE 1995cc CVT フルタイム4WD 20.0㎞

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

スバルスバルXVハイブリッドの特徴(スペック)

photo8

出典:http://www.subaru.jp

ハイブリット

走行性能を選べる、ドライブ・アシストシステムがあります。

穏やかな出力特性で燃費に配慮した運転ができる[I(インテリジェントモード)]、レスポンスのよいスポーティな走りを愉しめる[S(スポーツモード)]の2つの走行性能を選択できます。

水平対向エンジンと左右対称(SYMMETRY)のパワートレーンで構成されたSUBARU独自のAWDシステム「シンメトリカルAWD」は、重心位置が低く、前後左右の重量バランスに優れたその構造は、高速での直進安定性やコーナリングでのシャープなハンドリング、悪路でのコントロール性など、様々な状況下で思い通りの走りをもたらします。

フルタイムAWDなので、すべての走行シーンでAWD走行が可能です。

コンパクトで高性能なモーター/バッテリーを、SUBARUが誇るシンメトリカルAWDレイアウトに統合しています。

左右対称・低重心という資質を損なうことなくハイブリッド化を実現しました。

力強い動力性能や優れた燃費性能はもちろん、一般的なハイブリッドカーが犠牲にしがちな運動性能、居住性や使い勝手などを高度にバランスさせています。

ハイブリッド化のメインパーツであり重量物であるモーターは、車両重心近くのトランスミッションケースに内蔵しています。

ガソリン車と同等の重心高・前後左右の重量配分とすることで、高い運動性能を実現しています。

さらにモーター単体でのEV走行、モーターアシスト走行、回生ブレーキによる効率的な充電などが可能です。

エンジン駆動をベースに、エンジン/モーターを最適制御。街中から高速まで、様々なシーンでリニアで軽快な加速と優れた燃費性能を実現します。

制御の状況(エネルギーフロー)はマルチファンクションディスプレイで分かりやすく表示します。

アイサイト(ver.2)

ステレオカメラで常に前方を監視し、必要に応じて車両を制御することでドライバーをアシストします。

ハイブリッド専用制御により、安全性・快適性だけでなく燃費性能にも貢献します。

アイサイト(ver.2)の「ステレオカメラ」は人の目と同じように距離と形状を認識することができます。

そしてクルマだけでなく、白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識できます。

その情報をもとに、VDC、エンジン/モーター、トランスミッション、メーターなどのユニットを適切に制御し高度な運転支援を実現します。

走行状態や警告表示はメーター内のディスプレイで確認することが可能です。

マルチファンクションディスプレイでも、全車速追従機能付クルーズコントロールの作動状態や、危険を検知した際の警告画面を表示します。

安全性能

右左折時に視界の妨げにならないようピラー形状を工夫するとともに、三角窓をドアに内蔵。さらにサイドミラーを最適な位置に配置し、狭い路地や車線変更での安心感を高めています。

キャビンを強固なピラーやフレーム類で囲むように結合し、衝突によるキャビンの変形防止を目指した衝突安全ボディです。

前面衝突に対しては衝撃吸収に優れたフレーム構造をはじめ、各結合部を強固に。さらにフロント・サイドに効果的に配置されたビーム、キャビンの変形を抑えるピラーやフレーム構造などにより、あらゆる方向からの衝撃に対応して、世界トップレベルの安全性能を目指しています。

また高張力鋼板を効果的に使い、ボディの強度と軽量化を高いレベルで実現しています。

エンジン全高が低い水平対向エンジンは、前面衝突時にエンジンがフロア下に降下しやすい構造となっているため、エンジンがキャビンに侵入しにくく、乗員に与えるダメージを低減することができます。

フロントバンパーの衝撃吸収能力を高めるとともに、フロントフードに衝撃吸収性能を持たせるなど、歩行者保護についても高度な取り組みを行っています。

万一の前面衝突時に、シートベルトとの組み合わせで前席乗員の被害の軽減を図るデュアルSRSエアバッグを標準装備しています。

さらに側面衝突時に胸部+腰部を保護するためのSRSサイドエアバッグと、前後席の乗員の頭部を保護するためのSRSカーテンエアバッグも標準装備としています。

エクステリア

ルーフエンドスポイラーは、艶やかなピアノブラックの質感が、スポーティかつ先進的なハイブリッドイメージを際立たせます。

フロントフォグランプ(メッキ加飾付)は、クロームメッキの輝くアクセントが、精悍かつ上質なフロントマスクを演出します。

メッキドアハンドルは、シルバーの輝くラインがサイドビューを引き締めます。

17インチアルミホイールは、デザイン性と空力性能を兼ね備えたアルミホイールです。

クールなシルバーの輝きが、足元をシャープに引き締めます。

スバルスバルXVハイブリッドの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

photo9

出典:http://www.subaru.jp

フロントシートは、前方をしっかり見渡せるよう、シート座面を高めに設定しています。

サイド部も身体全体をサポートする形状になっています。

クッションには低反発の素材を採用し、適度なホールド感をもたせるとともに走行中の微振動を吸収していますので、疲れにくい設計です。

ライバル車種との比較

スバルスバルXVハイブリッドのライバル車種はやはりホンダヴェゼルハイブリッドとなります。

ホンダヴェゼルハイブリッドの主要な仕様を比較しました。

 スバルスバルXVハイブリッド  ホンダヴェゼルハイブリッド
車両価格  2,570,000円~2,860,000円(税込)  2,270,000円~2,880,000円(税込)
燃費  20.0  19.8~27.0
値引き予想額  5~35万  5~25万
発売年月日  2016年9月20日  2016年7月5日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

スバルXVハイブリッドの値引きの交渉術

スバルXVハイブリッドを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ