トヨタ SAIの値引き・下取り相場や交渉point!

SAI(サイ)は、トヨタ自動車が日本国内で製造・販売するセダン型ハイブリッド専用車(スプリット方式)です。

そんなトヨタSAIですが、SAIを購入するときの限界値引き額はいくらなのでしょうか?

またSAIのより良い値引きを勝ち取るためのおススメ交渉ポイントをまとめてみました。

carlineup_sai_gallery_01_lb

出典:http://toyota.jp

車の購入で実は損をしている!?

車の購入で重要なのは、下取りで一括査定サイトを使用して愛車を売却できる最高額を知ること!
ディーラーで数万円~20万円の下取りが、買取専門業者だと数十万以上になる可能性があります!
一括査定サイトで無料で、最も高い値段であなたの車を買い取ってくれる会社を見つけることが出来ます。
複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタSAIの値引き相場

SAIの限界値引き額は40万円です。

値引き相場は5万円から40万円です。

※車両本体の値引き、上級グレードアップオプションをつけた場合の値引きの合算です。

トヨタSAIスペック

carlineup_sai_gallery_04_lb

出典:http://toyota.jp

SAIの価格帯

3,300,000円~4,330,000円(税込)

トヨタSAIのグレード

%e7%84%a1%e9%a1%8c

出典:http://toyota.jp

SAIは幾つかのグレードに分かれています。

グレード グレードの特徴
 S  DAA-AZK10 2362cc CVT FF 22.4km/l
SCパッケージ  DAA-AZK10 2362cc CVT FF 22.4km/l
 G  DAA-AZK10 2362cc CVT FF 22.4km/l
Gヴィオラ DAA-AZK10 2362cc CVT FF  22.4km/l
 GAパッケージ  DAA-AZK10 2362cc CVT FF 22.4km/l

※型式 排気量 シフト 駆動方式 燃費

各種スペックには多くの違いはありません。

トヨタSAIの特徴(スペック)

carlineup_sai_gallery_05_lb

出典:http://toyota.jp

走行性能

洗練された動力・加速性能で、環境への高い意識が生み出します。

セダンにふさわしい、ゆとりのある走りを実現させるために、専用チューニングを施した2.4Lエンジンを搭載しています。

システム出力140kW[190PS]を実現しました。

また、モーターの駆動力を高めるリダクションギヤの採用などにより、胸のすくような加速フィーリングが楽しめます。

※エンジンとモーターにより、システムとして発揮できる出力です。(トヨタ社内算定値。)

そして、エンジン音や振動を徹底抑制しています。

エンジンは、バランスシャフトを採用しエンジン振動を低減しています。

また総排気量を2.4Lとしたことで、高速走行時でもエンジンに余裕が生まれ、回転数を低く抑えられるため、優れた静粛性が発揮されます。
EVドライブモード走行時は、エンジンの音や振動がない静粛走行をご利用いただけます。

更に、平成17年基準排出ガス75%低減レベルです。

排出ガスのクリーン化により「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得しています。

予防安全

危険を察知する、最新のドライブサポートシステムが安全へと導きます。

進路上の障害物(先行車など)と衝突する可能性が高いと判断した場合、ドライバーに警報ブザーなどで知らせ、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストが作動して、ブレーキの制動力を高めます。

また、衝突不可避と判断した場合には、プリクラッシュブレーキが作動して、衝突速度を低減するとともにプリクラッシュシートベルトを作動させることにより、プリテンショナーの効果を高め、衝突被害軽減に寄与します。

後方からの追突の可能性に備えます。

後方プリクラッシュセーフティシステム/プリクラッシュインテリジェントヘッドレスト機能です。

リヤスポイラー(バンパー)内のミリ波レーダーが後続車両の接近を検知。追突される可能性が高いと判断した場合にハザードランプを点滅させ、後方車に注意を促します。

さらに追突の可能性が高まると、前席のプリクラッシュインテリジェントヘッドレストを適切な位置に移動させ、むち打ち傷害の軽減に寄与します。

衝突安全

万一の際に頼りになる安全装備で、乗員すべてに大きな安心を与えてくれます。

車両側方からの衝突により強い衝撃を受けた場合に、頭や胸に対する衝撃の緩和に寄与します。

衝突時、双方の車両の共存を図る、全方位コンパティビリティボディ構造です。

歩行者の安全にも配慮しています。

クルマと歩行者が衝突した際、衝突部位の大半を占めるボディ前面に衝撃吸収構造を採用しています。

万一の際、歩行者の頭部や脚部への衝撃の緩和に寄与します。

アクティブヘッドレストで、後方からの衝突時に、衝撃を緩和します。

万一、後方から衝突された際、乗員の腰がシートバックを押すことで内蔵された機構が作動し、ヘッドレストが上方および前方へ移動します。

乗員の頭部と背中を確実かつすばやく受け止め、頸部に加わる衝撃の軽減に寄与します。

前席・後左右席プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルトで乗員の胸部への衝撃を緩和します。

前席および後席左右のシートベルトには、前面衝突時に乗員の拘束性能を高めるプリテンショナー機構と、シートベルトの胸部への衝撃を緩和するフォースリミッター機構を採用しています。

ハイブリッドシステム

環境への高い意識が生み出す、地球の未来を見据えたハイブリッドシステムです。

アトキンソンサイクルエンジンなどの採用により、エンジン効率の進化を図りました。

モーターなども小型・軽量化し、同排気量クラスにおいて圧倒的な低燃費を実現しています。

「平成32年度燃費基準2+20%」(省エネ法に基づき定められている燃費目標基準)をクリアしています。

※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。

お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

なお、JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。

トヨタSAIの特徴(内装)

インテリアの特徴は以下の通り

carlineup_sai_gallery_03_lb

出典:http://toyota.jp

スマートに振る舞える、ゆとりのある空間が、心にもゆとりをもたらします。

ゆとりの室内長、十分なヘッドクリアランスを確保した室内高により、優れた居住性を実現しています。

さらに、フロントピラーをスリム化し、三角窓を拡大することで運転のしやすさを確保しています。

また、高めのヒップポイントにより乗り降りのしやすさと、見晴らしのいい視界を確保するなど、さまざまな工夫が施されています。

ライバル車種との比較

トヨタSAIのライバル車種はやはり日産スカイラインとなります。

日産スカイラインの主要な仕様を比較しました。

 トヨタc 日産スカイライン
車両価格 3,300,000円~4,330,000円(税込)  4,920,000円~6,050,000円(税込)
燃費  22.4  9.4~18.4
値引き予想額  5~40万  5~50万
発売年月日  2015年5月11日  2016年4月18日

複数の買取専門業者見積もり比較は”かんたん車査定ガイド”で♪
>>かんたん車査定ガイドの詳細はコチラ

トヨタ SAIの値引きの交渉術

トヨタ SAIを値引きするための交渉術は次のページで詳細をご紹介しています。

>>続きを読む

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ